Reporting To You X

Utilizamos cookies, próprios e de terceiros, que o reconhecem e identificam como um usuário único, para garantir a melhor experiência de navegação, personalizar conteúdo e anúncios, e melhorar o desempenho do nosso site e serviços. Esses Cookies nos permitem coletar alguns dados pessoais sobre você, como sua ID exclusiva atribuída ao seu dispositivo, endereço de IP, tipo de dispositivo e navegador, conteúdos visualizados ou outras ações realizadas usando nossos serviços, país e idioma selecionados, entre outros. Para saber mais sobre nossa política de cookies, acesse link.

Caso não concorde com o uso cookies dessa forma, você deverá ajustar as configurações de seu navegador ou deixar de acessar o nosso site e serviços. Ao continuar com a navegação em nosso site, você aceita o uso de cookies.

medicaljp

medicaljp

5〜11歳のコロナワクチン 「基礎疾患のある子どもには推奨するが...」小児科学会と小児科医会が緊急提言

5〜11歳に対するコロナワクチンについて、日本小児科学会と日本小児科医会が緊急提言を出しました。基礎疾患のある子どもには推奨しつつ、「努力義務」を課すことについては慎重な姿勢を見せ、接種の同調圧力を加えないよう注意喚起しました。

第6波ピークアウトは早く、流行規模も小さい? 当初想定と異なるオミクロンとどう向き合えば良いのか

日本より先に流行が始まった海外のデータを見ると、オミクロンの明るい要素も見えてきます。「戦いを有利に進められる」という日本で、 8割おじさんこと西浦博さんはどのように今後の対策を見据えているでしょうか?

「オミクロン株は制御不能ではない」 8割おじさんが「鍵を握る」と話すクラスターの場所と若者の協力

新型コロナの感染拡大が続き、新たに13都県にまん延防止等重点措置が出されるところです。西浦博さんは、「素早く効果的な対策を打てば、オミクロンも制御できる可能性が十分にある」と希望を持ちます。

マスク着用で「妊婦の酸素飽和度が低くなり、赤ちゃんのへその緒が短く」は誤り。インスタで助産師が投稿、拡散

拡散したのは、助産師がInstagram上に「産科に携わる医療従事者、妊婦さんへ緊急の提言」として投稿した内容。自らが立ち会ったお産でへその緒が「明らかに短くなっています」と、マスク着用で酸素飽和度が低くなることに原因があるとしていたが、科学的妥当性がないことは明らかだ。

「怖いのは塾や学童保育」 子どものオミクロン対策、すべきこと・してはいけないこと。

新型コロナの急速な広がりで、12歳未満の子どもの接種の前倒しについても議論が起きています。小児感染症の専門家は、「高齢者や持病のある人を優先すべきだ」としつつ、基礎疾患や肥満のある子どもへの早めの接種を提案します。

オミクロン流行、子どものワクチン急ぐべき? 「日本の子どもにとって、コロナは風邪レベルだが…」

新型コロナの流行が急速に広がり、オミクロンへの置き換わりも進む中、子どものワクチンを前倒しすべきか議論が起きています。18歳以上への3回目接種も始まる今、子どもはどうすべきなのでしょう? 小児感染症の専門家に聞きました。

「安全性や有効性は確かめたいが、自分は治験に参加したくない」 新型コロナワクチンや治療薬、タダ乗りしたい日本人の本音

新型コロナの流行以来、アビガンやイベルメクチンなど効果が証明されていない薬への誤った期待が高まりました。未承認の薬の臨床研究をどう捉えるのか、自分は参加する気があるか。意識調査からは日本人の「わがままさ」が見えてきました。

「誤った期待」がはびこらないために 新型コロナのワクチンや治療薬、日本人はどう見てる?

新型コロナウイルスの流行で、未承認の治療薬への「誤った期待」やワクチンへの期待が高まりました。日本人は新しいワクチンを使うことをどう考えているのでしょう? 意識調査の結果からは慎重な姿勢が見えてきます。

今はまだ行動制限を呼びかける時ではないが.....5波よりも酷い状況になる恐れも

第6波が始まり、医療現場は警戒を強めていますが、人は街にあふれ、居酒屋もいっぱいです。「第5波よりも酷い感染状況になるかもしれない」と警戒する感染症専門医は、オミクロンの感染対策を啓発する難しさを語ります。

オミクロンによる第6波に突入 感染症専門医が勧めるのは高齢者と子どものワクチン接種

新たな変異ウイルス「オミクロン」の感染力の強さもあり、これまでにないスピードで感染が広がっています。健康被害や医療逼迫を防ぐために、私たちは今、何ができるのか。感染症専門医の忽那賢志さんに聞きました。

