Reporting To You X

medicaljp

medicaljp

SNSで拡散されている「キャベツ枕」を医学的に検証してみました。

Yasumi Morito • 30分前

効果の定かでない"免疫療法"に騙されないために知るべきこと

ドラマ「コウノドリ」のモデルにもなったあるNICU。ここで命を終える赤ちゃんは少なくない。医師は赤ちゃんにこう語りかける。「生き切ったね」と。

Akiko Kobayashi • 6時間前

最初はしんどかったものの、今では走ることを楽しんでいます。

このまま放置していたら、毎年、本来予防できたはずの5000人前後が子宮頸がんになり、1000人前後が死亡するかもしれません。

足りなくなるなら、緊急輸入は考えられないのでしょうか?

本気で自分のことを心配してくれる人の言葉が引き戻してくれた

10月13日(土)、14日(日)の2日間、「LGBT医療福祉フォーラム2018」が東京で開かれます。

厚生労働省の「上手な医療のかかり方を広めるための懇談会」委員になりました。読者のみなさんと意見交換しながら、会議に参加します。

心と体の性が一致しない次女、ヒカリと私に与えてくれた希望

「“ありがとう”と言うばかりになって、“ありがとう”と言われなくなると、“いつもごめんね”になっていく」

熊谷晋一郎さんインタビュー最終回は、スティグマを強め、互いに強化する社会から脱し、当事者の等身大の経験や思いに耳を傾ける必要性を語ります。

免疫療法は夢の万能薬ではありません。保険で受けられるものを選んでください。

「中華料理店シンドローム」信じている人、まだいませんか?

熊谷晋一郎さんインタビュー第3弾は、杉田水脈議員の言葉が一部の人に賛同され続けている背景にある日本の空気について考察します。

妊娠中に風疹にかかり、三女が難聴を抱えることになった母が、大流行の兆しに立ち上がります。

頼りになりそうで、かえって害になるものもあるのでご注意を

障害者が社会に対してあらゆる命の尊重を訴える「みやぎアピール大行動2018」で、杉田水脈議員の「生産性がない」という言葉に批判の声が相次ぎました。

LGBT当事者だけでなく、障害者やがん患者らも抗議の声をあげている杉田水脈議員の寄稿文。障害や病気など、様々な困難をもつ本人が、自分たちの経験を語る言葉を探求する「当事者研究」という取り組みを進めてきた熊谷晋一郎さんに、杉田水脈議員の寄稿はどう響いたのか。第2弾ではさらに踏み込んで分析します。

目的は「広告収入」、「ビジネスチャンス」と判断したという。

LGBT当事者だけでなく、障害者やがん患者らも抗議の声をあげている杉田水脈議員の寄稿文。障害や病気など、様々な困難をもつ本人が、自分たちの経験を語る言葉を探求する「当事者研究」という取り組みを進めてきた熊谷晋一郎さんに、杉田水脈議員の寄稿はどう響いたのか。読んで語っていただきました。

「メリットだけを強調する一部の施設には要注意」

秋冬生まれのお子さんは、アレルギーを発症しやすいことがわかっています。

「政策の話だから」「特定の個人に向けて言ったわけではないから」では片付けられません

なぜ「ダメ。ゼッタイ。」ではダメなのか? 薬物依存者に過剰に厳しい日本の課題について考える2回連載、後編です。

大阪市の日本アトピー協会が北海道胆振東部地震で被災したアトピー性皮膚炎などの人たちに、保湿剤や肌着などを支援している

なぜ「ダメ。ゼッタイ。」ではダメなのか? 薬物依存者に過剰に厳しい日本の課題について考える2回連載、前編です。

バーンアウトしかけた緩和ケア医の経験より

「貧血のせいだから鉄剤が効く」という思い込みには落とし穴があるのです。かえって体調を崩すことも

慣れない環境。周囲の人の理解も必要です。

あなたも「呪いの言葉」をかけていませんか? 憶測で患者の治療について無責任な言葉を投げることがどれほど罪深いか考察した連載、後編です。

重度障害者は皆、病院で一生を過ごしていた時代、人工呼吸器をつけて病院を飛び出し、家族や友人と人生を堪能した男性の実話を、息子が『ブレス しあわせの呼吸』として映画化。息子のジョナサン・カヴェンディッシュ氏にインタビューしました。

憶測で患者について無責任な言葉を投げることがどれほど罪深いか考察した連載、前編です。

東日本大震災で人工呼吸器や在宅酸素を使っている患者を生き延びさせるために走り回った、仙台往診クリニック院長、川島孝一郎さんに様々な方法を聞きました。

確かに喫煙は乳がんのリスクを高める可能性が高いですが、個人が乳がんになった原因は誰にもわかりません

キャンベル先生が問いかけた「性的少数者がふつうに、『ここにいる』と言える社会」を実現するために

不妊の原因は男女半々。検査や治療は二人で協力し合うことが大切です。

樹木希林さん、荒木飛呂彦さん、リリー・フランキーさん、羽生善治さんら著名人20人の言葉。

受動喫煙対策が遅れている日本。国の改正健康増進法、東京都の受動喫煙防止条例が成立した今、国民はたばこの煙をどう受け止めているのか見てみましょう。

「過去の流行のときと同じことを繰り返している」と専門家。

松本俊彦さんインタビュー最終回の第3弾は、学校の外の世界に目を向けることの勧めと援助者へのアドバイスです。

基本的な知識を持つ人ほど、「HPVワクチン接種をすすめるべき」と回答する割合が増えました。

夏休みが終わる頃は子供の自殺が増える時期。精神科医、松本俊彦さんのインタビュー第2弾は、見えづらい自殺のサインと周りの関わり方について伺いました。

夏休みの終わりと2学期のはじまりは子供の自殺が増える時期。死にたいほどつらい気持ちと向き合ってきた精神科医、松本俊彦さんのインタビューです。3回にわたりお届けします。

ワクチンで防げる感染症なのに、再び流行が始まっている。

流行の中心になっている30~50代の男性にワクチン接種を呼びかけた。

食べることと生きることの狭間で納得できる答えを探して

精神科医、松本俊彦さん講演詳報最終回の第3弾では、自傷行為や摂食障害など生きづらさを感じている人が、日常生活をどう乗り切ればいいのか診察室で行なっているアドバイスを伝えます。

精神科医、松本俊彦さんの講演詳報第2弾では、具体的な対応策を伝えます。もう一人の自分と折り合いをつけていく方法も。

特に妊婦は注意が必要だ。厚生労働省は、予防接種の徹底を呼びかけている。

back to top