高校時代から、メイクで悩んできたアルビノの女性。リアーナがプロデュースした新コスメブランドに救われた

    40色展開のファンデーションが売りだ。

    リアーナがプロデュースした新コスメブランド、Fenty Beautyの製品が、今月から発売された

    Sephora / Via sephora.com

    ブランドの一番の売りは、ファンデーション。なんと、40色で展開されているんです!

    このファンデーション、手放せなくなっている人が既にいるみたい。

    Krystal Robertson

    その中の1人が、アメリカ、ミシシッピ州で看護師として働くクリスタル・ロバートソンさん。現在25歳の彼女は、自称「超メイクオタク」。しかし、色素を十分に作ることができない体質、アルビノである彼女は、昔からファンデーション探しに苦労してきた。日常生活でも、太陽の光に長いこと当たると、火傷してしまったり、視力に支障が出るという。

    肌の色に合ったファンデーションが見つからず、いじめられた高校時代。

    Krystal Robertson

    今まで試したファンデーションでは、色味に差が出てしまっていたという。

    「各ブランドで一番明るい色のファンデーションを買っても、私の顔色よりも濃くなってしまいました。あの日は本当にひどかった。照明が十分でない場所で化粧して、一日中笑いものになりました。家を出てバスに乗るまで気がつかなかったのです。最悪でした。バスを下車した後、すぐにトイレへ駆け込み、化粧をゴシゴシ洗い落としました」

    先生の助けを借りながら、自身に一番合う色を見つけたが...

    Krystal Robertson

    先生と一緒に、苦労して見つけたCoverGirlというブランドのcreamy beigeという色だったが、色の差がほのかに目立ってしまっていたという。

    「首にも塗り、色を合わせるようにしていましたが、体の色とは違う色になってしまいました」と彼女は語る。それでも、彼女はメイクを続けてきた。「なぜなら、メイクオタクは化粧をやめないから」。

    リアーナが新コスメブランドのプロデュースを発表した時、一筋の希望の光が差し込んだ。

    実際につけてみると...ぴったりの色だった!

    遂に、リアーナ本人も反応!

    クリスタルさんは、大きな反響に心を動かされたという。

    Krystal Robertson

    「ポジティブなコメントを読むのは大好きです」

    この記事は英語から翻訳されました。