やりたい放題のトランプ大統領 こんなこともできちゃう!8つのこと。

「大統領としてロシアとシェアしたかったんだ。その無制限の権利を私は持っている」とツイートしたトランプ氏。他にどんなビックリなことができちゃう?

1. 恩赦しまくる。例えば、連続殺人犯も。

Orion Pictures Corp/Everett Collection

トランプ大統領は、連邦法で有罪判決となったどんな受刑者も恩赦できる。(州法はだめ)。憲法はその権限に制限を設けていない。だから、連続殺人犯を何人でも恩赦できる。

3. 自分に批判的なコメディアンを名指しで非難する月間を宣言できたり……

Andrew Toth / Getty Images for Fund for Women's Equality/ ERA Coalition

宣言(proclamation)はほぼ儀礼的なものだけど、大統領令(Presidential Action)の一つ。大統領の裁量で署名できちゃう。(写真は大統領を批判し続ける人気コメディアンで司会者のロージー・オドネル)

4. 最高裁判事にお騒がせ俳優を指名したり。

Stephen Lovekin / Getty Images

大統領は憲法の規定に沿わない人でも指名できる。もちろん上院が承認しないと就任できないけど……。(写真は、大統領を支持する俳優ゲイリー・ビジー。薬物を過剰摂取したり、暴力で訴えられたり。5年前には自己破産を申請している)

5. 「おれたちイケてる、以上!」。重要な政治課題について議会に対して大統領の見解を述べる「一般教書演説」だけど、こんなポストイットを貼って終わらせる。

Pool / Getty Images

憲法は、大統領に対して「ときおり国の現状について議会に知らせる」ことを求めている。だが、演説しなきゃいけないとは言っていない。

6. ネバダ州にある米空軍基地「エリア51」で自撮り! 「エリア51」は、立ち入りも、撮影も禁止されている機密情報を扱う基地。

Barry King / WireImage

連邦法は、エリア51を含む特定の軍事基地で撮影することを禁じている。でも、どの基地をその対象とするかは、大統領が決める。

後書き

このリストを作るにあたり、専門家たちが忍耐強く協力してくれました。

カリフォルニア大ロサンゼルス校法科大学院のジョン・D・マイケルズ教授は、こうした行為は合法であっても、政治的な考慮のもとで弾劾手続きの基礎資料となる可能性があると指摘します。

「弾劾は法的な側面もあるが、大きくは政治的なもの。重罪や軽罪の判断は、議会が下す」

米国科学者連盟(FAS)で国家機密に関するプロジェクトを率いるスティーブン・アフターグッド氏は「いずれかの時点で、統治機構で何らかの作用が働き、大統領を止めたり、その予算を止めたり、不法としたり、弾劾したり、ないしは別の方法で抑えることになっている」と教えてくれました。

この記事は英語から編集しました。

BF Japan Newsに連絡する メールアドレス:mamiko.nakano+bfjapannews@buzzfeed.com.

David Mack is a reporter and weekend editor for BuzzFeed News in New York.

David Mackに連絡する メールアドレス:david.mack@buzzfeed.com.

バズフィード・ジャパン アダプテーション・スタッフ

Saki Mizorokiに連絡する メールアドレス:saki.mizoroki@buzzfeed.com.

Got a confidential tip? Submit it here.