Reporting To You X

Utilizamos cookies, próprios e de terceiros, que o reconhecem e identificam como um usuário único, para garantir a melhor experiência de navegação, personalizar conteúdo e anúncios, e melhorar o desempenho do nosso site e serviços. Esses Cookies nos permitem coletar alguns dados pessoais sobre você, como sua ID exclusiva atribuída ao seu dispositivo, endereço de IP, tipo de dispositivo e navegador, conteúdos visualizados ou outras ações realizadas usando nossos serviços, país e idioma selecionados, entre outros. Para saber mais sobre nossa política de cookies, acesse link.

Caso não concorde com o uso cookies dessa forma, você deverá ajustar as configurações de seu navegador ou deixar de acessar o nosso site e serviços. Ao continuar com a navegação em nosso site, você aceita o uso de cookies.

medicaljp

medicaljp

新型コロナワクチン、「感染予防効果なし」は誤り。ワクチンの効果、副反応について専門家に聞きました

感染予防効果、発症予防効果、重症化予防効果について現段階で確かと言えることとは。1月23日にモデルナの新型コロナワクチンを接種した峰宗太郎医師に話を聞き、ファクトチェックした。

Yuto Chiba 13分前

なぜ突然、大麻「使用罪」創設の議論が始まった? 薬物依存症の専門家に裏表を聞きました。

世界で非犯罪化が進む大麻ですが、日本では新たに「使用罪」を設け、取締りを強化することが検討され始めました。どんな狙いがあるのでしょう? 有識者会議の構成員で、薬物依存症の専門家、松本俊彦さんに聞きました。

Naoko Iwanaga 3時間前

大江戸線の集団感染「洗面所の蛇口が原因か」はミスリード。専門家も「考えづらい」と指摘

都営大江戸線では運転手ら39人の新型コロナウイルス感染者が判明。早朝勤務に備え宿直し、浴室や洗面所、飲食スペースなどを共有していた。歯磨き時の唾液が蛇口についていたとする見方を伝える報道が相次いだが、これはミスリードだ。

Kota Hatachi 4時間前

政府批判は仕方ない。でもワクチン不安は煽らないで。三原じゅん子副大臣がメディアの煽り報道に苦言

新型コロナウイルス対策で期待がかけられながらも、メディアによって不安を煽る報道が始まっているワクチン。かつて日本ではHPVワクチンで恐怖を煽り、接種率が激減する失敗を経験しています。私たちは今、このワクチンとどう向き合うべきなのでしょう。

副大臣、HPVワクチンはいつ積極的勧奨を再開するのですか?

厚労省が積極的勧奨を差し控えて7年7ヶ月となるHPVワクチン。昨年は9価ワクチンの承認、男性接種への拡大と色々ありましたが、接種率の回復はまだまだです。三原じゅん子副大臣にこのままでいいのか聞きました。

女子高生100人調査「コロナワクチン、6割超受けたくない」記事に批判殺到。毎日新聞などが掲載→削除

批判を浴びたのはオリコンニュースの記事。女子高生100人に対し、「コロナウイルスのワクチンが日本で利用可能になった場合、早期に接種を受けたいですか?」とのアンケートを取ったもので、ワクチンの不安や副作用を煽るような内容であるとして批判を浴びていた。

いのちのかけらを五行歌にとどめて 「指導死」で失った息子のことだけは詠えない父の挽歌

いじめや教師の虐待に苦しむ子どもや、追い詰められた末の自死で子どもを失った親の悲しみを詩に書く父親がいます。次男を自死で失ったその父親、大貫隆志さんになぜ詩を書くのか、お話を伺いました。

日本医学会連合が新型コロナ入院・検査拒否への罰則に反対声明 感染症法等の改正検討

新型コロナの感染者が入院や検査を拒否した場合などに罰則を設ける法改正が検討されていますが、日本医学会連合や日本公衆衛生学会、日本疫学会が、ハンセン病や結核、エイズの人権侵害の歴史を踏まえ、反対する声明を出しました。

