back to top

【本好き必見】最高の読書環境が手に入る世界のAirbnb物件たち

こんなに豪華なのに意外と安い。

1. 退廃的なニューオーリンズの大邸宅。

airbnb.co.uk

この豪華なマンションに泊まると、ニューオーリンズの王族のような気分になれる。市のガーデン地区の中心に位置し、思い切って外に出れば、葉の茂るヤシやオークの木陰が出迎える。

とはいえ、数百冊もの本と、彫刻が施された木製のらせん階段、ステンドガラス窓、音楽室があるので、外出する気が失せても無理はない。

料金: 一泊£99(約1万5000円) / プライベートルーム

予約はこちら

広告

2. シックなエディンバラのアパート。

airbnb.co.uk

この広々としたアパートは大きな窓で風通しがとても良く、古風な白パネルの壁だ。暖炉と机と本の壁で「ジェーン・オースティンの読書室」の気分にひたれる。

ミニバーが付いているのも最高。小説を読みながらウイスキーをちびちびやれる。

料金: 一泊£100(約1万5000円) / フラット全体

予約はこちら

3. 壮麗なブルターニュのお城。

airbnb.co.uk

これは正真正銘17世紀のフランスのお城だ。このお城以上に「美女と野獣」の舞台にふさわしい場所はない。4つあるリビングルームの1つにこもって読書をする前に、一番良いガウンを着て、美しいベッドルームや豪華な敷地、歴史建築を探索しよう。

もしくは服を脱いでガーデンのジャグジーに飛び込むのも良い。すべてはあなた次第だ。

料金: 一泊£220(約3万3000円) / プライベートルーム

ご予約はこちら

4. 16世紀のダールトンのアドベ。

airbnb.co.uk

ぜいたくなダイニングルーム、ロールトップのバス、広々としたリビングルームには本棚が。この復元されたタワーはもともと1500年代に建築されたが、いまでは5つ星のプライベートレンタル(最大宿泊客数12名)となっている。

料金に尻込みするかもしれないが、6名グループを集めれば、1人あたり1泊3万円となり(6人がぴったりのようだ。なぜなら6名を超えると1泊ごとに追加料金がかかるから)、この美しさを考えれば高すぎることはない。

ご参考まで、料金にはプライベートシェフが含まれている。ほんの気持ち程度だが。

料金: 一泊£1,200(約18万円) / 全館

ご予約はこちら

広告

5. サマセットのアールデコ調シネマ。

airbnb.co.uk

イギリスで一番小さな村・アックスブリッジにあるこのかわいらしいアールデコをテーマにした建物は、住宅を映画館にしたもので、イギリスで一番小さな商業映画館でもある。

本がずらっと並んだリビングルームで1日中読書して過ごした後、その本の映画版を見るという贅沢も叶えられる。

料金: 一泊£375(約5万6000円) / 全館

ご予約はこちら

6. ベリンハムののどかな住宅。

airbnb.co.uk

チェリーウッドのクイーンベッドで寝たり、2つあるお風呂のどちらかお好きな方を使ったり、いくつかあるガーデンを散策できる。そうしたら戻って、本を持って素晴らしい石造りの暖炉の前で身を寄せよう。まさに至福の喜び。

料金: 一泊£66(約1万円) / プライベートルーム

ご予約はこちら

広告

7. ロンドンにあるライブラリーベッドルーム。

airbnb.co.uk

「本に囲まれて寝る」とはこういうことを指すのか。このチジック・ハウスのベッドルームは至るところに本がある。しかも、部屋にはティーセットもあるので、必要なものはすべてそろっているということだ。

料金: 一泊£43(約6500円) / プライベートルーム

ご予約はこちら

8. ローランド地方の本屋さん。

airbnb.co.uk

本当の本好き限定。このゴージャスなフラットはスコットランドの本の町の本屋さんの上の階にあり、なんと、本屋まで部屋に付いてくる。1週間、本屋を経営するという本好きにとってはまさにファンタジー。

料金: 一泊£28(約4200円) / 全館

ご予約はこちら

9. ジャーマンボヘミアンのアパート。

airbnb.co.uk

チャーミングな文学フラットは1903年に建てられた家屋の中にある。場所はドイツ西部の町ヴィースバーデン。人工大理石の床や、高い天井、そして古風な木の床板に囲まれ、ベッドルームの暖炉をつけて、眠りに落ちる直前まで本を読もう。

