back to top

ナンパしてきた男達と1ヶ月間写真を撮り続けた女性。

ただ外を歩いているだけなの。

オランダで大学生活を送る20歳のノア。彼女が街を歩けば、いろいろな男性から声をかけられる。

口笛を吹くようなものから、話しかけてくるものまで、そのナンパ行為は様々。モテるでしょ?なんて話ではなく、これはストリート・ハラスメント(ストハラ)と呼ばれる嫌がらせ行為。もちろん、これはノアだけでなく、多くの女性が日々体験していること。そこで、ノアは、ストハラへの抗議としてあるプロジェクトを思いついた。

ストハラをしてきた男性を写真を撮り、Instagramにポストすることにしたのだ。

@dearcatcallers / Instagram / Via instagram.com

「キスしない?」

広告

プロジェクトを始めたきっかけは、大学での授業で議題になったこと。

BuzzFeedの取材に、ノアはこう応えてくれた。「ストハラについて授業で話し合ったとき、クラスの半分=女性しか、何の話をしているか理解していなかったんです。クラスの残り半分=男性は、ストハラがいまだにあることをわかっていなかった。中には、私の話を信じられないという男子までいたんですから」

女性は日々、ストハラに直面している。

@dearcatcallers / Instagram / Via instagram.com

「ちょっと、コイツに電話番号教えてやってよー!」

ノアはその事実を訴えるため、ストハラ男性との写真を投稿。1ヶ月間で、24枚の写真がポストされた。

男性にとって、声をかける=女性を褒めているという考え。

@dearcatcallers / Instagram / Via Instagram: @dearcatcallers

プロジェクトの真意が理解されるかわからず、彼らとセルフィーを撮るのは怖かったというノア。しかし、意外にも男性陣はセルフィーに協力的だったという。理由は、女性に声をかける行為=女性を褒める行為だと彼らが思っているから。一方で、声をかけられた女性の気持ちまでは考えていないようだ。セルフィーを撮るノアが浮かない顔をしていることに、彼らは誰も気づかなかった。

写真には、ノアにかけられた言葉も一緒にポストされている。

@dearcatcallers / Instagram / Via instagram.com

「へい、セクシーガール! 1人でどこ行くの?」

@dearcatcallers / Instagram / Via instagram.com

「2ブロックくらい、大声で声をかけながら車でゆっくりついてきた。『セクシー!』『車に乗らない?』」

広告
@dearcatcallers / Instagram / Via Instagram: @dearcatcallers

「ヘェェェイ! ムラムラっときてる?」

ポストされた写真はすべてではない。

@dearcatcallers / Instagram / Via instagram.com

「プロジェクトよりも、まずは身の安全」というノア、もちろんその通り。夜間、人通りの少ない場所でナンパされたときは、写真を撮らなかったという。賢明な判断だ。

オンラインでもハラスメントの声。

プロジェクトを通して、ノアによせられたコメントの多くはポジティブな反応。しかし、一方で、「注目されたいだけのビッチ」「どうせヤラセ」など、オンライン・ハラスメントもうけたという。

プロジェクトの主役は「私」ではなく、「ナンパ行為」である。

プロジェクトを通して、中には自分の行為がストハラに当たると気づいた男性もいたという。ノアのセルフィープロジェクトは1ヶ月で終わったが、ストハラという行為が日常に起きていると喚起するために、誰かが引き継いでくれたらとノアは語る。ただし、リスクある行為のため、プロジェクトを引きつぐ女性は自身の安全を考えるのは忘れずに。

この記事は英語から翻訳されました。

Sponsored