back to top

もう行った?ひとり旅に最適な10のスポット

スーツケースを持って、飛び出しちゃえ

1. アイルランド

buzzfeed.com

「先週、アイルランドへのひとり旅から戻ってきたばかりです。1週間、西海岸沿いを旅しました。人生最高の体験でした。ひとりで旅すると、場所や国と全く新しい繋がりを築くことができます。怖くなかったか、不安じゃなかったかと、みんな聞いてきましたが、そんなことはなかったと、私は自信を持って言えます。私は大丈夫だとわかっていました。すぐにでも、また行きたいです」

beccaahhh

2. クロアチアの海岸

instagram.com

「数年前、私はバックパックを背負って、クロアチアの海岸沿いを1週間、旅行しました。人生最高の思い出です。クロアチア北部のプーラから出発しました。世界最大の古代ローマ時代の円形闘技場の1つがある場所です。そして、ザダルの海岸まで旅をしました。ザダルからプリトヴィツェ湖群まで日帰り旅行をし、滝の透明な水の美しさに驚きました。あれは地球上で最も美しい場所かもしれません。そして『ゲーム・オブ・スローンズ』(海外ドラマ)のロケ地で有名な、ドゥブロヴニクで旅を終えました。ユースホステルに泊まっていたので、旅の総費用はそれほどかかりませんでした。それに旅行中、素敵な出会いがありました。誰でもこの旅を楽しめると思います」

Jon-Michael Poff

4. パリ(フランス)

buzzfeed.com

「留学中、大好きな街で週末を楽しみました。美術館を訪れたり、素敵なレストランで夕食を食べたり、クロワッサンをおやつにしたり。彼氏や彼女と一緒に過ごすのではなく、ルーヴル美術館で過ごしたり、凱旋門の上からエッフェル塔をじっと見たり、セーヌ河岸から人間観察をしたりして、自分自身を愛することを学びました」

tessh5

広告

5. ハワイ(アメリカ)

instagram.com

「23歳の時、1週間ハワイに行きました。人生最大のご褒美で、若さがみなぎっていた旅でした。当時、色々悩んでいて、ただ逃げたくて、思いつきで飛行機の搭乗券を買ってしまいました。ハワイはひとり旅にぴったりの場所です! ハワイは現実逃避するのにいい具合に(家から)離れていますが、ひとりでも安心できました。ハワイの人はみんな、とても楽しそうで、くつろいでいて、親切です。どこに行っても、地元の人は私があちこちを回るのを親切に助けてくれましたし、夕食の時はバーで私に話しかけてくれました。ビーチは最高で、丸一日過ごせちゃいます。少くとも1度は、ひとり旅をするべきです。ハワイから挑戦してみてはどうでしょうか」

nicoleb48c50a074

6. マドリード(スペイン)

instagram.com

「マドリード!何回か外国をひとりで旅しましたが、中でもマドリードは気に入り。すごく安全だし、交通の便もいいです。滞在中は、博物館に行き、ロシア帝室バレエ団を観て、市場で立ち食いをしました。自由な時間でした。買い物をするにも最高の場所です!」

truleemadlee

7. バルセロナ(スペイン)

instagram.com

「アート好き、歴史オタク、自然マニアに関わらず、誰でも楽しめます。ヨーロッパの他の場所に比べると物価はお手頃です。しかも、地下鉄のアクセスが最高なんです!!!行きたいところに着けなくて 苦労したことはありません。ストレスの少ない、楽しい休暇にぴったりです」

rebeccav212124

8. バルカン半島

buzzfeed.com

「大学卒業後、ひとりでバルカン半島のあちこちを旅しました。超オススメです。バルカン半島はヨーロッパの中でかなり過小評価されている地域です。物価もすごく安いです。(地元の)人は私がこれまで出会った中でも最も親切で、喜んで自分たちの文化を旅行客に教えてくれます。しかも、この地域に行く旅行者のタイプは、大抵がのんびり家で、探検好きです 。(つまり、インスタ映えする写真を撮影するために、旅行している人々ではないということ)滞在中、沢山のすばらしい人に出会いました。ひとり旅でしたが、地元の人や旅行仲間など、常に誰かに守られていました。美しすぎる眺めについては言うまでもありませんね。 (コトルとオフリド湖は私のお気に入りの場所です)」

treamariemc

広告

9. ニュージーランド

instagram.com

「私は1年間、ニュージーランドに住んでいました。ワーキングホリデービザは取得しやすく、24歳になってすぐに行きました。仕事を見つけるのも簡単だし、フレンドリーでいい人ばかりでした。だから、この国に行きたいと思ったんです。本当に魅力的な国です。歓迎されていないと思うことは、ありませんでした。ひとり旅をしている若い女性に何人も会いました。彼女たちの多くが、ヒッチハイクやカウチサーフィンをして費用を抑えていました。最低賃金が高いことも良かったです。また、文化的にワークライフバランスに重点が置かれていたため、ビーチのすぐ近くに住んでも旅行できるくらいの給料がもらえました。その上、有給休暇ももらえました。もし、行くか行かないかを考えているなら、考えてないでとにかく行ってください!」

rachelanneh

この記事は英語から翻訳・編集されました。