Reporting To You X

Utilizamos cookies, próprios e de terceiros, que o reconhecem e identificam como um usuário único, para garantir a melhor experiência de navegação, personalizar conteúdo e anúncios, e melhorar o desempenho do nosso site e serviços. Esses Cookies nos permitem coletar alguns dados pessoais sobre você, como sua ID exclusiva atribuída ao seu dispositivo, endereço de IP, tipo de dispositivo e navegador, conteúdos visualizados ou outras ações realizadas usando nossos serviços, país e idioma selecionados, entre outros. Para saber mais sobre nossa política de cookies, acesse link.

Caso não concorde com o uso cookies dessa forma, você deverá ajustar as configurações de seu navegador ou deixar de acessar o nosso site e serviços. Ao continuar com a navegação em nosso site, você aceita o uso de cookies.

lgbtjapan

lgbtjapan

男性の外見のまま女湯に? トランスジェンダーめぐる言説を当事者や専門家が批判「バッシング、看過できない」

LGBT関連の法案が国会で議論される中、トランスジェンダーバッシングと解される言説が流布しているとして批判の声が高まっています。当事者や専門家、LGBT議連事務局長に取材して検証しました。

「私、ノンバイナリーだと思う」彼に告白した。2人の性生活を振り返ると、無理ばっかりしていた

自分の性についてパートナーに告白した実体験。「パートナーに打ち明けるのは恐ろしかった。でも言ってよかった。私自身にとっても、ふたりの関係にとっても、互いの性生活にとっても」

「障害者はかわいそう」「パパがメイクなんてありえない」 そんな風に思ったことはありますか?

オンラインで開催された東京レインボープライドの「#おうちでプライド2021」。TRPの10~20代のボランティアスタッフが作家の乙武洋匡さんやタレント・アーティストのりゅうちぇるさんと対談しました。

「私って私じゃんと思えるようになった」kemio、カミングアウトからの2年を振り返る

東京レインボープライドのトークライブ「#おうちでプライド2021」にビデオメッセージを寄せたkemioさん。「やっぱり自分の人生って、あなたが監督で、あなたがディレクションするんです」とメッセージを贈りました。

誤解されやすい「アセクシュアル」について知っておきたいこと

「性的欲求をもたない」とされるアセクシュアルだけど、恋愛感情を抱く場合も。大事なのは、人によってグラデーションがあるという点です。「禁欲主義」と一緒にされたり、「性的な機能不全」があると誤解されることもあります。

「当たり前に差別的なことをしてしまった」6年前のドッキリ企画。水原希子さんが今視聴者に伝えたい思い

東京レインボープライドのオンライントーク「#おうちでプライド2021」に出演した水原希子さん。6年前に出演したテレビ番組での差別的なドッキリ企画について、反省の思いを語りました。

”伝統的な家族”の定義が、現実から乖離している。 ロバート キャンベルさんが語る「分岐点を超えられない」政治を変える方法

東京レインボープライド2021のテーマは「#声をあげる世界を変える」。ロバート キャンベルさんは、政治を変えるためには、一人ひとりが声を届けていくことが重要だと語ります。

男性しか使えないのでは? 国際基督教大学が「オールジェンダートイレ」に男性用小便器を設置した理由

国際基督教大学(ICU)にできた「オールジェンダートイレ」。16室の個室が連なっており、男性用小便器も個室ブースになっています。すべて座るタイプの個室トイレにするという選択肢もある中、なぜ男性用小便器のブースをつくったのでしょうか。

トランスジェンダーの俳優・和田華子さんと考える、みんながもっと「働きやすい」職場

LGBTという言葉が浸透した昨今。職場や学校での性的マイノリティーへの配慮の必要性もさまざまな場所で耳にするようになりましたが、実際どんなことに気をつけるべきなのでしょうか? トランスジェンダーの俳優・和田華子さんは稽古場という「職場」に焦点をあて、日々勉強会を開いています。

トイレに“男女”の区別がなくなったら?国際基督教大学にできた「オールジェンダートイレ」を使ってわかったこと

寮にダイバーシティ・フロアを設置したり、健康診断にオールジェンダーの時間を設けたりと、すべての学生の過ごしやすさを目指す国際基督教大学(ICU)。「オールジェンダートイレ」の導入にはどんな反応があったのか、設置に携わった加藤恵津子教授に聞きました。

