back to top

思わず「へ〜」ってなる。豪華客船「タイタニック号」にまつわる事実

映画ではなく、実際の船の話。

1. ファーストクラスのお値段、2560ドル。これは現在の6万1000ドル(678万円)に相当。

ファーストクラスのスイートルームには、ベッドルーム2つ、リビング1つ、バスルーム1つ、クローゼット用の部屋が2つあり。さらに、15メートルほどのプライベートデッキも。
David Paul Morris / Getty Images

ファーストクラスのスイートルームには、ベッドルーム2つ、リビング1つ、バスルーム1つ、クローゼット用の部屋が2つあり。さらに、15メートルほどのプライベートデッキも。

2. タイタニック号が沈んだ日に書かれた手紙。書いた本人も悲劇を免れた。

In pictures: Historic #Titanic letter officially handed over to museum http://t.co/b18CSu8S5z

手紙を書いたのは、タイタニック生存者のエスター・ハート。手紙の内容は、娘とともに「明日」開催の船のコンサートで歌を披露するというもの。

3. タイタニック号で演奏されたバイオリンが、2013年のオークションで170万ドル(約1.8億円)で落札。

オークションハウスHenry Aldridge and Sonsは、7年かけてこのバイオリンが本物かどうかを調査。その結果、タイタニック号のバンドリーダー、ウォレス・ハートレイの持ち物だと判明。
Matt Cardy / Getty Images

オークションハウスHenry Aldridge and Sonsは、7年かけてこのバイオリンが本物かどうかを調査。その結果、タイタニック号のバンドリーダー、ウォレス・ハートレイの持ち物だと判明。

4. 64隻の救命ボートが積まれるべきところ、実際に積まれていたのは20隻ほどだった。

Hulton Archive / Getty Images

5. タイタニック号で実際に使用されたライフジャケット。

生存者のローラ・マーベル・フランキャタリーが着用したもの。ライフジャケットには、ローラと、彼女と同じ救命ボートに乗った生存者のサインがある。
Leon Neal / AFP / Getty Images

生存者のローラ・マーベル・フランキャタリーが着用したもの。ライフジャケットには、ローラと、彼女と同じ救命ボートに乗った生存者のサインがある。

6. ハーシーチョコレートの創業者、ミルトン・ハーシーは、タイタニック号乗船予定だったが、仕事の都合で別の船に乗り換えることになり、助かった。

その他、ジョン・モルガン(モルガン財閥創始者)やヘンリー・クレイ・フリック(実業家。NYの美術館フリック・コレクションで知られる)も乗船を予定していた。
Bettmann / Bettmann Archive

その他、ジョン・モルガン(モルガン財閥創始者)やヘンリー・クレイ・フリック(実業家。NYの美術館フリック・コレクションで知られる)も乗船を予定していた。

7. タイタニック号生存者最後の1人は2009年に他界した。

ミルヴィーナ・ディーン、97歳でこの世を去った。彼女はタイタニック号乗船者の中で最年少、乗船当時は、生後9週間だった。
Gerry Penny / AFP / Getty Images

ミルヴィーナ・ディーン、97歳でこの世を去った。彼女はタイタニック号乗船者の中で最年少、乗船当時は、生後9週間だった。

8. 船内にはランニングマシーンがあった。

Universalimagesgroup / Getty Images

9. プールもあった。

George Rinhart / Getty Images

10. 乗船客の中で1番のお金持ちのジョン・ジェイコブ・アスター4世は亡くなったが、妊娠中だった妻は生き残った。

George Rinhart / Getty Images

11. 海に沈んだタイタニック号の船体は1985年まで発見されなかった。

この記事は英語から翻訳しました。担当:SOKO