back to top

路上でポケモンが跳ね、IKEAや無印良品の買い物もはかどりそう。iPhoneの進化はこうなる

Appleが発表したiOS用のAR(拡張現実)プラットフォーム「ARKit」

AppleがようやくAR技術を発表した。6月5日の開発者会議WWDCで「ARKit」を公開した。開発者がARをiOSに組み込める新しいプラットフォームだ。

技術はこんな風にできている。例えば、テーブルを認識して、物体を加える。

広告

ちゃんと丁度いい大きさでコーヒーが出現。湯気も立っている。

ランプを動かすと、影も自動的に動く。

これなら、イケアや無印良品の家具を自宅に置いて、感じをつかむことができそう。

「スマホのように大きなアイデアだと思っている。ARは大きい。巨大だ。生活の多くを改善する可能性があり、エンタメ性もあるから、ワクワクしている」(インディペンデント紙)と2月に語っていたティム・クックCEO。

ソフトウェア・エンジニアリング担当のクレイグ・フェデリギ上級副社長は5日に壇上でその可能性をこう表現した。

「いくつかのサードパーティーにARKitを試してもらったら、とても興奮していた。私たちも、これでどんなことができるかを知って、本当に感心した」

世界中で動くiPhoneやiPadで、ユーザーが簡単にAR技術を楽しめる日も近い。

この記事は英語から編集しました。

BF Japan Newsに連絡する メールアドレス:daichi.ito+bfjapannews@buzzfeed.com.

Joe Bernstein is a senior technology reporter for BuzzFeed News and is based in New York. Bernstein reports on and writes about the gaming industry and web culture.

Joseph Bernsteinに連絡する メールアドレス:joe.bernstein@buzzfeed.com.

バズフィード・ジャパン アダプテーション・リポーター

Saki Mizorokiに連絡する メールアドレス:saki.mizoroki@buzzfeed.com.

Got a confidential tip? Submit it here.

Sponsored