「緩い対策だと4月半ばに3回めの緊急事態宣言」 8割おじさん、新シミュレーションでデータに基づいた政策決定を呼びかけ

今回の緊急事態宣言は効果が出るのか意見が分かれる中、理論疫学者、西浦博さんは、「緩い対策ではすぐに元どおりとなる」として新しいシミュレーションを公開。データに基づいた政策決定を求めています。

緊急事態宣言、緩すぎるか? 「人は感染対策だけでは幸せになれない。生活にも目配りを」

緊急事態宣言が出てから、「遅過ぎた」「期間が短過ぎる」「緩すぎる」「医療体制が非効率的」など様々な批判が相次いでいます。感染対策の専門家はどう見るか。岡部先生に再び聞きました。

「飲食店だけに対策をやるのか、答えはNoです」 新型コロナ分科会、尾身会長が緊急事態宣言について要望したこと

尾身会長は飲食の場を介した感染対策に注力することは重要としつつ、それ以外の外出自粛などを要請することで「人々の接触、5つの場面をなるべく抑えることが重要」とコメントしている。

緊急事態宣言が効果を上げるか鍵を握る2つの変化 8割おじさんを悩ませる変数

前回の緊急事態宣言で、理論疫学者の西浦博さんは「人との接触8割減」を打ち出しました。今回、そのようなわかりやすい数値目標を示せない理由として、2つの大きな変化を挙げています。効果の鍵を握る2つの変化とは?

「飲食店の制限だけでは1ヶ月で感染者は減らない」 8割おじさんが厚労省“非公開”のシミュレーションを公開

7日にも正式決定する緊急事態宣言。政府は飲食店などの制限に限定する考えを示していますが、それに待ったをかけるのが「8割おじさん」こと、理論疫学者の西浦博さんです。西浦さん作成のシミュレーションを元に単独インタビューしました。

【後編】新型コロナ、BuzzFeedはどう報じたか? PCR検査の誤解、貧困の増加、そして再びの感染拡大へ

新型コロナウイルスの流行が長引き、困窮者が増え、人間関係もギスギスすることが増えました。感染対策にも飽きてきたこともあり、再び感染拡大の危機が迫っています。どうか今年だけは静かに、元気に年末年始を過ごしましょう。

感染拡大でも続く政治家の会食、食い違うメッセージ… 尾身会長がリーダーに願うこと

「一般の人々がどういう思いで、この大変な何ヶ月をくぐり抜けてきたのか。少しでも想像してもらえれば、分かるはずだと思うんです。政治家が大人数で会食をしていることを聞いてしまうと、多くの人はちょっとがっかりしますよね」

HPVワクチン 男性接種を厚生労働相が承認

これまで女子のみの接種が承認されていたHPVワクチン。厚生労働相は12月25日、男性接種と肛門がんへの適応拡大を承認しました。これで男性も副反応があった場合に公的な補償を受けられるようになります。

医療機関のために何かをしてほしいとは思っていない。でも… クリスマスにコロナ治療最前線の専門家が願うこと

聖路加国際大学の坂本史衣さんは、人々に何を願うのか。「医療現場の負担を減らすために感染予防をしてほしいのではなく、やっぱり皆さんには健康に過ごしてもらいたいんです」

「よくやってるよ、エライとコメントください」 認知症がある男性がFBで呼びかけたわけ

認知症の当事者活動の第一人者、佐藤雅彦さん。最近、FB友達に弱音をはいてあることを呼びかけました。コロナ禍で誰もが「できないことが増えた」と感じている今、私たちはこんな言葉をかけ合うことが必要ではないでしょうか?

