back to top

「これっておかしくない?」と言いたくなる彼氏の言動たち

「家事を手伝ってるよ」……ここに住んでいるんだから当たり前!

2. あるいは仕事をしているのはお互い様なのに、夕飯を作るという簡単な家事(実際20分しかかからない)すら回避するために「疲れてる」という言い訳をするのは、たいてい男性の方だという事実。

3. あるいは、家庭内の特定分野について自身がいかに「無知」であるかに訴え、「どっちみち、君の方がうまくやれるんだ」と言ってくる場合もある。

Andreypopov / Getty Images

「僕が洗ったら、きっとめちゃくちゃになって服をダメにしてしまうよ」と、34歳にもなる彼が言う。

広告

6. 家事をもっと手伝ってくれなきゃ困ると伝えたところ機嫌を損ねた彼。1週間だけワンダーマンみたいにふるまい、その後すぐに何もやらない元の状態へと逆戻り。

Wavebreakmedia / Getty Images

彼が、1度だけ山盛りの洗濯物を2回分も洗ったあの2009年のできごとを持ち出し、自分は「すごく頼りになる」といつまでも主張することは間違いない。

広告

8. 彼があなたを、精神的に不安定な時に常に助けてくれるパーソナル・セラピストと勘違いし、その一方で、あなたが不安定な時にはちっとも注意を払わなかったり、「大したことじゃないよ」や「心配するなよ、最終的に解決するよ」などと言って軽くあしらう。

9. あなたはいつも時間を作り、次の日曜日に何々をすることについてどう思うかと彼に尋ねるのに、彼はあなたの意見を聞かずに2人の予定を決めてしまう。

Deandrobot / Getty Images

そして、相談くらいしてくれても良かったのにと言ったり、少なくともどう思っているかくらい聞いてくれても良かったのになどと言うと、すっかり自己弁護的になる。

広告
広告

19. 彼が病気の時は、あなたが彼の面倒を見て当然と思われているし、喜んでそうする。でもあなたが病気の時は、彼は何をすればいいのかわからないと主張する。

Ipggutenbergukltd / Getty Images

さあ、イブプロフェンを持ってきて。そして、私はそうは思っていないけど、足首をねん挫したくらいじゃ死なないって言えば。

広告
広告

この記事は英語から翻訳されました。

BuzzFeed Japanは10月11日の国際ガールズ・デー(International Day of the Girl Child)にちなんで10月6日〜15日、女性たちを応援する記事を集中的に配信します(一覧はこちら

国連機関UN Womenと資生堂のプロジェクトのメディアパートナーとして、誰もが好きなことができ、なりたい自分をめざせるように、ポップでかっこよく役に立つコンテンツで応援します。期間中、BuzzFeed Japan公式のFacebookやTwitterで該当する投稿をシェアまたはリツイートしていただくと、「1シェア=10円」に換算。ジェンダーの平等のためのキャンペーンHeForShe(UN Women)に合計額を寄付します(※寄付の対象期間は終了しました)。

Sponsored