Reporting To You X

schooljp

schooljp

髪の色が違うから校則違反って、いつの時代のルール? #だって令和だもん

新元号になるんだから新しいことしようって流れ、あるよね。学校のルールも何とかできないのかな? なんていうか、令和なんだし......

誰もが「こんな学校は嫌だ」と思うヤバい校則14選

学校でガムを噛んだら、罰金25ドル(約2700円)。

スポーツ界のハラスメント。トップ選手よりひどい暴力指導が、部活にはびこっている

「スポーツの世界は仲間意識が強いうえに、進学や就職にスポーツの成績が影響することがあり、告発するなという圧力につながります」

下着を没収され...。学校で理不尽な指導を受けた人が9割いる。

「学生らしさ」のイメージは、生徒の健康を害してでも守るべきものでしょうか?

ヤンキーのパシリだった僕は、ただ生まれ変わりたかった。

不登校や引きこもりの生徒のための学習塾「キズキ共育塾」を立ち上げた安田祐輔さん。今ならわかることがある。

僕たちは校則を守りたくないわけじゃない。でも...... #先生に届け

誰のため、何のために、下着の色まで決められているの?

自ら命を絶った9歳の少年。彼はゲイだとカミングアウトしたばかりだった。

「学校が始まってたったの4日で、息子は命を絶ちました。クラスでどんないじめを受けていたのか、私にははっきり想像できます」

「校則一揆」のススメ。くるぶしソックス禁止のルールに高校生が物申す

自分たちが守るルールは自分たちが決めていい!

はみ出したって生きられる 子供たちを救うのは学校の外の世界の情報

松本俊彦さんインタビュー最終回の第3弾は、学校の外の世界に目を向けることの勧めと援助者へのアドバイスです。

「ブラック校則」が子どもを殺す。学校で悲劇を繰り返さないために

学校生活をより良くするためにあるはずのルールが、生徒の命を奪った。

不登校を恐れるな 誰かとつながっていればいい

夏休みが終わる頃は子供の自殺が増える時期。精神科医、松本俊彦さんのインタビュー第2弾は、見えづらい自殺のサインと周りの関わり方について伺いました。

君の話を聞かせてほしい 死にたくなるほどつらいのはなぜ?

夏休みの終わりと2学期のはじまりは子供の自殺が増える時期。死にたいほどつらい気持ちと向き合ってきた精神科医、松本俊彦さんのインタビューです。3回にわたりお届けします。

「白の下着は透けない」って本当? 下着屋さんが言わずにはいられなかったこと

本当に透ける下着の色とは、どのような色なのか。下着屋さんが実際に検証しました。

ホリエモンが校舎のない学校「ゼロ高」を開校する 「これからの時代、座学より行動だ」

実業家の「ホリエモン」こと堀江貴文さん。多岐にわたる分野の第一線で活躍するプロフェッショナルたちから、最先端の技術や知識を学べる学校「ゼロ高等学院(通称:ゼロ高)」を10月に開校する。

学生の夏休みあるある

また今日もそうめんかよ。。。。

「生理は病気じゃない」教員の対応を描いたマンガが話題

人の痛みを理解することに、男女は関係ない。

生理中の水泳の授業 産婦人科医として考えた

医学的に可能でも、とにかく強制は厳禁です

「スマブラが強いってことはヒーロー」不登校のT君と僕の友情

スマブラが強いってことは、それだけでヒーローなのだ。

あの日の僕や君を救いたかった。「生と性」を小学生に教えた担任の2年間

それは「自分の人生の主導権を他人に渡すな」ということ。

先生はゲイ。でも、子供たちはそんなことどうだっていい。

「MR GAY WORLD」はゲイ男性のミスターコンテスト。審査では外見だけでなく知性やリーダーシップなどが評価されます。

私は友達じゃなかったんだ。いじめられっ子が過去と決別したマンガが話題

そこで初めて気づいた。そっか、私は友達じゃなかったんだ。

下着の色を指定するブラック校則、国会で話題に 林文科相は「大変驚いている」

「児童生徒や保護者が何らかの形で参加した上で決定するのが望ましい」と明言した。

「ルールとはなんだろう」と問いたい "ブラック校則"の経験者は少なくなかった

行き過ぎた校則と指導の実態調査の結果(速報値)が発表された。

6人に1人が中学で「下着の色」を決められていた。“ブラック校則"実態調査でわかった9つのこと

中学時代に校則で「下着の色」が決められていた人は、6人に1人。男性教員にチェックされたという女性もいました。

「黒染め強要は人権侵害」池上彰さん、増田ユリヤさんが語るブラック校則の問題点

偏差値、道徳教育、ブラック校則。画一的な教育の問題点とは。

PTAという「国家的組織」に組み込まれる親 あきらめる前に知っておくべきこと

PTAは、社会教育組織としても地域組織としても日本最大規模だ。

茶髪で生まれた女子高生 黒染めを強要された彼女と母の行動

担任の主張は「市の決まり」。2人は、そんなものはないと証明した。

「え...これは...地毛...」ブラック校則といじめを描くマンガがTwitterで話題

ブラック校則だけでなく、いじめや差別へのメッセージも込められている。

学校で教えてほしかった、人生で本当に大事なこと

知っていたら、あのとき悩まなかったかもしれない。

なぜ私たちは校則を守らないといけないの? 「黒染め強要問題」から考える不合理さ

そもそも校則とは何なのか。憲法上の権利を侵すものって、何なのか。

下着の色指定や水分補給の禁止。プライベートまで干渉する「#こんな校則いらない」

行き過ぎた「校則やルール」をつぶやいてもらいました。

橋の下で子どもたちに勉強を教えてきた、とある先生の話

「橋の下の無料学校」は、200人近くの恵まれない子供たちの教室だ。

「#こんな校則いらない」と思うものは何ですか?と尋ねたら…

今考えてもいらない、おかしいと思う校則(ルール)を尋ねた。

過労死ラインを超えた教師たち。背景に「過剰要求」? 親たちには何ができるのか

部活動、授業準備、採点、添削、事務作業......1日11時間以上、学校にいる先生も。

給食に救われる子どもたち たった15分の昼食時間が格差社会を表している

「給食の食べ方で、その子がどんなにおなかを空かせているかがわかるはずなんです」

PTAの伝統 ベルマークを集める単純作業 実は貼らなくてよかった

ベルマーク教育助成財団が模索するデジタル化。それでも紙を残す理由。

「サラリーマン教師」じゃダメですか? 無駄な忙しさに疲弊する小学校教諭のつぶやき

子どもたちをのびのび育てたい。そんな目標を掲げる教員が、忙しさに追われている。業務効率化とはほど遠い現場で、何が起きているのか。

back to top