【閲覧注意】欧米から本格派の怖い写真を集めてみた

    明るいところで、みんなで見ましょう。

    生首をコレクションする男。

    Public Domain / Via Wellcome Library, London

    19世紀、ホーレイショ・ゴードン・ロブリーという男は、とあるコレクションで有名だった。彼が集めていたのは、ニュージーランドのマオリ族の生首。

    精神病患者の治療風景。

    Hulton Archive / Getty Images

    1890年、ドイツ。ロープなどを使い壁に繋がれる精神病患者。今では考えらえないが、当時は妥当な治療法だったらしい。

    魔女たち。

    Public Domain

    1875年、ほうきとフクロウとともに写真におさまる魔女。

    首をなくした男。

    George Eastman House Collection
    George Eastman House Collection

    1875年。Photoshopがない時代の恐ろしさ。

    医学生。

    Public Domain

    1901年、医学生たちの授業風景。

    狼男。

    ihm.nlm.nih.gov / Via Flickr: nlmhmd

    1834年から1892年の間に撮影。医者の記録によれば、写真の男性は多毛症に悩んでいたという。

    腹話術師。

    Public Domain / Via wanganuilibrary.recollect.co.nz

    骸骨の晩餐会。

    London Stereoscopic Company / Getty Images

    1865年。

    ハロウィンパーティー。

    From the book 'Haunted Air' / Via Random House UK

    1900年頃。

    骸骨をコレクションする男。

    The Nelson-Atkins Museum of Art

    1850年。

    酸をかぶった男。

    Hans Wild / The LIFE Picture Collection / Getty

    1897年から1962年にフランスにあった見世物小屋「グラン・ギニョール」で撮られた1枚。これはやらせ写真らしい。

    この記事は英語から翻訳されました。