Posted on 2017年4月16日

    「トイレに行くのも問題なし」3年間爪を切らなかった16歳は語る

    クレージー?

    by ,

    サイモン・テーラーは16歳の女の子。2014年の8月から爪を切っていません。

    3年前、爪を伸ばし始めた時の様子はこちら。

    そして、現在の様子です。

    「ネイルアートにとても興味を持ったので、爪を伸ばし始めました。グウェン・ステファニーとラナ・デル・レイのスタイルに触発されています」とサイモンはBuzzFeedに語りました。

    マニキュアを落とすのに1時間半。塗るのには3時間かかります。

    instagram.com

    「だいたいネイルは週末に塗ります。マニキュアは土曜日に落して、日曜日に塗っています」

    ネイルは2週間に1回、自分でしています。

    instagram.com

    「それ以上頻繁にはしません。時間がとてもかかるし、面倒くさいからです!マニキュア液が、はがれたことはありません。いつも自分の爪をとても気にしていますし、ベースもトップコートもいいものを使っていますから」

    サイモンは以前、自分の爪をもっと強くするため、ビオチン錠を飲んでいたこともありましたが、今はサプリメントは飲んでいません。

    そして長い爪で問題なくトイレに行っています。

    instagram.com

    「トイレに行ったり、メイクしたり、携帯で何かを打つのが大変そうだと言われます。びっくりされるかもしれませんが、全然問題ありません。コインやクレジットカードを取り出すのは、ちょっと大変ですけど」

    「数人を間違ってひっかいてしまったことはあります。でも深刻な傷ではありませんでした」

    いったいどうして彼女はこれほど長い間、爪を長くしているのでしょう? 彼女は自分の爪をとても、とても気に入っています。今では、自分の一部になってしまったのです。

    instagram.com

    「爪が長くなればなるほど、もっと好きなりました。たくさんの人が私を褒めてくれました。とても幸せな気分にさせてもらいました。爪はだんだん、私のアイデンティティになりました。どんどん切るのが難しくなりました」

    サイモンは近いうちに爪を切る予定はありません。でも永遠にこんな風にし続けるつもりはない、と言い切ります。

    誰かが爪を非難しようとしても、サイモンは気にしません。ただ失礼なことはしないでくださいね。

    instagram.com

    「私の爪を好きになれない人がいるのは十分に理解しています。そうした人たちと意見が合わないのも承知しています。ただ、私を侮辱したり、無礼な態度を取らないでください。誰もが同じ見た目だったら、世界は非常に悲しい場所になってしまうと思います」

    この記事は英語から翻訳されました。

    Want amazing beauty and style tips twice a week? Sign up for the As/Is newsletter!

    Newsletter signup form