Reporting To You X

Utilizamos cookies, próprios e de terceiros, que o reconhecem e identificam como um usuário único, para garantir a melhor experiência de navegação, personalizar conteúdo e anúncios, e melhorar o desempenho do nosso site e serviços. Esses Cookies nos permitem coletar alguns dados pessoais sobre você, como sua ID exclusiva atribuída ao seu dispositivo, endereço de IP, tipo de dispositivo e navegador, conteúdos visualizados ou outras ações realizadas usando nossos serviços, país e idioma selecionados, entre outros. Para saber mais sobre nossa política de cookies, acesse link.

Caso não concorde com o uso cookies dessa forma, você deverá ajustar as configurações de seu navegador ou deixar de acessar o nosso site e serviços. Ao continuar com a navegação em nosso site, você aceita o uso de cookies.

worklifejp

worklifejp

2021年の日本をどう生きる? ウチらZ世代の未来予想図とは

新型コロナの影響で暮らしが大きく変わったいまだからこそ、じっくり考えたい「ジェンダー」「環境」「働き方」のこと。未来をよくするヒントはどこに? 3月6日(土)と7日(日)の2日間、YouTubeでオンラインイベントを生配信します。

管理職が肝に銘じたい一つのこと。「会議では、黙ったほうがうまくいく」

さまざまな世代の人がいる組織では、考え方の違いによって、誤解や軋轢(あつれき)が生まれることがあります。「ジェネレーションギャップ」を「ジェネレーションシナジー」に変えることができた、ある企業の挑戦を聞きました。

「できれば男性を、といまだに言われる」 履歴書の性別欄をなくすことに賛同した、採用のプロの思い

採用のときに性別や容姿による先入観をなくそうとユニリーバが始めた取り組みは、転職支援会社などの協力によって実現した。履歴書から性別の情報をなくす作業は手間がかかるものだったが、なぜ協力することにしたのだろうか。

「自分の人生に代わりはいないから」。新卒でリモートワークをした彼女が苦しかったこと。

コロナ禍でリモートワークの会社が増える中、「部署にいる新卒メンバーに、ほんの少し心を配ってあげてほしい」というツイートに関心が寄せられています。今年の4月に新卒で入社した女性が綴ったものでした。

「まだ辞めてなかったのか」と上司に言われた。育休を取ったお父さんの現実

日本の男性の育休取得率は、2018年度で6.16%と依然として低いままだ。政府は5月末、男性の育児休業の取得率を5年間で30%に引き上げることを目指すと少子化社会対策大綱に明記したが、現場はどのような実態なのか。

未来をつくる仕事のこと、考えてみませんか

「こんな社会で暮らしたい」のために働きたいーー3月24日〜29日、これからの働き方についてとことん語り尽くします。#就活で聞けないリアル がここにある。

「働く人の側に立って考える癖をつけられたら」 人間らしい暮らしを取り戻すためにできること

労働環境の悪化で追い込まれていく家族を描くケン・ローチ監督の最新作『家族を想うとき』。日本の状況に重ねた稲葉剛さんのインタビュー後編では、この状況を変えるために私たちができることについて探ります。

想像以上にブラックだった。教員になった女性が1年で退職した理由。

2020年度以降、プログラミングや外国語など専門性を必要とする授業を行う公立小学校。教員の間では勉強時間が割けないことや労働環境の劣悪さから不安の声が上がっているという。ブラックな実態について元教員が想いを語った。

back to top