Reporting To You X

worklifejp

worklifejp

男性たちは「育休」について、どう考えておいたほうが良いのか。

小泉進次郎議員が「育休」を取得するか注目される中、元衆議院議員の宮崎謙介氏も議論に参加した。

【今さら聞けない】ダイバーシティ・インクルージョンってお金になるの? 5分で説明します

「ダイバーシティポリコレ疲れ」になるのは、あの視点が足りていないから。

"夢の国"だと信じた日本で見せた悔し涙。留学生の彼女に学校は「事実無根」

「以前は、日本から一刻も早く離れたかったです」

歓送迎会での嫌がらせも、就活セクハラもNG。ILOのハラスメント禁止条約って?

「批准するかどうかは各国の主権が重要視されています」

「 #私はこんな仕事がしたい 」のイラストがどれもこれも素敵すぎる!

クリエイターが本当にやりたい仕事を表現したハッシュタグの情熱がすごい!

はじめての育休入門。9カ月取得した父親が考える3つのメリット

自民党の有志議員たちが、男性の育児休業取得を義務化しようと本格的に動いている。

老後に「2000万円が不足」とした金融庁に高まる批判と社会不安 麻生氏が釈明

国民に老後に備え、自助努力を促した形となり、社会不安や批判が広がっている。

「まさか夫が過労死するとは…」学校教員の長時間労働、その実態。文科省がYouTubeに動画を公開

小学校教員の約3割、中学校教員の約6割が過労死ラインである「月80時間以上」の時間外勤務をしている。

「精神、肉体、経済的に限界」コンビニオーナーら訴え。コンビニ24時間営業の限界

「便利さ」の裏で起きている過重労働の問題に、コンビニの店舗オーナーらが組合を作り、団体交渉を申し入れている。

【朗報】4月から5日間の有給取得が義務化されるよ

働き方改革の法改正により5日間義務化はパートも一部対象に。有給を取らせなかった企業は罰金も。一方で、国際労働機関の定める有給取得基準は3労働週、2週連続…

仕事で溜まった疲れを解消する7つの方法

BuzzFeed Newsが実施したアンケートから「みんなの上手な休み方」をまとめました。

なぜ、10連休は「時代遅れ」なのか

ホテルや高速道路、新幹線の大混雑だけではない。介護や医療はどうなるのか。

「休みが欲しいなら辞めれば?」 上司に言われたヤバい発言8選

BuzzFeed Newsが実施したアンケートから「上司に言われた世代間ギャップを感じた言葉」をまとめました。

電通過労自殺から3年、母が明かした苦悩とは

「世界がどんなに変わろうとまつりの苦しみは消える事はなく、まつりは人生をやり直す事はできません」

「子どもが生まれたくらいで休むな」 ブラック企業大賞、社員がその実態を証言

クイズに正解しないと有給が取れない「有給チャンス」というパワハラも。

今年のブラック企業大賞に「三菱電機」 財務省やあの大企業も

モンテローザや野村不動産など9団体がノミネートされていた。

上司に「自分で子育てしたい」と言ったら驚かれた。退職後、とことん本音をぶつけてみたら

「世代に関係なく、この仕事だけは誰にも渡したくないという欲や野心って、あると思うんですよね」

社内の「世代間ギャップ」に苦しむ20代女子のリアル

上の世代からのマウンティングばかり。たとえ、仕事が好きでも…

本当にあった!上司と世代間ギャップを感じた言葉8つ

BuzzFeed Newsが実施したアンケートから「上司に言われた世代間ギャップを感じた言葉」をまとめました。

日本人の残業は、平成のあいだ増えていた

「24時間戦えますか?」から30年経ったが…

えっ…日本人の生産性低すぎ…? 47年連続G7で最下位に、その理由は

アメリカの3分の2の生産性。OECD加盟国でも20位だ。

なぜ社員がお互いの年齢を明かさないのか。ある社長の思い

「フラットな組織風土」をめざす背景には、法律よりも高い倫理基準があった。

日本人の有休取得率、3年連続で最下位に… なぜ休めないのか?

上司世代が有給取得に非協力的な実態も明らかに。

あの有名企業や居酒屋も。「ブラック企業大賞2018」にノミネートされた9社とは

三菱、日立、スルガ銀行、野村不動産、そして財務省など……。

「二度と政治に戻るな」とバッシングされた夫婦が「男女育児機会均等」を提唱する

男性の育休宣言、不倫報道、公用車での保育園送迎......バッシングを浴びた政治家夫婦が、表舞台に戻ってきた。

これから家族になる2人 一緒に探した理想の家庭像

仕事だけでなく、結婚や育児も含めた「ライフキャリア」を意識しはじめたのは、就職活動がきっかけだった。

討論のネタはちょっとした「イラッ」。あの情報番組の裏側と3人の女性

フジテレビ「ノンストップ!」の討論を企画する3人の女性の働き方に密着した。

「セクハラに声をあげた僕は、プロデューサーに干された」男性たちが語るマスコミの実態

男性記者やディレクターが見た「#MeToo」のうねり。メディアは変わるのか

記者を夢見る女性たちが、セクハラ問題で感じたこと

入り混じる不安と勇気。背中を押す「#metoo」の声とは

特ダネのためにすり減った私。記者たちの #MeToo

傷ついても取材に通い続けたことが、セクハラを再生産してきたのかもしれない。

上司の「いじり」で自殺未遂も。無意識のうちに新入社員を追い詰めていませんか?

いじりは感染します。いじりはハラスメントになりえます。

PTAという「国家的組織」に組み込まれる親 あきらめる前に知っておくべきこと

PTAは、社会教育組織としても地域組織としても日本最大規模だ。

仕事と育児の両立に消耗したらーー ある夫婦の決断は、移住だった

スウェーデンで暮らす家族に話を聞きました。

産後1カ月の女性が都議会に復帰。"普通の人"が議員になるためには...

家族の病気や介護による欠席も認められることになった。

過労死した娘は、結婚を控えていた。奪われた記者の命とその未来

31歳だった彼女は、なぜ亡くなったのか。NHKの長時間労働の実態とは。

back to top