緊急事態宣言は必要ですか? 増え続ける新型コロナ感染者に最後の切り札を切るべきか

「勝負の3週間」後も増え続ける新型コロナウイルスの感染者。飲食やおしゃべりなど感染拡大しやすい場面を避けるように訴えてきた公衆衛生の専門家が、「緊急事態宣言」について検討や議論をすべきと語り出しました。

感染拡大続く東京では忘年会・新年会は見送りを。「勝負の3週間」を終え、尾身茂会長が語ったこと

新型コロナの感染拡大を食い止めるための「勝負の3週間」が終えた中、一部の地域では感染拡大が続く。新型コロナ分科会の尾身茂会長は東京などの感染拡大地域での忘年会、新年会の見送りを訴えた

アフターピルの処方箋なしの薬局販売 産婦人科学会理事長が反対表明「いろんな条件がまだ、成熟していないのではないか」

薬局での処方箋なしでの販売が検討されているアフターピルについて、日本産科婦人科学会の木村正理事長は「いろんな条件が成熟していない」と反対の姿勢を明らかにしました。犯罪への悪用への懸念や薬剤師の知識不足を挙げています。

正月返上で、家族にも会えず働く医療者がいる。だから、せめて…尾身会長が心から願うこと

政府の「新型コロナウイルス感染症対策分科会」は12月11日、特に流行が著しい地域について、「勝負の3週間」後も歯止めがかからない場合は、Go Toトラベルの一時停止や時短営業の繰り上げなどの対策強化を求めました。

HPVワクチンの二の舞にならないように  分科会 新型コロナワクチンでリスコミの仕組み提言

「新型コロナウイルス感染症対策分科会」が11日に開かれ、海外では接種も始まったワクチンについて、HPVワクチンのような問題が起きないようにリスクコミュニケーションの仕組みを作ることで合意しました。

HIVに感染していてもセックスや恋愛を楽しめる 「U=U」キャンペーンサイトがオープン

HIVに感染していても、適切な治療を受けてウイルスを抑え込んでいれば、コンドームなしでもセックスの相手に感染させることはありません。この科学的な事実を知らせるためのキャンペーンサイトがオープンしました。5言語にも対応します。

カキの食べ方「あたりにくい」と不正確な情報拡散。厚労省「それほどリスクは下がりません」

「牡蠣を食べるときは殻に口をつけてズルッとやらず、お箸などで貝柱を外してからパクッと食べた方があたりにくいらしい」という情報が拡散。しかし、専門家は「あたるときはあたります」と指摘している。

HPVワクチン、日本でも男性、肛門がんにも適応拡大へ 厚労省の審議会が適応拡大を了承

これまで日本では女子にしか承認されていなかったHPVワクチンについて、厚労省の審議会は男性接種への拡大を了承しました。12月中にも厚生労働大臣の正式承認を受け、男子の任意接種が可能となります。

ワクチン「良いとも悪いとも言えない段階」 オリンピック「競技だけならできるかも」

ワクチンの専門家でもある岡部信彦さんは、発売前から高い効果が報道されているワクチンについて「まだいいとも悪いとも言えない」と慎重な姿勢です。オリンピックについても流行状況によっては中止もあり得ると語ります。

Go Toトラベルを悪者扱いする必要はない。だが…感染症の専門家が危惧する深刻な事態

全国で感染が拡大し続けている新型コロナウイルス。感染症の専門家は「Go Toトラベルを悪者扱いする必要はない」と言いつつ、もっと強い対策を打ち出すべきだと言います。何が一番危惧されているのでしょうか?

コロナ禍でもHIV検査を受けて 医療者なしで三密を避ける検査プロジェクトがスタート

12月1日は世界エイズデーです。新型コロナの拡大でストップしている保健所でのHIV無料検査。このまま放置してはまずいと、愛知県で医療者なしで、検査結果は自宅に居ながらわかる検査の試みがスタートします。

がん患者の8人に1人が新型コロナで治療や受診を変更 その半分が自己判断

がん患者の8人に一人が新型コロナの感染拡大で治療内容やスケジュールを変更していることが患者支援団体の調査で明らかになりました。経済的に打撃を受けている人も多く、治療の差し控えにつながることも懸念されています。

