• animaljp badge

地球の磁場に沿わせてうんちするだと!? 犬にまつわるびっくり雑学16選

オスの犬が片足を上げておしっこする理由、知ってる? 自分を大きく見せるためなんだって!

1. 平均的な犬の知能は人間の2歳児並み

Thanawath Seangsuriyapone / Getty Images

アメリカ心理学会によると、犬は最大で250個の単語とジェスチャーを覚えることができます(人間の幼児と同じくらい)。

2. 犬は地球の磁場に体を沿わせてうんちをする

Thamkc / Getty Images

動物学専門誌『フロンティアーズ・イン・ズーオロジー』に発表されたある研究によると、犬は地球の磁場のちょっとした変化に敏感だそうです。

「穏やかな磁場環境」では、犬は地球の南北の軸に体を沿わせてうんちをしたがるのだとか。

また、研究では東西の軸については完全に避けるということも分かりました。

3. わんこにはまぶたが3つある

Squatchphotography / Getty Images

犬には、外から見えるまぶたが2つと見えないまぶたが1つあります。

3つ目のまぶたは目頭の中に隠れており、そこには見えない涙腺も付いています。

4. 3万1700年前に生息していた世界最初の犬はシベリアンハスキーにそっくりだった

Chabybucko / Getty Images

有史以前に生息していた犬は牧羊犬ほどの大きさで、鼻面は横に広くて短め。

頭蓋骨は狼よりも広いものでした。

5. オスがおしっこする時に片足を上げるのは自分を大きく見せるため

Helenwalkerz65 / Getty Images

米コーネル大学の研究者が行った調査によると、小さい犬ほどおしっこをするときに高く足を上げており、大きな犬に対して自分を大きく見せようとしている可能性があることが示唆されました。

6. 犬は舌の裏を使って水を飲む

Alex_ugalek / Getty Images

犬にはほっぺたがないため、人間のように水を吸って飲むことができません。

そのため、舌をすごい速さで後ろへ動かし、その勢いで水面から口までの水柱を作り出してそれを飲んでいます

7. 犬が寝る時に丸くなるのは、本能的に大切な臓器を守りつつ体を温めているから

Diane39 / Getty Images

犬が寝る時に丸まらないでだらっと体を開いている場合、単に暑いからか、自分がいる環境にとても安心しているからです。

8. 犬の耳を動かす筋肉は18種類

Celiaaa / Getty Images

ちなみに人間はわずか6種類です。犬は、音波を効果的に聞くために耳を回したり傾けたりできます。

さらに、さまざまな方向から聞こえてくる音を聞くことができるよう、左右別々に動かすことだってできちゃいます。

9. 犬の嗅覚は人間の1万〜10万倍

Eudyptula / Getty Images

犬はにおいの濃度1pptでも嗅ぐことができます。これはつまり、山盛りのきれいな靴下200万枚の中から、たった1枚の汚い靴下を探し出せるようなものです!

10. 犬の発汗は肉球からも?

Przemysław Iciak / Getty Images

ペットの健康に関するウェブサイト「ペットMD」によると、犬の肉球には「部分分泌腺」と呼ばれる汗腺があります。

とはいえ、犬が肉球から汗をかくことはめったにないそうです。

11. 訓練すれば、犬はがんなど病気の検知も可能に

Tomas Maracek / Getty Images

人間の体において、がん細胞は健康的な細胞とは異なる代謝廃棄物を出します

実は両者の違いはとても大きく、犬が検知できるほどです。

犬はまた、人の息のにおいを嗅いだだけで、がん細胞を嗅ぎ分けることもできます。

12. 犬もヤキモチを焼く

Wavetop / Getty Images

犬も嫉妬や妬みという感情を経験するのですが、人間が抱く感情のように複雑ではありません。

アメリカの愛犬家団体アメリカンケンネルクラブによると、犬は公正であること(例えば、自分が努力した分の報酬を受け取れるなど)には敏感ですが、公平であること(例えば、報酬がすべて平等)には敏感ではないそうです。

13. 長距離なら、グレイハウンドはチーターに勝てる

Natalia Timchenko / Getty Images

グレイハウンドはチーターほど速くはないのですが(チーターは最速で時速約120キロになります)、チーターはダッシュしかできません

なので長距離であれば、最終的にはグレイハウンドがチーターを追い抜かすことになります。

14. 犬の鼻が濡れているのは、においの化学物質を吸収するため

Ijdema / Getty Images

濡れた鼻はまた、体温調整をして体温を下げるのにも役立ちます。というのも、犬には人間のような普通の汗腺がないからです。

15. 犬の平熱は38.3〜39.1度

Sushiman / Getty Images

アメリカの健康情報サイト「ウェブMD」によると、犬は体温が39.4度以上となった場合、発熱しているとされるそうです。

16. 私たちと同じ。わんこもを見ます

Ирина Мещерякова / Getty Images

睡眠中は、人間の脳も犬の脳も似たような働きをします。

どちらも、睡眠中に似たような徐波睡眠と急速眼球運動睡眠(レム睡眠)が見られます。

レム睡眠中、犬は人間と同じように夢をみることがあります。

寝ている愛犬が足を動かしたりピクピクさせたりしていたら、おそらく夢をみているのでしょう。

この記事は英語から翻訳・編集しました。  翻訳:松丸さとみ / 編集:BuzzFeed Japan