「これまでの波と明らかに違う」 オミクロン感染者が急増する沖縄で医師が見る光景

全国に先駆けて新型コロナの第6波に突入した沖縄。新たな変異ウイルス「オミクロン」の置き換わりも進み、爆発的な広がりに危機感を募らせる医師、高山義浩さんが今、どんな光景を見ているのか聞きました。

声なき「声」に耳を澄ます 脳死に近い状態の娘と14年間暮らしてきて知ったいのちの姿

脳死に近い状態で14年間生きてきた西村帆花さん。両親や周りの人は帆花さんの発するかすかな「声」に耳を澄ませてきました。その暮らしを追ったドキュメンタリー映画『帆花』が公開されるのに合わせ、母親の理佐さんにお話を聞きました。

「生きるとは、関係性を育むこと」 脳死に近い状態の帆花さんが広げる地続きの世界

脳死に近い状態で14年間生きてきた西村帆花さん。両親やヘルパーの日々のケアで命を支え、思いを汲みとりながら生きる毎日には喜びがありますが、母親の理佐さんは時折、孤独感を感じることがあります。何が原因なのでしょうか?

「流行は終わった」という認識切り替えて 西浦博さんが訴えるオミクロンの脅威と3回目接種の重要性

感染を広げるスピードが速く、ワクチンの感染・発症予防効果もそれほど期待できない新型コロナの新しい変異株「オミクロン」。私たちはどんな手を打つことができるのでしょう。西浦博さんに聞きました。

Go To事業は「ワクチン+検査」も検討を 公衆衛生の専門家が制度見直しを呼びかける理由

新型コロナウイルスの変異株「オミクロン」の市中感染が始まり、徐々に感染者も増えています。公衆衛生の専門家が、第6波の始まりであることも想定し、今、どうしても伝えたいことは何なのでしょうか?

「オミクロンの実効再生産数はデルタの3〜4倍」  8割おじさんが警鐘を鳴らす変異株の“ズル賢さ”

世界中で警戒が強められている新型コロナウイルスの新しい変異株「オミクロン」。年末年始で行動も緩み、ワクチンの効果も薄れ始めている今、私たちはどうこの新しいウイルスと向き合えばいいのか。西浦博さんに聞きました。

HPVワクチン、最も範囲を広くする9学年を対象とするキャッチアップ接種で了承 厚労省審議会

厚労省の審議会はHPVワクチンの無料接種のチャンスを逃した女性に再チャンスを与えるキャッチアップ接種について、9学年を対象として最も幅広く救済する案を了承しました。2022年から3年間実施されます。

「国は根拠をもった薬物政策を」 健康被害がそれほどない大麻を目の敵にする理由

日本初の大規模な大麻の健康被害調査で、使用後に救護が必要な症状を経験した人は0.12%と非常に低いことがわかりました。何のために国は規制を強化しようとしているのでしょう。二人の医師が疑問を投げかけます。

大麻の依存症は8.3%、日本初の大規模調査で判明 「おおむね健康に暮らせている」

厚労省が規制を強める大麻。日本初の大規模調査で、依存症は経験者の8.3%で、なんらかの職や学業などについている人は95%と社会生活を営みながら使っている実態が明らかになりました。調査した二人の医師に話を聞きました。

HPVワクチン接種率が激減した2000年度生まれは検診の異常率が再上昇 阪大研究グループが報告

国が積極的勧奨を差し控えた結果、接種率が激減したHPVワクチン。激減世代の最年長である2000年度生まれの女子で、細胞診の異常率がワクチン導入前レベルまで再上昇していることがわかりました。 現実に健康被害が出始めています。

日本の女性、「嫌なものは嫌」と言えないのはなぜ? 幼い頃から培われた女性観の罠

なぜ日本の女性は性の場面やお産で自分の苦痛を正直に訴えられないのでしょうか? 日本を内と外から見てきたアメリカ在住の精神科医、内田舞さんは幼いころから培われた「女性観」が男女の考えや行動を縛っていると分析します。

「病院や医療者の頑張りだけでは乗り越えられない」 第6波やオミクロンを前に病院の医師が願うこと

人との接触が増える年末年始を前に、感染拡大したら一般医療もしわ寄せが来ることが心配されます。民間病院の経営者としてコロナや一般診療に携わってきた医師は、「医療者だけでは乗り越えられない」と一般の人々の協力を求めます。

新型コロナ感染が落ち着いていても...既に出ている一般医療への影響 オミクロン警戒下で病院が再拡大を恐れる理由

新型コロナの第6波襲来が心配され、新たな変異ウイルス「オミクロン」への警戒も続く中、病院はどのような準備をしているのでしょう? 民間病院の全国組織の副会長の太田圭洋さんは、一般医療へのしわ寄せを心配します。

「ヴィーガン給食」導入した公立学校、絶賛するマスコミに疑問 栄養学的な問題、個人の思想の押し付けは許されるのか?

