「もうだめだ」を「また頑張ってみよう」に変える、22枚の写真たち

    地球と比べれば、あなたは一片の埃にも満たない。けれど、そのどれもが複雑で特別なのだ。

    1. この大きな、濡れた岩は地球だ。あなたの友達はみんなここに住んでいる。

    NASA

    2. 多くの生命がここで誕生した。

    NASA

    3. 多くの人工物も誕生した。

    NASA

    4. 月は、地球から38万4472キロ離れた軌道を回っている。

    NASA

    5. 人類がかつて上陸した土地だ。

    NASA

    6. 地球と月は、核融合状態にある水素玉の周りを回る。これは原子を破壊・融合し、ますます複雑なものにしている。

    NASA

    それが、太陽と呼ばれるものだ。

    7. 太陽よりも少し先にあるのが、ロボットしかいない惑星、火星だ。

    NASA

    ロボットたちは、すべて私たち人間が作ったものだ。

    8. 小惑星帯の先にあるのが、巨大なガスのかたまり、木星だ。我々を隕石から守ってくれている。

    NASA

    地球と同じく天気の変化があるが、その規模は地球よりもはるかに大きい。

    9. さらに先の太陽系の端には、冥王星と呼ばれる準惑星がある。

    / NASA/Johns Hopkins University Applied Physics Laboratory/Southwest Research Institute

    10. これら太陽系は、銀河系のごく一部だ。

    NASA

    11. この先には、感動的な景色が広がっている。650光年先のらせん星雲などだ。

    NASA

    これを「神の目」と呼ぶ人もいる。

    12. 星雲は星の死から生じる。

    / NASA/Space Telescope Science Institute

    13. 星は燃料を使い果たすと爆発し、中に残っているあらゆるものを宇宙空間に投げ出してしまう。

    NASA

    14. その形状はときに非常に複雑になることもある。

    NASA

    15. 死んだ星が大きければ、残骸から新しい星が生まれることもある。

    NASA

    16. 太陽の25倍のような、かなり大きい場合は、ブラックホールになる可能性もある。

    NASA

    17. ブラックホールが巨大になると、その重力は銀河系全体に向かう。

    NASA

    18. 果てしなく巨大なブラックホールは、数千の星や無数の物体、惑星を巻き込み、果てしない銀河を回転させる。

    NASA

    19. ひとつひとつが特別な存在だ。例えば、この帽子の形をしている惑星のように。

    NASA

    20. ビーチの砂粒のように、宇宙にはたくさんの銀河が存在する。

    NASA

    砂つぶよりも多いかもしれない。

    21. 何十億光年も先、観測可能域の限界にある宇宙の端を見てみると、新しい銀河がいまなお生まれているのがわかる。

    / Subaru/NASA/JPL-Caltech

    22. 宇宙物理学者のスティーヴン・ホーキングが言ったように、「私たちは、非常に平均的な星の小さな惑星に住む、進化した猿の種族にしか過ぎない」のだ。

    / NASA/JPL-Caltech/Space Science Institute

    「しかし、私たちは宇宙を理解できる。この点において、非常に特別な存在なのだ」。

    この記事は英語から翻訳されました。