Reporting To You X

Utilizamos cookies, próprios e de terceiros, que o reconhecem e identificam como um usuário único, para garantir a melhor experiência de navegação, personalizar conteúdo e anúncios, e melhorar o desempenho do nosso site e serviços. Esses Cookies nos permitem coletar alguns dados pessoais sobre você, como sua ID exclusiva atribuída ao seu dispositivo, endereço de IP, tipo de dispositivo e navegador, conteúdos visualizados ou outras ações realizadas usando nossos serviços, país e idioma selecionados, entre outros. Para saber mais sobre nossa política de cookies, acesse link.

Caso não concorde com o uso cookies dessa forma, você deverá ajustar as configurações de seu navegador ou deixar de acessar o nosso site e serviços. Ao continuar com a navegação em nosso site, você aceita o uso de cookies.

sexedjapan

sexedjapan

生理がめちゃくちゃきついんだけど、これって普通? 専門家に相談してみた

月経前症候群(PMS)や月経前不快気分障害(PMDD)を、当たり前だと思ったり、我慢したりする必要はありません。特にPMDDについてはあまり知られておらず、予想以上に多くの人に影響を与えている可能性があるのです。

パートナーにどう伝える?性交時の痛み。「我慢すればいい」を乗り越えるには

パートナーとの性交時に痛みを感じる。だけど、「我慢すればいい」という思いから、伝えられない。性交痛について発信している情報サイト「FuanFree/ふあんふりー」運営者の小林ひろみさんに、20代の悩みにフォーカスして話を聞きました。

「死と向かい合わせになってほしくない」。がんを経て娘にHPVワクチンを接種させた母が伝えたいこと。

「相手と相手の両親に対して後ろめたくもなる。手放しで喜んでもらえないことも出てくるんじゃないかな。がん友の1人がまさにそう考えて、パートナーと別れていた。そういう姿を見るとね、子どもの健康を願わないわけがないのよ」

話題の「生理用パンツ」はナプキンもタンポンもいらなかった。1年間はいてみてわかったこと

ナプキンで肌がかぶれる、タンポンを使うのが怖い、布ナプキンを使ったことがあるけどモゴモゴする、環境に優しい商品を使いたい、楽に生理期間を過ごしたい、などなど生理がくるすべての人におすすめします!

私のセックス、間違ってる?人に聞けないSEX前に知りたい悩みを解決します

「みんな付き合って、どれくらいでエッチしてるの?」「セックスのきっかけってどうすれば…?」と言った人に聞けない疑問から、コンドームの付け方やAVをどこまで参考にすべきか?など、SEXに関する悩みに答える記事をまとめました。

「付き合ってどれぐらいでセックスするの?」 学校では教えてくれない性教育スタート!

性教育で知りたいことって何ですか?「初めてのsexは1ヶ月以内がおすすめ!」「3回目のデートまではエッチしないようにしましょう!」などネットには本当かどうかわからない情報がたくさん。学校では教えてくれない性教育をすずゆきさんの漫画と産婦人科医のきゅーさん先生こと遠藤周一郎先生が解説します。

とっても大事な場所だから。知っておきたい19の女性の「アソコ」のケア方法

「やりすぎて痛い」「クリトリスが白い」「できものができた」女性器のにまつわる悩みはさまざま。垢の掃除の仕方など基本的なことも含めて、女性器についてあまり語られることはありません。痒みや痛みを防ぐケア方法を、2人の医師に教わりました!

すべての人に知ってほしい、生殖能力と年齢の関係についての事実。

「35歳になったから避妊は不要?」「40代の妊娠する確率は?」「男性も年齢とともに生殖能力が低下?」年齢と女性の妊娠率や生殖能力の関係について、子どもがほしいと思っている人も、そうでない人も、覚えておくべき基本を紹介します。

辛いけどなんか笑える。生理のときの悲惨なあるある

「生理中、ムラムラする」「おならや便意がやばい」「ドロっと経血やお風呂が気になる」など多くの女性にとってしんどい思いをすることも多い、生理。2日目や1日目の大量の血問題や、漏れや腹痛、タンポンやナプキンの匂いなど、失敗や辛い体験など生理のあるあるを集めました。

正しいマスターベーションとは?間違ったオナニーに泌尿器科医が警鐘

「正しい射精のためのやり方がわからない」「毎日してるけど健康に害はない?」「床オナしてると病気になる?」間違ったマスターベイション(オナニー)を続ける治療が難しい病気になってしまうそうです。正しい自慰はどのような方法や頻度なのでしょうか?泌尿器科医の先生に教えてもらいました。

"マスターベーションで死ぬ"は本当なのか  医師は語る「可能性はゼロではない。でも…」

「テクノブレイク」は、長時間のオナニー(マスターベーション)によって、性ホルモンの過剰分泌を引き起こす症状。自慰行為によって死ぬことは本当にあるのか?何が真実で、何が嘘なのか。医師に聞いた。

ピルを飲むのは「ビッチ」だけ? NANAは避妊のために飲んでいた。でも…

「ピルとは中出しされることを予想して避妊のために飲むもの」そういった目的でのみ、低容量ピルは使われる訳ではありません。「生理不順や生理が止まるなどの症状を持つ女性の月経が正常な状態となることを目指す」ことが飲む理由となることも多いのです。これは将来妊娠するためにも重要なため、高校生や中学生であってもピルを飲み症状の改善に役立てることがあります。「経口避妊薬」という名前から、セックスや避妊のイメージだけでない使用を経験した筆者が語ります。

フェラでもうつるって、知ってますか? 性病は風邪と同じ、身近な感染症なんです

性病は風邪と同じ、身近な病気です。梅毒、尖圭コンジローマなどの感染症は、一人ひとりの身近にあるものなんです。実は、フェラにも危険が。フェラチオで喉にうつる性病のクラミジアや淋病もあります。性病をどう予防すればいいのか、厚生労働省に聞きました。

back to top