Reporting To You X

Utilizamos cookies, próprios e de terceiros, que o reconhecem e identificam como um usuário único, para garantir a melhor experiência de navegação, personalizar conteúdo e anúncios, e melhorar o desempenho do nosso site e serviços. Esses Cookies nos permitem coletar alguns dados pessoais sobre você, como sua ID exclusiva atribuída ao seu dispositivo, endereço de IP, tipo de dispositivo e navegador, conteúdos visualizados ou outras ações realizadas usando nossos serviços, país e idioma selecionados, entre outros. Para saber mais sobre nossa política de cookies, acesse link.

Caso não concorde com o uso cookies dessa forma, você deverá ajustar as configurações de seu navegador ou deixar de acessar o nosso site e serviços. Ao continuar com a navegação em nosso site, você aceita o uso de cookies.

medicaljp

medicaljp

日本の新型コロナ死亡率、「1千万分の1」は誤り。致死率も低下する中、「現在の対策は過剰」は本当か?

「現在の日本の新型コロナウイルスは 1/10000000の死亡率です」という誤った情報が拡散している。10月20日時点での日本における新型コロナウイルス感染症による死亡者数は1672人。人口100万人当たりに置き換えると、死亡者は13.2人 / 100万人だ。

一人でも多くの医療者に知ってほしい…そんな思いで作られたYouTube動画がある。「全国に広まってほしい」やさしい日本語って?

日本語に不慣れな外国人などに話す時に使われる「やさしい日本語」。病棟、外来、受付など、病院の様々なシーンでの会話について、やさしい日本語への言い換えのポイントなどをまとめたYouTube動画が作られました。

その日の新型コロナ感染者数に「一喜一憂しないのは無理」 では、何に注目すべき?専門家に聞きました

報道の中でフォーカスされることが多いのはその日、検査で陽性と確認された感染者数の速報値だ。だが、発症から診断までのタイムラグも存在しているため、こうした速報値だけでは実際の感染状況は見えてこない。

17歳未満でのHPVワクチン接種で子宮頸がんを88%減少 がん予防効果を示した論文は世界初

スウェーデンの10〜30歳の女性176万人のHPVワクチン接種歴と子宮頸がん発症の有無を分析したところ、接種した女性では大幅にがんにかかるリスクが減っていることがわかりました。HPVワクチンががんを防ぐ効果を実証した世界初の論文です。

メディアは新型コロナ報道への批判にどう向き合うべきか 本当に必要なのは「公表する情報の制限」ではない?

「偏見・差別に関するワーキンググループ(WG)」構成員にメディア関係者の名前はない。それに対し、一部で疑問の声が上がった。偏見や差別、そしてプライバシーにまつわる問題に対して、メディアはどう向き合うべきか。

分科会は経済重視?政府の方針を追認するだけ? 新型コロナ分科会に関して広がる誤解にメンバーは…

東京を除外した上での「Go To トラベル」のスタート、「Go To トラベル」への東京追加など政府閣僚が分科会開催前に発表する方針。分科会は「政府の方針を追認しているだけなのではないか?」との声も上がるが、実態はどのようなものなのか。

「『産後うつ』は『甘え』です」は危険な嘘 産婦人科医「心に余裕をもって育てられるようサポートを」

「『産後うつ』は『甘え』です」と国政選挙に立候補したことのある人物がツイートし、批判を浴びています。産後に心身が弱っている母親を追い詰めるのは、百害あって一利なし。産婦人科医の宋美玄さんに取材しました。

悲惨さの強調、過度な一般化はなぜ起こる? 難病「潰瘍性大腸炎」を患い生きる男性の願い

安倍首相の辞意表明後、ネット上では難病を抱えながら総理大臣の職務を遂行していたと擁護する声や、難病を抱える者は要職に就くべきではないといった批判が巻き起こった。病気の「悲惨さ」を強調する社会の風潮に、危機感を抱く人がいる。

Go To トラベル、東京追加はまだ早い? 感染拡大すれば「信頼を失う」、新型コロナ分科会が提言した理由

政府が示した「Go To トラベル」キャンペーンへの東京追加、イベント開催規模の制限緩和、大都市の歓楽街における感染拡大防止対策等について議論を行った新型コロナウイルス対策専門家分科会。会見で尾身茂会長が繰り返し強調したこととは。

