back to top

[衝撃] 生理に関する13の歴史的事実

血まみれ地獄。

2. これら初期のナプキンは「クラウト」または「ラグ」と呼ばれた

Rogier van der Weyden

ここか ら「on the rag(女性が生理中であることを意味する)」という 表現が生まれた。中世の女性は下着を着用しなかったため、おそらく、ラグをベルト状のガードルにピンで留めていたのではと思われる。

広告

3. 時にはクラウトのピンが外れて床の上に落ちることもあったため、それを見てしまった人々を恐怖のどん底に陥れた。

Jean Miélot, Jean Le Tavernier (illuminator), La Vie et Miracles de Nostre Dame

キリスト教徒は、特に生理を大いに懐疑的に見ており、女性の生理用ナプキンを「不潔なラグ」または「醜悪なクラウト」と呼んだ。きっと「Monstrous(醜悪な)」と「Menstrous (生理の)」の言葉遊びを楽しんだことだろう。

5. 多くの「専門家」たちは、生理のことを治療が必要な毎月の 病気だと考えていた。

Hugo Van Der Goes

女性たちは座ってばかりの生活を送っているので毎月血液を全て使い切らないので、残った余分の血液を生理によって排出しているのだ、というヒポクラテスの古い考えを人々は依然として信じていた。

広告

13. 生理中にセックスをして妊娠した場合には、赤毛の子供が生まれると言われていた

Birth of Jacob and Esau, Hague, Maitre Francois (illuminator), c. 1475

生理中はセックスしないことを勧められていた。一部の人々は、月経血には強い毒があるので、男性のペニスの皮膚が焼け剥がれてしまうと考えていた

この記事は英語から翻訳されました。

Sponsored