白斑のせいでいじめられた少女。成長して、自分自身を芸術作品に変えた

    逆境をバネに。

    こちらはアッシュ・ソト。アッシュは12歳の時、皮膚の色素がまだらに失われる尋常性白斑と診断された。

    アッシュの白斑が広がり始めると、いじめはすぐに始まったビキニ姿を見たひとりの小さな女の子に「漂白剤のシャワーを浴びたの?」と尋ねられてから、アッシュは自分の体を隠し始めた。

    「私は牛と呼ばれてきました。マイケル・ジャクソン症候群だと言われたこともあります。無垢な女の子がどうやってそれを受け止められるでしょうか?」アッシュは、自分のInstagramのフォロワーたちに心の内を明かした

    しかし今、21歳の彼女は強くなった。自分の外見を愛する重要性についてSNSに投稿している。

    @radiantbambi / instagram.com
    @radiantbambi / instagram.com

    「私は本当の自分を受け入れるまでに、長い時間がかかりました。十分に強くなり、投稿に対する反応に対処できる心の準備ができたら、投稿しようと決めました。どんな反応も受けとめるつもりでした」と、彼女は A Plusに語った。

    彼女は自分の体をキャンバスとして使い、白斑をたどって美しい芸術作品を作り始めた。彼女が「The Marker Chronicles」と呼ぶプロジェクトの一部だ。

    @radiantbambi / instagram.com
    @radiantbambi / instagram.com

    アッシュは自分自身を愛することの重要性を伝えようとしている。誰もがあるがままの自分を受け入れるための後押しをしたいと思っている。

    アッシュは今、YouTube channelを立ち上げることも検討しているという。

    この記事は英語から翻訳されました。