伊勢谷友介さん、大麻所持で逮捕。誤解と偏見を強めないため、避けるべきセンセーショナルな報道とは

俳優の伊勢谷友介さんが9月8日、大麻取締法違反容疑で逮捕された。もし、自力でやめられない状態にあるならば、再犯防止のプログラムを受け、再起に向けて歩むことが期待される。そうした中、その歩みを阻むことにつながるのがセンセーショナルな報道だ。

コロナが日本人の休みの取り方を見直すきっかけに? 新型コロナ分科会、尾身茂会長が問題提起

尾身茂会長は新型コロナウイルスの感染拡大で「新しい生活様式」に移行することが求められている現在の状況を1つの契機として、これまでとは違う「新しい会食のあり方」を考える必要性を強調。そのため、提言の1つ目の柱には「新しい会食のあり方を考える機会」というメッセージが盛り込まれている。

「低気圧の時は頭痛がひどい」「寒い季節は関節が痛む」 天気の変化に伴う「気象病」はどこまで解明されているのか?

低気圧になると頭痛が悪化する、寒い季節には関節が痛むーー。天気の変化にともなう不調は「気象病」とも「天気痛」とも呼ばれていますが、どこまで解明されているのでしょう。研究者や医療者に対処法も聞きました。

新型コロナ外出自粛の呼びかけ 刺さるのは、専門家でも知事でもなく「現場の医師」のメッセージ

新型コロナウイルスの緊急事態宣言下で盛んに呼びかけられた「外出自粛」のメッセージ。人の心を動かしたのは、知事でも専門家でもなく、コロナ病棟で必死に患者を救っている医師たちの言葉であることがわかりました。

命を守るHPVワクチンを知ってほしい 産婦人科医、小児科医、公衆衛生の専門家らがプロジェクト「みんパピ!」を始動

世界で日本でだけ接種率が1%未満と極端に低いHPVワクチン。最新の正確な情報を伝えて、命を守る手段を知ってもらおうと、産婦人科医や小児科医たちが啓発プロジェクト「みんパピ!」を立ち上げました。

子どもはかかりにくいと言うけれど… 小児科専門医が世界中の研究を調べ尽くした「子どもと新型コロナ」で気になる8つのポイント

新型コロナ、子どもはかかりにくいと言われていますが、そうは言っても心配です。どんなことに気をつけて生活したらいいか、よく聞かれる8つのポイントについて小児科専門医がお伝えします。

現在の感染拡大は第2波?大臣は「政府として定義しているわけではありません」と繰り返しコメント

新型コロナウイルス感染症対策専門家分科会の会見では、今の感染拡大は「第2波と捉えて良いのか」という質問も。政府は第2波襲来を明言していない中で、西村康稔経済再生相、国立感染症研究所・脇田隆字所長がその定義についてコメントした。

重症者はなぜ少ない?2類感染症から外すことはあり得るか… 新型コロナ分科会の専門家が会見で語ったこと

イベントの開催制限、偏見・差別に関するワーキンググループや在留資格を持つ人の再入国について、そして感染法上の措置について議論を行った新型コロナ分科会。感染症法上の扱いについて、メリット・デメリットの整理を始める意向を示した。

「記者は気持ちいいかもしれないが…」新型コロナの速報合戦、専門家分科会メンバーが批判

「陽性者や感染者に関する個人情報の公表とその報道は、新型コロナのまん延防止に役立つものだけで十分ですよねという合意を得たい」と語る武藤香織教授。新型コロナウイルス収束に向けて、今、本当に必要とされている報道のあり方とは。

期待が集まる新型コロナワクチン…でも、「理想的なものはない」。新型コロナ分科会、尾身会長が語ったこと

「今回のワクチンの安全性、有効性については科学的にはわからないことばかりと言ってもいいくらい不確実性がある一方、国民の期待は極めて大きいことから正確な情報を国民の皆様に伝えることが重要だと、かなり強調して伝えています」

なぜ感染者の職業を公表?市区町村まで明かされるケースも… 新型コロナ分科会メンバーが問題視する情報公開のあり方

内閣官房新型コロナウイルス感染症対策分科会の中に、差別や偏見など人権の問題に取り組む新たなワーキンググループが組織されようとしている。感染拡大防止のため、公表すべき情報とはどのようなものなのか。

