私のふせんはこれ一択。カンミ堂の“巻き取れる”ふせんが優秀です!

    カンミ堂から出ているロールふせん「リトロ」が、使いやすさをとことん追求した文房具でした…。用途に合わせて好きな大きさで使えて便利。ふせんだけでなく本体設計にまで“使いやすさ”が詰まっているのも推しポイントです!

    ※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がBuzzFeedに還元されることがあります。

    可愛くて便利な文房具、見つけちゃいました!

    カンミ堂の「リトロ」です!

    どう便利なのかというと…

    用途に合わせて、好きな大きさに切って使えるんです!

    大きさはこんな感じです。1枚分の幅は12mm!

    使い方はシンプル!

    ふせんを使いたい分より“1枚余分に”引き出して…

    余分に出した1枚を本体に巻きつけてから切り取る!

    “センターのり加工”で、粘着部分はふせんの真ん中です。

    ロールふせんにありがちな「全面のり」じゃないのが地味に便利!

    カバーが守ってくれるから、筆箱の中でぐしゃっとなったり汚れる心配もなし!

    大きさを自分で変えて使えるって、めっちゃ便利。

    使いやすさを追求した文具なら、こんなものもあります!

    ブレないから“疲れにくい”んです!!

    長時間の筆記には欠かせません。

    ※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がBuzzFeedに還元されることがあります。