back to top

英語が話せなかったけど。お母さんが16年かけて叶えた夢

「学校に5年生までしか通えなかったんです。だから、若者の教育という形で、故国に恩返しをしたいって思っていました」

ベトナム出身のトレーシー・ヴーさんは2000年、夫と3人の子とアメリカに渡った。豊かではない田舎の大家族出身。当時、英語はまったく話せなかった。

Truong Xe

いまカリフォルニア州サンタクルーズ郡にある海辺の町キャピトーラでネイルサロンを経営している。事業は成功を収めた。だから長年の夢の実現に乗り出した。ベトナムに孤児院を建てるという。

Tracy Vu

息子チュオン・セーさんによると、トレーシーさんは6人家族を一人で支えてきた。「非常によく働き、思いやりと信念がある人なんです」とBuzzFeed Newsに話す。

Truong Xe

トレーシーさんはアメリカでの生活が安定すると、3年に1度は故国に帰り、修道院や孤児院を支援してきた。

「成功しても、母はとても謙虚なままです」と息子チュオンさん。これまでボランティアのことは伏せてきた。
Truong Xe

「成功しても、母はとても謙虚なままです」と息子チュオンさん。これまでボランティアのことは伏せてきた。

ついに昨年5月、温めてきた大きな計画を実行に移すことにした。自分で貯めたお金がある。そして、家族や友人、サンタクルーズの人たちからも寄付を募った。

Truong Xe

昨年11月、現地を訪れ、孤児院の建設に着手した。

子どもたちに教育を授け、食べ物を用意する。親に捨てられたため市民権がなかったり、学校に通う余裕がなかったりする子どもたちのためだ。

息子チュオンさんは「ベトナムでは不法と考えられている、こうした子どもたちのことを母は気にかけていたんです。修道女たちが教育し支援できる場所を作りたがっていました」と話す。
Twitter: @truo0ong

息子チュオンさんは「ベトナムでは不法と考えられている、こうした子どもたちのことを母は気にかけていたんです。修道女たちが教育し支援できる場所を作りたがっていました」と話す。

息子チュオンさんは写真とともに母のことをツイート。「母はベトナムに孤児院を建てるのが夢だと話していました。アメリカに来て16年、ついに夢をかなえました」。1万以上リツイートされ、4万以上の❤️がついた。

息子チュオンさんは投稿した理由を「母は多くのことを成し遂げてきました。自分がスーパーウーマンだって、分かるべきなんです」と話す。
Twitter: @truo0ong

息子チュオンさんは投稿した理由を「母は多くのことを成し遂げてきました。自分がスーパーウーマンだって、分かるべきなんです」と話す。

「私は学校に5年生までしか通えなかったんです。だから、若者の教育という形で、故国に恩返しをしたいって思っていました」。母トレーシーさんはBuzzFeed Newsに打ち明ける。

寄付はネットでも受け付けている。

The link is up! Words cannot explain how happy she is from all the kind support: https://t.co/wSYIy9uy7w via @youcaring

ふたりは今年12月、現地を訪れる予定だ。孤児院の完成に合わせて。

母トレーシーさんは息子がTwitter投稿したことは知らなかった。温かいメッセージに「本当に感謝」しているという。今後3〜5年ごとには孤児院や学校を建て続けたいと思っている。
Truong Xe

母トレーシーさんは息子がTwitter投稿したことは知らなかった。温かいメッセージに「本当に感謝」しているという。今後3〜5年ごとには孤児院や学校を建て続けたいと思っている。

この記事は英語から編集しました。

BF Japan Newsに連絡する メールアドレス:daichi.ito+bfjapannews@buzzfeed.com.

Kassy Cho is a reporter for BuzzFeed News and is based in London.

Kassy Choに連絡する メールアドレス:kassy.cho@buzzfeed.com.

バズフィード・ジャパン アダプテーション・リポーター

Saki Mizorokiに連絡する メールアドレス:saki.mizoroki@buzzfeed.com.

Got a confidential tip? Submit it here.