back to top

乳がんと闘ったお母さん 18歳の娘が撮った写真に勇気づけられる。

ガンと闘った医療従事者として、女性たちにセルフチェックによる早期発見の大切さを訴えている。

2月1日、米テキサス州タイラーのウェンディ・フレデンさんは乳がんと診断された。娘キャメロン・ストークスさん(18)ら家族みんなでウェンディさんを支えた。

Cameron Stokes

医師助手(PA)として働くウェンディさん。ステージ1Aの多発性浸潤性乳がんだった。

複数のがん専門医、外科医、放射線医師に相談した結果、「選択肢をたくさん示されました」とBuzzFeed Newsに話す。

「一部の女性にとっては、これは感情をゆさぶる決心です。でも私は両乳房の切除手術をためらいませんでした」とウエンディさん。

Wendy Freden

「二度と『乳がんです』と言われたくなかったんです」とウェンディさん。3週間後、手術を受けた。

医療の専門家でもあるウェンディさん。「化学療法でどんな影響があるのか知っていたので、不安でいっぱいでした。そして、終わりが近くなると、本当にうれしかった」

6月14日、最後の化学療法を受けた。翌日、ガンは消滅したと告げられた。

病院には釣鐘がかかっている。患者がガンを克服したときに鳴らすためだという。でもウェンディさんは「鳴らすつもりは全くなくて、壁に思いっきり鐘をパンチしようと思って」と話す。

Cameron Stokes

娘キャメロンさんはウェンディさんが診察から戻ってくるのを待ち構えていた。ガンを克服したに違いないと信じて。

このうれしさを友人らに知らせようとツイートした......ら、感動したのはフォロワーだけじゃなかった。

MY MOM BEAT CANCER!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!! (she wanted to punch the bell which is w… https://t.co/s6yyhvuv8e

4万リツイート。20万❤️

母娘はネットの温かい励ましに感謝している。ただ、ウェンディさんの闘いはこれで終わりではない。

Cameron Stokes

「私の旅は終わっていません」とウェンディさん。今後、子宮の完全摘出、乳房再建があり、さらに5〜10年ほど抗エストロゲン剤を飲み続けなければならないという。

「でも今日『イエス、ガンを克服した』って言えますよ!」

ガンを経験したことで、ウェンディさんは患者にもっと寄り添うことができると考えている。

Wendy Freden

「医師助手(PA)として、女性が知識を得る助けをし、支援する立場にあります。女性として、個人的にその心配事が分かります。乳がんを克服した患者として、その恐怖や不安、感情が分かります」

「私のようなケースは珍しくはありません」とウェンディさん。セルフチェックで早期発見する大切さを女性に知ってもらえたらと願っている。

Wendy Freden

「自分の乳房組織をよく知ってください」と助言する。「はっきりとは分かりにくいかもしれないですが、定期的に乳房をセルフチェックしていれば、それまでなかったものがあったり、違っていたりしたときに、気づくものです」

この記事は英語から編集しました。

BF Japan Newsに連絡する メールアドレス:daichi.ito+bfjapannews@buzzfeed.com.

Tanya Chen is a social news reporter for BuzzFeed and is based in New York.

Tanya Chenに連絡する メールアドレス:tanya.chen@buzzfeed.com.

バズフィード・ジャパン アダプテーション・リポーター

Saki Mizorokiに連絡する メールアドレス:saki.mizoroki@buzzfeed.com.

Got a confidential tip? Submit it here.

この記事は、BuzzFeedコミュニティのメンバーにより作成されました。投稿の内容はBuzzFeed編集部による監修や承認を受けていません。コミュニティに関する情報を見る(英語)