back to top

100年前と今で驚くほど違う身近な14のもの

なんでバイブが泡立て器みたいな形をしてるの?なんで スモックで泳いでたの?

1.

1900年代初めのパグはちょっと鼻が長かったのです。パグやフレンチブルドッグなど似た犬種を交配し、鼻と足は短く、胴体がずんぐりとした体型になりました。このような体型変化の結果、多くのパグが呼吸困難を起こすようにもなったのです。他にも姿の変わった犬は多くいます。一覧はこちらから。

広告

4. 水着

何を隠そうこれは水着です。ビクトリア朝時代とエドワード朝時代の女性はキャップスリーブ付きの長く分厚いウール製の服、さらにブルマーやストッキングを身につけて水泳をしていました。隣の写真は2017年、ニューヨークのアンドリュー・シュナイダーがデザインしたソーラーパネル付きビキニです。これは日光浴をしながらiPhoneの充電ができるというすぐれもの。

5. バイブレーター

初期のバイブレーターは左の写真のような手回し式で、健康器具「女性のヒステリー」や「子宮のずれ」に効くと広く宣伝されていました。中には、肌をきれいにするフェイスマッサージャーを謳ったものも。現代のハイテクバイブレーター(画像のLelo Tianiなど)は充電式で、手首が痛くなることはありません。

7. クルーズ船

royalcaribbean.com

画像は2016年の巨大客船アリュール・オブ・ザ・シーズと、1912年の出港時点で世界最大の船だったタイタニック号。タイタニック号の乗員は最大2435人。対するアリュールは最大6296人。1380人収容の劇場やダンスホール、プール、スケートリンク、さらにはスターバックスまであります。アリュールは出港してすぐ沈むことはありません。

広告

8. バイク

左側の画像はバトラー・ガソリン・モーターサイクル(記録上初めてmotorcycleという語が使われた例)。1800年代後期にイギリスのメリーウェザー・ファイア・エンジン・カンパニーが製造したもので、ガソリンエンジンと3つのタイヤを備えています。当時の法定速度は都市部で時速約3.2km、田舎では時速約6.4kmでした。右側の画像はホンダが開発した自動運転バイク。未来に生きているって感じですね。

9. 飛行機

初期の飛行機開発は、一言で言えば「翼をたくさんつけて祈る」というものでした。左側の画像のフィリップス・マルチプレーンの飛行機もその一例です。初めて空を飛んだライト兄弟の飛行機にはたった2枚の翼しかありません。これが正解だったんですね。右の画像は音速以上での飛行が可能になった現代の飛行機。翼がたくさんあってもこれは無理でしょう。

10. 迷彩

第一次世界大戦時の迷彩はごく初期段階にあり、かなり素朴なものでした。左側の画像のような白と黒のストライプ模様の迷彩は「ダズル」迷彩と呼ばれ、姿を完全に隠すというよりは狙いを定めにくくするために作られました。私たちになじみのある現代の迷彩(カウンターシェイディング、右側)は、第二次世界大戦時にようやく現れました。

12. ベビーカー

ベビーカーは1772年、ウィリアム・ケントによって発明されました。それまでは、子どもは布で吊り下げるかクレイドルボードを使って運んでいました。発明後まもなく、ベビーカーには装飾がつけられるようになっていきます。画像は1899年の編みかごベビーカー。ベビーカーは地位を象徴するものだったのです。右側の画像は2017年アストンマーチン製ベビーカー。小売価格は3000ドル!今も昔もベビーカーは地位を象徴するものなんですね。

広告

この記事は英語から翻訳・編集されました。

Sponsored