東京都の公立小学校で「ヴィーガン給食」を導入したとする記事が話題になっています。育ち盛りの子どもにヴィーガンを勧めることは問題ないのでしょうか? 小児科医の森戸やすみさんが検証します。

言葉ではなく、喜びを伴うメッセージでU=Uを伝えたい HIVと共に生きる立場から望むこと

薬でウイルスを抑えこめていれば、他の人に感染させることはないことを示す「U=U」。 HIVと共に生きる人にとって、この知見はどんなインパクトがあったのでしょうか? U=Uに希望を感じながらも、伝え方に望むことを語ります。

HIV陽性者を生きづらくさせているものは何か? U=Uをメディアが社会に伝える意義

HIVに感染していても薬でウイルスを抑え込めていたら、他の人に感染させないことを示した新常識「U=U」。 メディアはどう報じ、どんな課題があるのでしょう? 記者がエイズ学会でメディアの一員として話したことを詳報します。

オミクロン感染者の個人情報公表はどこまで必要か? 西村康稔議員ら政治家が国籍に関する情報を拡散する実態も

国籍や職業などは感染者への偏見や差別にもつながりかねないため、取り扱いには注意が必要だ。専門家は基準の見直しを進めるべきと問題提起する。感染者の情報公表はどのように行うべきか。

介護施設でどうしたらHIV陽性者をスムーズに受け入れられるか? U=Uの可能性

標準的な感染対策で十分なのに、なぜか介護施設で受け入れをためらわれることが多いHIV陽性者。福祉施設の施設長としてこの問題を研究してきた山内哲也さんが、どうしたら受け入れが進むか、U=Uの可能性も含めて報告します。

治療してウイルスを抑え込んでいればHIVは感染しない「U=U」 医療現場で広がる応用

HIVに感染していても、治療でウイルスを抑え込んでいれば感染させることはないと示した「U=U」。エイズ学会のシンポジウムを詳報します。まずはHIV患者を診る医師から、U=Uのエビデンスと診療現場でどのように使われているかです。

「私もうつからあなたもうって」 男性もHPVワクチンをためらいなく接種するために必要なこと

HPVワクチンが感染を防ぐヒトパピローマウイルスは、子宮頸がんだけでなく、男性がかかる中咽頭がんや陰茎がんの原因にもなります。男女問わず性的な接触でうつしあうのを防ぐために、男性にも公費接種を求める署名活動を大学生が始めました。

オミクロンはどこまで警戒すればいいの? 第6波にどう備える? この冬気をつけておきたいこと

新規感染者数が落ち着いている新型コロナウイルス。新たな変異ウイルス、オミクロンの動向も警戒される中、人が集まるイベントが目白押しのシーズンに入ります。私たちはどんな備えをするべきなのでしょうか?

重度の障害があっても地域であたりまえに暮らす 法律のプロが介護保障のためにできること

障害のある人の権利を守る活動を長年続けてきた弁護士、藤岡毅さん。ライフワークとして取り組んできたのは、障害があっても地域であたりまえに暮らせるように介護時間を交渉する「介護保障」の問題です。

「自分にとって当たり前のことをやっているだけ」 障害者の人権のために闘う弁護士がどのように生まれたのか?

障害者が地域で当たり前に暮らす権利を守るために闘う弁護士、藤岡毅さん。大学中退、ビルの清掃員、 司法試験6回不合格など回り道をしながら出会った何が、今の場所に導いたのでしょうか?

アイドル、政治家になる。23歳で子宮頸がんになった私が新しい世界に飛び込んだ理由

アイドルの夏目亜季さんは23歳の時に子宮頸がんにかかっていることがわかりました。絶望に追い込まれた先に見出したのは政治家への道。現役政治家アイドルとして、どんな社会を目指すのでしょうか?

HPVワクチンの無料接種を逃した女性への救済策 なぜ東京都千代田区は国に先駆けて制度を作ったのか?

