• sexedjapan badge

[衝撃] 生理に関する13の歴史的事実

血まみれ地獄。

1. 中世の女性たちは、経血を染み込ませるために 折りたたんだ布 を使った。

2. これら初期のナプキンは「クラウト」または「ラグ」と呼ばれた

3. 時にはクラウトのピンが外れて床の上に落ちることもあったため、それを見てしまった人々を恐怖のどん底に陥れた。

4. 一部の人々(彼らのことを「男性」と呼ぼう)は、経血には毒があり、 ワインが酸っぱくなったり、穀物が枯れたり、犬が狂ったりする原因になると考えていた。

5. 多くの「専門家」たちは、生理のことを治療が必要な毎月の 病気だと考えていた。

6. 生理が来ない女性に対して、血を抜くことを勧める医師も一部にはいた。

7. 「ラグ」を使わなかった場合は、ただ経血を自分の服に浸みこませた

8. 中世と近世初期のペチコートの色は赤が一般的だった – おそらく経血の染みをごまかすためだったのだろう。

9. ナツメグや乾燥させた花を詰めた小さなポーチを持ち歩き、布にしみ込んだ月経血の臭いを隠すことも一般的に行われていた。

10. コケを生理用ナプキンの代わりに使用した女性たちも一部にはいた。

11. 大量の出血を止める1つの方法は、ヒキガエルを燃やして灰にし、その灰をポーチに入れて腰回りに身に着けることだった。

12. 生理が始まらない少女は、 ドロドロにしたキュウリと牛乳に浸したウールを膣に挿入するように言われた

13. 生理中にセックスをして妊娠した場合には、赤毛の子供が生まれると言われていた

この記事は英語から翻訳されました。