政府は200万人分を備蓄、首相の「鶴の一声」求める声も… アビガンめぐる議論に、研究現場や専門家は何を思うのか

新型コロナ治療への活用へ期待が集まる「アビガン」。臨床研究を行っていた藤田医科大学は統計的な有意差を得ることができなかったと発表し、研究を終えた。これまでの経緯を振り返り、研究責任者・専門家に話を聞いた。

おやつで入所者死亡で逆転無罪が確定 介護中の事故に詳しい法学者はどう見たか?

特別養護老人ホームでおやつのドーナツを食べた直後に入所者が意識を失い、その後死亡した事案で、刑事責任を問われた准看護師が控訴審で逆転無罪となり、検察側は上告を断念しました。介護中の事故の法的責任について詳しい法律学者はこの裁判の影響をどう見ているのでしょうか?

ソフトバンク、なぜ無症状の社員にPCR検査?専門家「保健所がやってほしいと思う検査をやってください」

従業員を対象に唾液を用いたPCR検査を試験的に開始し、検査を希望する自治体や法人などに対して、実費負担だけで唾液PCR検査を提供できる環境整備も進めていくとの方針を示すソフトバンクグループ。より実効性のあるものにするために、疫学専門家が提案するプランとは。

LINEヘルスケアは第2の「WELQ」か。背景には収益化への過剰なプレッシャー?医師はサービスを問題視

医師が相談者に「死ぬのが正解」「低レベル」といったメッセージを送った問題で注目を集めたLINEヘルスケア。この問題は規約に違反した医師だけの問題なのか。取材の中で見えたのは、サービスの構造的な課題と収益化へのプレッシャーだ。

新型コロナ分科会、尾身会長が「うがい薬で感染対策」にコメント。 「しっかりとした検証があってからの判断だと思います」

医療関係者から批判が相次いでいる、殺菌効果のあるポビドンヨードが含まれたうがい薬で新型コロナウイルスへの感染が少しでも抑えることが期待できるという大阪府・吉村知事に発表。この件について、尾身会長が質問に回答した。

コロナ急増の先進国は米国と日本くらい? グラフが拡散→「ミスリード」と指摘相次ぐ、専門家の見解は

グラフをシェアしたのは、内科医でNPO法人「医療ガバナンス研究所」理事長の上昌広医師。日本は棒グラフ、ほかの国は折れ線グラフで示されているが、一見すると日本の新規感染者数が諸外国を超える勢いであるように見える。

「うがい薬は新型コロナの予防に?」WHO「いいえ、科学的根拠はありません」と公式見解

ポビドンヨードが含まれたイソジンなどのうがい薬で新型コロナウイルスへの感染が少しでも抑えることが期待できると、使用を呼びかける記者会見をした大阪府の吉村洋文知事。うがい薬は買い占められ、さらに医療者からは批判も集めていた。

「イソジンなどのうがい薬でコロナ感染予防」は本当? 大阪府が発表→医療者らから批判相次ぐ

大阪府知事が突然、ポビドンヨード液が含まれたうがい薬が新型コロナの感染予防に効果があると会見し、医療者たちの批判を集めている。既に買い占められて店頭からなくなる店も出ており、専門家たちは「まだ効果が証明されたわけではない」などと批判している。

相模原事件後も止まらない「命の選別」 医療の世界の「自己決定」と「自己責任論」

相模原事件から4年。命を選別する思想はその後も繰り返し現れ、ALSの女性が医師二人に薬を投与されて死亡する事件まで起きた。相模原事件の裁判を傍聴し続けてきた作家の雨宮処凛さんがこの流れに対抗するために実践していることとは?

東京の感染状況評価、過去の発言への反省、休業の要請検討も… 感染拡大の中、新型コロナ分科会が提言したこと

「爆発的な、いわゆるオーバーシュートの軌道で感染者が爆発的に増加している状況ではない」というのが専門家の結論だ。感染拡大防止と社会経済の両立を前提としながら、感染を「十分制御可能なレベルに制御する」ことで「死亡者、重症者数を減らす」ことを改めて強調した。

back to top