back to top

知ってください 「太っている」というだけで空の旅はこんなにも苦痛の連続だということを

「太っている人は、まるで荷物のように扱われる」

Twitterユーザー@yrfatfriend(Your Fat Friend)が、飛行機に乗るときの自身の体験を語った。アカウント名から分かる通り、このユーザーは太っている。自身の体験とは、つまり、太っている人が飛行機に乗る時どういう状況にあるのかという話である。

「今日、飛行機にのりました。太っている人間が飛行機に乗るということについて語ります」

So, I'm on a plane today. Here's what I did to prepare to fly as a very fat person. (Thread.)

2席分の運賃。

搭乗前、航空券を買う段階で、彼女がまずやらねばならないことは航空会社のポリシーをチェックすること。航空会社の多くは、規定体重以上の乗客=太っている客に退席を求める権利があるという。また、2席分の運賃を支払うよう求める航空会社もある。事前に2席分の購入が必要で、これをしていないと、搭乗当日に当日料金で追加請求される。

広告

なぜ持参するのか? 他の乗客が苦情を言いだすキッカケを作らないため。

ベルトを持参するのは、延長ベルトをフライトアテンダントに頼むのが恥ずかしいからではない。これがキッカケとなって、他の乗客が「太っている客」に対して、苦情を言いださないようにするため。

Twitter: @yrfatfriend

「自分が太っていることはわかっているので、延長ベルトを頼むのが恥ずかしいわけではありません」

「これがきっかけで、他の乗客が苦情を言い始めないためです。一度でた苦情はドミノのように広がっていきますから」

「フライトアテンダントへの苦情が言われることで、私は席を移動させられたり、2倍運賃を支払わされたり、退席を命じられることになるわけで。そうなれば、自宅へ帰る術はなく放置されてしまいます」

太っていることで、他の乗客から苦情がでる可能性は50%。

彼女自身のここ2年の体験でいえば、苦情が出る可能性は50%。苦情が出た途端、彼女の存在を無視するように、あけっぴろげに太っている! 太っている!と指さされることになる。

広告

ツイートしている「今日のフライト」では、彼女はファーストクラスのチケットを購入。エコノミー席よりも900ドル高いというが、シート幅が広いことが購入の理由だ。しかし、それでも備え付けのテーブルは、彼女のサイズに合わず利用できなかった。

Terraxplorer / Getty Images

テーブルの利用ができないため、6時間のフライトで仕事をすることも、食事をすることもできず。この食事とはもちろん、チケット料金に含まれる機内食のことだ。

座ったら、縮こまってなるべく動かない。フライトアテンダントも呼ばない。

Twitter: @yrfatfriend

「隣の人のスペースを侵害しないように、腕を組み、ただ黙って座るだけ」

飲み物などのリクエストも一切しない。これは、延長ベルトと同じ理由で、フライトアテンダントを呼ぶことで、周りの人が苦情を言い始めるきっかけを作らないようにしている。

広告

「今日のフライト」では、無事、空の旅を終えることができた@yrfatfriendだが、いつもこうとは限らない。最初に太っていると苦情を言われたのは、6年前のこと。

満席の機内、隣に座っている男性の機嫌があからさまに悪くなり、挨拶をしても無視された。

存在しないように扱われた。

目的地までの間、彼女はとにかく身を縮こまらせて過ごした。彼女に話しかける人はおろか、目を合わせる者もいなかったという。

広告
Twitter: @yrfatfriend

「フライトアテンダントも話しかけてきせんでした。そのかわり、私の列の人に無料の食べ物と飲み物を配っていました。まるで、私の存在を我慢してくれてありがとうとでもいうように」

席を移動した男性は、フライトの終わりにさらに一言。「僕は、妊婦や車椅子の人にはこんな態度はとらないからね」

この一件のあと、彼女は1年半ほど飛行機に乗ることができなかった。しかし、一生飛行機に乗らずに過ごすのは不可能。家族のため、仕事のため、そして自分自身のため、彼女は飛行機に乗る。

Twitter: @yrfatfriend

「今は飛行機に乗ります。離れたところで暮らす家族のため、飛行機にのります。姪っ子と甥っ子に会えないなんて考えられません。自分の仕事のため、飛行機に乗ります。私よりも太っている人には難しいかもしれませんが、自分の得意な仕事、キャリアのために出張は不可欠です。私自身の人生のため、飛行機にのります。他人の偏見に、私や私の体のことを指図されたくありません。ただ、それは、とても難しいことではあるのですが」

@yrfatfriendは、自身の体験をシェアすることで、太っている人の飛行機がどういう状況か少しでもわかってもらえればと話す。批判的な意見が少しでもおさまり、代わりに少しでも同情の心をもってくれれば、と。「太っている人にも痩せている人も、みんながより協力できるような航空会社のポリシーを考えるきっかけになれば幸いです」

広告

この記事作成にはDelaney Strunkも協力しました。

サムネイル:Flying While Fat

この記事は英語から翻訳・編集しました。