back to top

とある男子が出会いアプリでモテるために選んだプロフィール写真が斬新すぎる

けっこう好きだよ、そのセンス

ダレン・ゴーは、マレーシア在住の20歳の大学生。彼にはちょっとした悩みがある。

Supplied

その悩みとは、マッチングサービス「Tinder」でまったくマッチしないということ。

どうやったら右スワイプ(マッチ)してもらえるのか考えた末に、彼はプロフィール画像とメッセージを変えてみることにした。

普通のプロフィールではダメだと悟った。「ブラックジョークを盛り込んだプロフィールにしたら、笑いのセンスが似た人の目にとまるかも」。

変更後のプロフィールがこちら(笑)

Tinder

「死ぬほどあなたに会いたいです。いつICUできますか?」

ジョークを解説するのは野暮だが、ちょっとだけさせていただく。

ICUは、「I See You」の音から生まれたスラングで、「いつ会えますか?」と聞いている。これはICU=集中治療室とかけたジョークなのだ。

実はこの写真、ジョークのために撮影されたものではない。ダレンは2012年に心臓の手術を受けており、その時に撮られたもの。自身の体験をネタにできてこそブラックジョーク好き、強いハートの持ち主だ。

友人から「この写真で同情を引く手もあるぞ」とすすめられ、どうせ今までのプロフィールじゃダメだし…とやってみたのだという。

プロフィールページのスクリーンショットが、TwitterとRedditで拡散。多くの人の目にとまることに!

拡散している人たちのコメント。

「このプロフィール、死ねるわ」

「Tinderってどうなってんの?」

「右スワイプするしかない!」

「このプロフィール、惚れてまうやろ!」

広告

どうやら多くのファンを獲得したダレン。マッチングの方は…?

「マッチはたくさんきてる。だけど、ほとんどがなぜこんなことをしているのかという質問、ネタ的なもの、あとはもっとジョークを聞きたい人だ」

この記事は英語から翻訳されました。