HPVワクチンの無料接種の機会を逃した女性への救済策「キャッチアップ接種」の導入が議論されています。しかしそれより前に独自の救済制度を作った自治体があります。東京都の千代田区長に聞きました。

コロナ病床の稼働率“6割超”で医療崩壊が起きた理由。専門家は「病床が100%稼働する病院はない」と指摘

新型コロナ分科会は11月16日、「ワクチン・検査パッケージ」制度に伴う行動制限の緩和やこれまでの医療提供体制の改善点についての考え方を示した。尾身茂会長や神奈川県医療危機対策統括官の阿南英明さんが語ったこととは。

HPVワクチン、無料接種のチャンスを逃した女子の救済策導入に厚労省分科会が賛同

積極的勧奨の再開が厚労省の審議会で了承されたばかりのHPVワクチン。今度は無料接種のチャンスを逃した女子に対する救済策(キャッチアップ接種)の検討が始まりました。発言したすべての委員が導入に賛同しました。

今年はインフルエンザ、どうなるの? 新型コロナとの同時流行は? 感染症疫学センター長に聞く

今冬、確実に来ると言われている新型コロナウイルス第6波に加え、心配なのは季節性インフルエンザの流行。今年はどうなりそうか、コロナとの同時流行はあり得るのか? 両方の動向を監視している専門家に聞きました。

11月にも積極的勧奨再開の局長通知 「遅すぎたのでは?」という問いへの回答は?

積極的勧奨の再開が11月12日、厚生労働省の副反応検討部会で了承されたHPVワクチン。キャッチアップ接種も含めてどんな手続きが必要になるのでしょう。「遅すぎたのでは?」という問いも厚労省にぶつけました。

HPVワクチンの教訓を胸に 今、見直すべき空白の思春期医療

8年半の時を経て、やっと積極的勧奨再開が決まったHPVワクチン。大きな犠牲を出すであろうこの問題から、私たちは何を教訓として学ぶべきなのでしょうか? 小児感染症が専門の小児科医、森内浩幸さんに聞きました。

HPVワクチン、積極的勧奨の再開 当事者や専門家はこう期待し、こう注文する

HPVワクチンの積極的勧奨再開が厚労省の審議会で了承されました。この問題に関わってきた専門家や、子宮頸がんの遺族、接種後の体調不良に苦しんできた人は何を期待し、同じ失敗を繰り返さないために何が課題だと考えているのでしょうか。

【詳報】HPVワクチン、積極的勧奨の再開を了承 厚労省の副反応検討部会

8年以上、積極的勧奨が差し控えられてきたHPVワクチン。厚生労働省の副反応検討部会は11月12日、再開することを了承しました。今後、チャンスを逃した女性への救済策は予防接種・ワクチン分科会で検討されます。

HPVV自治体議連が発足 HPVワクチンの接種推進に地方議員も活動をスタート

HPVワクチン接種の推進や啓発を訴える超党派の地方議員で作る「子宮頸がんワクチン接種推進自治体議員連盟(HPVV 自治体議連)」が発足しました。積極的勧奨の再開や実現するための財源を国や自治体に訴えていきます。

HPVワクチンの接種率は14.4% 「8割は一生に一度は感染する」が接種意欲を高めるポイント?

HPVワクチンの接種率は14.4%と推定されることがみんパピの調査でわかりました。最大の課題は不安感をどう払拭するか。「性交渉をしていれば8割は感染する」という情報が接種意向に影響しそうなこともわかりました。

12〜13歳で接種した学年は87%子宮頸がんのリスクを減少 イギリスからもHPVワクチンのがん予防効果を報告

子宮頸がんの原因となるウイルスへの感染を防ぐHPVワクチン。 昨年のスウェーデンからの報告に続き、イギリスからも12〜13歳で接種した学年で87%も浸潤子宮頸がんの発症リスクを減らす効果が示されました。

新型コロナ対策 各党の公約を比較した:医療体制、次の流行への備え

衆院選で主要な争点の一つとなっている新型コロナ対策。 強制力のない要請ベースの対策でいいのか。崩壊しかけた医療や保健所の体制の見直しなど、次の流行への備えを各党がどう考えているのか。公約を比較しました。

新型コロナ対策 各党の公約を比較した:ワクチン編

今回の選挙で、新型コロナウイルスの対策は重要な争点の一つとなっています。対策の要の一つ、ワクチンについて各党がどのような政策を掲げているのか、主要8政党の公約を比較しました。

HPVワクチン政策を公約に掲げてきた共産党 「接種勧奨は再開せず」から「希望するすべての人が接種」に変更した理由

HPVワクチン政策を国政選挙の選挙公約に掲げ続けてきた共産党が、7年間書き続けてきた「接種勧奨を再開せず」という文言を削除し、接種に前向きな姿勢に変わりました。その理由は?

