back to top

スタイリッシュすぎる86歳の花嫁にみんなうっとり

おばあちゃん、すごい。

こちらはミリー・テイラー・モリソン。彼女が今年10月、結婚式で身に着けた超完璧なドレスが話題を呼んだ。

Khadija Elkharbibi

年齢を感じさせない86歳のミリーは、自分でデザインした衣装を着て、愛する夫ハロルド・モリソンと結婚式を挙げた。

Khadija Elkharbibi

「納得いくものができるまで、教会員のマシュー・ピュアフォイにいくつかスケッチをしてもらったんです」と、ミリーの孫のハディージャ・エルカルビビはBuzzFeedに語った。「それをデザイナーのマルコ・ホールのところへ持って行って、作ってもらいました。作業を始めたのは7月です」

完成した衣装は、ミリーのお気に入りの色で作られ、前から後ろまで、素晴らしいものに仕上がった。

Khadija Elkharbibi

幸運な花婿は、光り輝く花嫁が花道を歩く様子を見ながら、愛の眼差しを向けた。

ミリーは41年間、最初の夫との結婚生活を送った。ハロルドとは夫と死別した25年近く後に出会った。
Khadija Elkharbibi

ミリーは41年間、最初の夫との結婚生活を送った。ハロルドとは夫と死別した25年近く後に出会った。

結婚式のすぐ後、孫のハディージャは祖母の写真をFacebook上でシェアした。そこでは多くの人が、ミリーの美しさと愛の物語に驚愕し、コメントした。

Facebook: lovewhatreallymatters

この驚くほどの美しさやファッションの嗜みは、ミリーにとって、何も新しいことではない。彼女は若い頃モデルだったのだ。

Khadija Elkharbibi

「祖母は1940年代から1950年代にかけて、モデルをしていたんです」と、孫のハディージャは、5人の子どもと6人の孫、3人の曾孫を持つミリーについて語った。「彼女は4人目の子どもを産むまでモデルをしていたんです」

「祖母はいつも素晴らしいです!」とハディージャ。「髪を整え、化粧をせずに家を出ることは決してありませんし、いつもヒールを履いています」

ミリーが昨年の母の日に着たこの服は、ハディージャのお気に入りの1つだ。
Khadija Elkharbibi

ミリーが昨年の母の日に着たこの服は、ハディージャのお気に入りの1つだ。

ハディージャによると、ミリーは自分のウェディング・ドレスが驚きを巻き起こしたのかをよく理解していて、これ以上幸せなことはないと思っている、と話した。

「祖母は自分の気持ちを言葉にはできませんが、これは素晴らしいことで、彼女は幸せに感じています」とハディージャは語った。「祖母はこれが自分にとって最後のお祭りになるかもしれないと話しています。それでも、彼女にとって特別な出来事が起きたことを、私は本当に幸せに思います」
Khadija Elkharbibi

「祖母は自分の気持ちを言葉にはできませんが、これは素晴らしいことで、彼女は幸せに感じています」とハディージャは語った。「祖母はこれが自分にとって最後のお祭りになるかもしれないと話しています。それでも、彼女にとって特別な出来事が起きたことを、私は本当に幸せに思います」

訂正

当初、41歳の時に最初の夫と結婚、と記載していましたが、正しくは41年間の結婚生活を送っていた、でした。修正いたしました。