ワセリンの意外な使い道、本当に使えるのは?

    オススメのワセリン・ハックはこれ!

    by ,

    ワセリンといえば、乾燥肌の人が重宝する保湿アイテム。

    Anthonyrosenberg / Getty Images

    最近はワセリンの意外な使い道が多く紹介されている。本当のところはどうなんだろう?

    Pablo Valdivia / BuzzFeed

    敏感肌で悩むBuzzFeedのライター、クリスタルが、巷に溢れる様々なワセリンの使い道を試してみた。オススメをご紹介!

    1. メイク落とし

    Crystal Ro / Darren Leis / BuzzFeed

    ワセリンをマッサージするように顔になじませ、柔らかい布(コットンパッドなど)で拭き取るだけ。一緒に保湿できるので、洗顔後肌がシットリする。

    2. リップスクラブ

    Darren Leis / BuzzFeed

    ワセリンと砂糖をミックスして、口を優しくマッサージ。作るのは面倒くさいけど効き目あり。ただ、不味い。

    3. マニキュアのビンのキャップをくっつかなくする

    Darren Leis / BuzzFeed

    ビンの淵にワセリンを少量塗ることで、乾いた時にキャップがくっつかなくなる。ものすごく簡単で2秒あればできるので、やらない手はない。長期保存でもキャップがくっつかないかは未確認。

    4. マニキュアのふちをキレイに塗る

    Darren Leis / BuzzFeed

    綿棒でネイルの輪郭にワセリンを塗る。いつも通りマニキュアを塗って乾かした後、手を洗う。時間の節約にはならないけど、マニキュア塗りが苦手なら、ちょっとキレイに塗れるかも?

    5. 靴のクリーニング

    Darren Leis / BuzzFeed

    ワセリンを靴の傷がついた部分に塗りこむだけ。画像を見れば明らか! 小さな傷は消える。ただ、どれほど長持ちするかは不明。

    クリスタルはこの他にも、ハイライトに使ったり、アイシャドウに混ぜたりする方法も試したけれど、べたついたり固まったりしたみたい。

    試した中で1番のオススメは、メイク落としとのこと。マスカラまでスッキリだって!

    この記事は英語から翻訳・編集しました。担当:SOKO