フレディ・マーキュリー、激動のスター人生。伝説を刻む写真の数々

    6月4日夜、金曜ロードショーで『ボヘミアン ・ラプソディ』が地上波初放送!クイーンのボーカル、フレディ・マーキュリーのデビューからバンド最後のステージまでを、写真で振り返る。

    Michael Putland / Getty Images

    デビューした年に開催した最初のツアーへ向けて、リハーサルを重ねている場面。(1973年7月8日)

    Rex / AP

    メジャーデビュー1年後のロンドン公演の舞台裏。フレディ・マーキュリーは当時は派手なメイクをしていた。(1974年)

    Shinko Music / Getty Images

    1975年に初来日。この時、空港には1200人を超えるファンが押し寄せた。(1975年4月22日)

    Gary Merrin / Getty Images

    ドラムのロジャー・テイラーとボーカルのフレディ・マーキュリー。エディンバラでのライブ風景。この年、クイーンはアメリカ、日本、オーストラリアなど世界中でツアーを行なった。(1976年9月1日)

    Anwar Hussein / Getty Images

    クイーンのメンバーのアーティスト写真。この後、シングル『ボヘミアン・ラプソディ』は100万枚を超えるヒットを記録する。この曲はビートルズなどを抑えて今もイギリスで最も売れた曲とされている。(1976年9月8日 ロンドンにて)

    Getty Images

    左:ロジャー・テイラー、1977年のマディソンスクエアガーデン公演にて 右:フレディ・マーキュリー、1975年

    Michael Ochs Archives / Getty Images

    アメリカツアーの楽屋の様子。(1977年1月)

    Richard E. Aaron / Redferns

    初めてセルフプロデュースで製作したアルバムはイギリスや日本などで1位を獲得。世界中のミュージシャンの憧れの舞台でもあるNYのマディソンスクエアガーデンでライブを行なった。(1977年)

    Michael Ochs Archives / Getty Images

    コンサートでパフォーマンスを行うクイーン。(1977年頃)

    Ullstein Bild Dtl. / Getty Images

    6枚目のアルバム『世界に捧ぐ』(原題:NEWS OF THE WORLD)を手に世界ツアーを開催。冷戦下のベルリンでもライブを行なった。(1978年4月28日)

    Michael Ochs Archives / Getty Images

    ファンの間を縫って歩くフレディ・マーキュリー(1978年10月31日)

    Shinko Music / Getty Images

    アルバム『オペラ座の夜』の200万枚を超えるヒットをうけて表彰を受けた。(1979年)

    Mark and Colleen Hayward / Getty Images

    フレディ・マーキュリーはバレーのインストラクターからの指導を受けていた。(1979年8月)

    Steve Wood / Getty Images

    当初、フレディ・マーキュリーの髭には賛否両論あったが今では彼のトレードマークとなっている。(1982年)

    Gill Allen / REX / Shutterstock

    シドニーで会見を行い、ソロ活動をスタートした。1985年に初めてのアルバム『Mr.バッドガイ』をリリース。これが最初で最後のソロアルバムとなった。(1985年)

    Getty Images

    左:クイーンのミュンヘン公演にて(1979年11月1日) 右:クイーンのロンドン公演にて(1984年9月5日)

    Ilpo Musto / REX / Shutterstock

    ストックホルムでライブを行うクイーン。(1985年)

    FG/Bauer-Griffin / Getty Images

    1986年に行った世界ツアー『マジックツアー』。ウェンブリースタジアム公演では2日間で15万人を動員。フレディは大観衆の中で「ボヘミアン・ラプソディ」を歌い上げた。(1986年7月11日)

    Dave Hogan / Getty Images

    『マジックツアー』のイギリスのネブワークパーク公演では、30万人を動員した。この後、フレディ・マーキュリーの体調は悪化したため、これがクイーンとして行なった最後のライブとなった。(1986年8月9日)

    Getty Images

    左:アイルランドのスレーン城にて行われたコンサートにファンが駆けつけた。(1986年5月7日) 右:ネブワース公演ではヘリコプターから舞い降り、ライブがスタート。(1986年8月9日)

    Getty Images

    最後まで力強いパフォーマンスで30万人の聴衆を魅了。5年後の1991年11月24日、フレディ・マーキュリーはHIVによる免疫不全が原因で引き起こったニューモシスチス肺炎により息を引き取った。自身がエイズと闘っていることを世間に公表した翌日の出来事だった。(1986年8月9日)

    この記事は英語から翻訳されました。翻訳:千葉雄登