【メキシコ地震】混乱の中、続く救出活動

    メキシコシティ近郊で9月19日(現地時間)に、マグニチュード7.1の地震が発生した。

    by , ,
    Latincontent / Getty Images

    メキシコ中心部ではマグニチュード7.1の地震によって、多くの建物が倒壊した。混乱の中、救助活動に従事する救助隊と住民たち。

    Latincontent / Getty Images

    倒壊した建屋の中から、助け出された怪我人。

    AFP=時事

    救助隊、消防士、警察、兵士、ボランティアが力を合わせて、瓦礫を片付けている。

    AFP=時事

    崩れた建物の瓦礫の山を掘り返す、救助隊とボランティア。

    Henry Romero / Reuters

    瓦礫を倒壊した建物の外へ、運び出す人々。

    Hector Vivas / Getty Images

    地震で倒壊した建物の瓦礫を掘り起こし、下敷きになった被災者を捜す救助隊と住民たち。

    AFP=時事

    救助された犬。

    AFP=時事

    救助隊、消防士、警察、兵士、ボランティアが、生存者の捜索のため、瓦礫を取り除いている。

    AFP=時事

    倒壊した建物の中に閉じ込められた生存者の声が聞こえるよう、拳を挙げ、静かにするように指示する救助隊たち。

    AFP=時事

    救助隊に運ばれる怪我人の男性。

    Rafael S. Fabres / Getty Images

    支援物資を管理する医療関係者。

    Rafael S. Fabres / Getty Images

    被災者や救助隊に水が配給されている。

    Ginnette Riquelme / Reuters

    瓦礫を片付けるためのバケツやシャベルを手渡す人々。

    AFP=時事

    生存者の捜索のため、瓦礫を片付ける救助隊とボランティア。

    Rebecca Blackwell / AP

    メキシコシティのコンデサ地区で、倒壊した建物から瓦礫を運び出すボランティアたち。

    AFP=時事

    生存者の捜索のため、救助隊、消防士、警察、兵士、ボランティアが協力し、瓦礫を片付けている。


    この記事は英語から翻訳されました。