料金: 一泊£34(約5,000円) / プライベートルーム

ご予約はこちら

広告

10. ゴージャスなシドニーの家。

airbnb.co.uk

この家のオーナーはAirbnbのCEOからオーストラリアの最高ホストの1人に指名されただけでなく、現在シドニーでも最高ホストとして評価されている。もちろん肩肘はる必要はない。

家族や友人のような歓迎を受けること間違いなし。その後、シドニー探索に出かけるのもいいし、たくさんある蔵書から本を取ってきてクイーンベッドでリラックスするのも良いだろう。

料金: 一泊£63(約9,500円) / プライベートルーム

ご予約はこちら

11. 見事なコーンウォールのお城。

airbnb.co.uk

このリストで最も高額な物件だが、きっとご納得いただけるはず。しかも、最大20人が宿泊可能で、そうするとだいたい一泊1万5000円になる。お手頃というわけではないが、大人数の団体になればそんなに負担ではない。

東京ドーム4.7個相当のウッドランドガーデンと大きなプールはこの世のものとは思えないくらい素晴らしいが、私にとって最高なのは、とんでもなくかわいいリビングルームで、完全にリラックスして本を楽しめるということ。

料金: 一泊£1,950(約29万5000円) / 全館

ご予約はこちら

広告

12. 壮大なエディンバラのアパート。

airbnb.co.uk

エディンバラ城から徒歩5分のパノラマビューが広がるジョージアンアパート。それだけじゃ夢のようとはいえないという人には、本の壁のリビングルームもある。

料金: 一泊£90(約1万3000円) / 全フラット

ご予約はこちら

13. オーストラリアのブルーマウンテンにある作家の隠れ家。

airbnb.co.uk

山々に囲まれ1910年に建てられたファームハウスと果樹園。都会から車で25分、谷の景色、ぶらぶら散歩できる歴史的ガーデン、本を読む場所、何か書きものを完成させるにせよ、できるだけたくさん読みたいにせよ、ここは究極の文学の玄関口だ。

料金: 一泊£70(約1万円) / 全館

ご予約はこちら

14. ロンドンにある本の家。

airbnb.co.uk

この「本の家」がどんな感じか知りたければ、『薔薇の名前』の迷宮のような図書館を想像してほしい。もちろん殺人は起きないが。読みたいものは何でもある。

哲学、シュールレアリズム、マルクス主義、映画理論、そして小説が1冊か2冊。レゴもあって遊べる。正直、あなたが他に何が欲しくなるかなんて思いつかない。

料金: 一泊£54(約8千円) / プライベートルーム

ご予約はこちら

15. バーモントの歴史的図書館。

airbnb.co.uk

これは美しい住宅に模様替えした正真正銘の図書館だ。とはいえ心配無用。模様替えしたとはいえ、本や読書スペースはあるし、マーガレットアトウッドやアリスムンロの本を読み返すこともできる。

料金: 一泊£79(約1万円) / 全館

ご予約はこちら

16. ザ・レッドウッドにある作家の隠れ家。

airbnb.co.uk

アメリカンウッドランドに囲まれた牧歌的な母屋はすべてを放り出せる文学的な外観。図書室は別の小屋で、本当に1人になりたい人のために、母屋から少し離れている。

もちろん電気は通っていないが、海を見下ろせ、美しいキャンドルライトがあり、素晴らしい蔵書にアクセスできる。

料金: 一泊£79(約1万円) / プライベートルーム

ご予約はこちら

17. 絶景のマルタのスタジオ。

airbnb.co.uk

このスタジオフラットにあるたくさんの本の中から1冊を手にして、美しいマルタの景色が見られる屋上に読書しに向かおう。ビーチに本を持って行ってそこで読むこともできる。

あるいはコンテンポラリーアートに囲まれた屋内のハンモックやベッドで読書するのも良い。

料金: 一泊£97(約1万5000円) / 全館

ご予約はこちら

18. リスボンにある作家の家。

airbnb.co.uk

この家のオーナーは作家で、自分の膨大な蔵書を喜んで説明してくれるだろう。この家自体は市の美しい歴史的中心にあり、周囲の町と同じくらい独特で、オープンプランの階が3つあり、いたるところに貴重な小物の山がある。

料金: 一泊£80(約1万2000円) / 全館

ご予約はこちら

この記事は英語から翻訳・編集しました。

Every. Tasty. Video. EVER. The new Tasty app is here!

Dismiss