「ワクチンで死んでいる」は誤り。ワクチン接種後の死亡事例、因果関係をどう考える? 専門家に聞きました

「ワクチン接種後〇〇人が死亡」「99%が評価不能?」新型コロナワクチン接種後に死亡が報告された事例について、人々の不安を喚起する情報が度々発信されている。接種後死亡事例はどのように理解すべきなのだろうか。

「行政の会議は氏名も含めて公開が原則」 なぜ国は審議会や議事録を隠してはいけないのか?

国の審議会や議事録は、本来、どのように取り扱われることが求められているのでしょうか? 憲法とメディアが専門の法学者は、「発言者の氏名も含めて公開が原則」と様々な規定から読み解きます。

「セックスで男女を産み分け」「つわりの原因は精神面」“たまひよ”記事を医師が「誤り」と批判、編集部の見解は?

『たまひよ』には「つわり」「産み分け」のほかにも、「男女の脳の違い」「胎内記憶」「電磁波の赤ちゃんへの影響」など、医学的に根拠のない情報が複数掲載されていた。

「表現の自由」とは何か? 国民の「知る権利」に奉仕するメディアに期待されている役割

「表現の自由」とは何なのか。そして知る権利や報道・取材の自由はどこまで認められるのか。国の審議会を取材する全てのメディア人、そしてその情報を受け取る国民の皆さんが必ず知っておきたいことを聞きました。

オゾン発生器の設置、奈良県・那覇市・大阪府看護協会でも… 専門家「オゾン発生装置による感染対策は必要ない」

奈良県や那覇市、宜野座村、大阪府看護協会も新型コロナ対策に効果不明なオゾン発生器を寄贈され、使用していたことがわかりました。専門家は「効果のない対策を行うことは勧められません」と指摘します。

オゾン発生器の学校設置問題、製造元は「空間除菌でオゾンが効くエビデンスはない」と回答。「人体に害なし」と語る根拠は?

富田林市に寄贈された製品を製造した株式会社タムラテコは取材に対し、「弊社の推奨する安全な使い方をしてくれれば、人体に害があるといったことは起きないと認識」と回答している。

ワクチンの中身は毒素? 接種済みの人が感染で重症化? Forbes記事に専門家から批判 訂正重なり「慎重さの欠如反省」

ある研究者が新型コロナワクチンを構成する物質が「毒素」であるなどと主張しつつ、自身が研究開発する「世界初」の感染予防・治療に効果を発揮する「革新的な抗体医薬」をアピールしている。しかし、専門家はこの研究者の主張には誤りが含まれていると指摘している。

健康被害の恐れある空間除菌器を全小中学校・幼稚園に設置。 富田林市は「コロナ対策」とアピールも効果は不明

新型コロナ対策として消毒剤の空間噴霧が推奨されていない中、大阪府富田林市の全ての市立小中学校、幼稚園にオゾン発生器が導入されていたことがわかりました。医師会は撤去を求めていますが、市教委は活用を続ける姿勢を崩していません。

医療機関でも空間除菌用品を不適切に使用? 大手ECサイトでも流通… 研究者「得られるのは偽物の安心感」

日本において新型コロナ対策としてオゾン発生器が不適切に使用されている可能性があり、大手ECサイトで販売されている多くの製品には安全性を担保するために必要な情報が記載されていないーー。

10月、11月がワクチンで身を守るラストチャンス 第6波に向けて絶対やっておきたいこと

緊急事態宣言は明けたものの、この冬、確実に来ると言われる第6波を前に私たちはどう過ごしたらいいのでしょう。公衆衛生の専門家は、この10月、11月にワクチン接種を隅々まで広げることが鍵となると話します。

「計91%が緊急避妊薬の薬局販売に反対」→実際は42%だった。産婦人科医会が調査結果について謝罪

緊急避妊薬の市販薬化をめぐり、日本産婦人科医会が厚生労働省に提出した資料がが「調査結果が歪曲されている」と批判を浴びた問題で、同会が謝罪した。当初の資料では「産婦人科医の91%が反対」と結論づけていたが、反対と回答した割合は42%だと訂正した。

厚労省のトラウマ、メディアの罪...... HPVワクチン問題を汚点ではなく、より良い予防接種の教訓に

HPVワクチンの接種率が1%未満になってしまった背景には、予防接種をめぐる様々なレベルの問題がありました。 厚労省のトラウマ、メディアの罪―― 。より良い予防接種のためにHPVワクチンの教訓を考えます。

back to top