「芸能人のように自分も…」相談窓口には切実な声 7月19日と9月27日に自殺者が急増した理由

どうにか生きることに留まっていた人たちを相次ぐ自殺報道が自殺の方向へ後押ししてしまったのではないか。いのち支える自殺対策推進センターの代表理事を務める清水康之さんが、報道陣を前に驚くべきデータを発表した。

かかりつけ医が見分けてくれた「いつもと違う咳」 新型コロナ時代の上手な医療のかかり方

新型コロナウイルスの流行で、必要な受診や検診をためらう人が増えています。感染経験がある赤江珠緒さん、上手な医療のかかり方大使のデーモン閣下が登壇した厚労省のオンラインイベントを取材しました。

除菌液のミストシャワー、「健康に害も」「人体への噴霧は不適切」 体操大会の感染対策に厚労省や保健所が苦言

WHOや厚生労働省は除菌液などを空間噴霧することについて眼や皮膚への付着や吸入による健康影響を考慮し、除菌液の空間噴霧を推奨していない。なぜ、こうした感染対策がとられたのか。

本格的な冬到来を目前に控え、再び感染拡大する新型コロナウイルス 「増えた時は早めに減らす努力が必要」

全国で再び感染が拡大している新型コロナウイルス。Go Toトラベル、Go Toイートというリスクの高い行動を促す経済政策が打たれる中、私たちは何に気をつけて生活したらいいのでしょう? 公衆衛生の専門家に聞きました。

「もうちょっと生きたかった」「みんなのそばにいたかった」 二人の娘を遺して子宮頸がんで亡くなった妻の想い

日本では子宮頸がんで毎年3000人が亡くなるのに、その悲しみは表に出てきません。子宮頸がんで亡くなった妻はなぜ最後まで治療を諦めなかったのか。何を願っていたのか。遺された夫と6歳の双子の娘たちにお話を伺いました。

インフル予防接種、どうせうつなら一緒に“いいこと”しませんか?「+500円」の寄付に共感広がる

「インフル予防接種、本当は家族全員うちたいけど金銭的に子どもだけが精一杯…」そんなひとり親家庭に、この冬ワクチンをプレゼントしませんか? 東京・渋谷区のマーガレットこどもクリニックが患者さんから患者さんに優しさがつながる取り組みを始めました。

「感染を申告されたらトップは感謝のメッセージを」 ゼロにできない新型コロナのリスクをどう減らすか?

「コロナ疲れ」もあるのか全国で感染者が増える中、働く人の健康を守るために産業医は何ができるのでしょうか? コロナ対策が労働者の心の健康や仕事のパフォーマンスに与える影響についても聞きました。

重度障害があっても安心して自立生活を送るために 障害者と共に戦う弁護士集団はなぜ作られたか?

重度障害者が地域で当たり前に暮らすために必要な公的介護。時に行政に却下される介護要請を認めさせるために障害者と共に戦う弁護士集団がシンポジウムを開きます。代表の藤岡毅さんに活動に込めた思いを聞きました。

HPVワクチン接種者が増えて不足する事態に 自治体の個別通知が増えたのが後押しか?

HPVワクチンをうちたい人が増えていることで、不足する事態も出てきていることがわかりました。製薬会社は出荷量を増やしていますが、それでも追いつかず、厚労省は医療機関にうち方を調整するよう要請しています。

HPVワクチン個別通知スタート  国のねじれたメッセージがもたらす現場の混乱

HPVワクチンは、対象者に個別にお知らせを送る方針が決まりましたが、「積極的には勧めない」という国の方針は残されたまま。保健所が接種医療機関や対象者にわかりにくいお知らせを送り、現場に混乱を生んでいます。

「死と向かい合わせになってほしくない」。がんを経て娘にHPVワクチンを接種させた母が伝えたいこと。

「相手と相手の両親に対して後ろめたくもなる。手放しで喜んでもらえないことも出てくるんじゃないかな。がん友の1人がまさにそう考えて、パートナーと別れていた。そういう姿を見るとね、子どもの健康を願わないわけがないのよ」

back to top