back to top

【写真】アメリカで児童労働が合法だったころの23枚

産業革命の中、子どもたちはアメリカで最も危険な仕事をしていた。

アメリカの児童労働は1938年の公正労働基準法制定で終止符を打った。それ以前のアメリカの工場や炭鉱では、子どもたちが怪我や死の危険に直面しながら労働していた。

小柄な体格や、組合を組織する能力を持たないことから、児童を働かせることを好む雇用主も多かった。

写真家ルイス・ハインは、全米児童労働委員会によるキャンペーンのため、児童たちを撮影した。

Buyenlarge / Getty Images

サウスカロライナ州ポート・ロイヤルにある魚介類の缶詰工場で、カキの殻を開ける仕事の休憩中の幼い少女のグループ、1911年。左から右に: ジョシー(6歳)、バーサ (6歳)、ソフィー (10歳)。

左:ノースカロライナ州ウェルドンの紡績工場で作業をしている時に手に怪我を負った13歳の少年のポートレート写真。1914年頃。右:紡績機で仕事をしている際、ポートレート写真のためにポーズを取る幼い少女。1908年。

左: ニュージャージー州でポートレート写真のために笑顔を浮かべる11歳の新聞配達員、1924年。右:ニュージャージー州サマービルの集合住宅地区での織物工の仕事の休憩中に、ポートレート写真のために立つ疲れ果てた2人の少女。1912年。

この記事は英語から翻訳されました。

BF Japan Newsに連絡する メールアドレス:daichi.ito+bfjapannews@buzzfeed.com.

BuzzFeed's resident photo geek.

Gabriel H. Sanchezに連絡する メールアドレス:gabriel.sanchez@buzzfeed.com.

Got a confidential tip? Submit it here.