「好きな仕事なのに偽りの自分でいた」「刈り上げを否定され…」過去の私みたいな人がいなくなるように。ある美容師が語る思い

仕事場のヘアサロンで、学生の頃通ったサロンで、言えなかったことがあるーー。「#PrideHairサロン」プロジェクトに賛同するヘアサロンで働く美容師の女性が、思いを語りました。

「異性にモテる髪型にします!」「結婚は?」そんな会話で嫌な思いをしている人たちがいる。ヘアサロンが今、変わろうとしている理由

ヘアサロンでのカット中の会話や行動で、LGBTの来店客が傷ついたり、嫌な思いをしないように…。ヘアサロン側が学び接客などを変えていけるよう、P&Gのヘアケアブランド「パンテーン」が中心となり「#PrideHairサロン」プロジェクトが立ち上がっています。

カミングアウトした超人気ユーチューバー。偽の通報で警官が家に押し寄せる

アメリカのティーンに絶大な人気を誇るユーチューバー、ジョジョ・シワが23日、インスタグラムでカミングアウトしました。ジョジョの姿をどうしても撮影したいパパラッチが、警察に偽の通報をする「スワッティング」行為をしたとジョジョが話しています。

異性愛者のふりをして、過ごしてきた日々。「自分のあり方はこのままでいいんだ」と希望がもてる社会にするために。

性的マイノリティに対する差別を禁止する「LGBT平等法」の制定を求めて、国際署名キャンペーンが行われています。どうして“ルール”が必要なのか。一般社団法人LGBT法連合会・理事の五十嵐ゆりさんに聞きました。

「特別な配慮」が生きづらさを生む場合も。「LGBTを受け入れよう」から「全ての性を尊重しよう」へ

10月から11月、「SAITAMA RAINBOW フェスティバル」が開催された。最終日、講演会に登壇した中島潤さんは、性的マイノリティを取り巻く課題に対処する上で、多様な性を包括する視点が欠かせないと話す。

HIVに感染していてもセックスや恋愛を楽しめる 「U=U」キャンペーンサイトがオープン

HIVに感染していても、適切な治療を受けてウイルスを抑え込んでいれば、コンドームなしでもセックスの相手に感染させることはありません。この科学的な事実を知らせるためのキャンペーンサイトがオープンしました。5言語にも対応します。

60年以上前の、忘れられない恋。90歳の男性がSNSでカミングアウト

敬虔なカトリック教徒の家庭に育ち、ゲイは「地獄に落ちる」と思っていたある男性は、20代の頃に経験したある恋を忘れられなかった。新型コロナの自粛生活で回顧録をつけることにした彼は、過去の恋愛と自身のセクシュアリティについて考え直す。

極右団体「プラウド・ボーイズ」のハッシュタグをのっとろう!ゲイ男性たちが対抗し、カップル写真を数多く投稿

白人至上主義、反トランスジェンダーを掲げるメンバーの多い男性のみの極右団体「プラウド・ボーイズ」。トランプ大統領が討論会で「待機しておけ」と言及し、注目を浴びた。しかし、ツイッターで「#ProudBoys」と検索すると…。

「今でも男だと思っている」という父の言葉。彼女が “すっぴんの自分”で伝えたかったこと

設計事務所で働きながら、トランスジェンダー女性として講演活動などをしているサリー楓さん。ドキュメンタリー映画の撮影のために、父と初めて自身のジェンダーについて話した瞬間を振り返った。

男性、女性、トランスジェンダーであるよりも。サリー楓が「情けない自分」も全て見せる理由

トランスジェンダー女性のサリー楓さんの生活に密着した映画「You Decide. (邦題:息子のままで、女子になる)」が、ロサンゼルス・ダイバーシティ・フィルムフェスティバル(LADFF)で、ベストドキュメンタリー賞を受賞した。

LGBTの「今」を切り取った印象的な9枚の写真

世界最大級のデジタルコンテンツカンパニーGetty ImagesではLGBTQに関するビジュアルも豊富に取り揃える。印象的なのは、よりリアルで自然なビジュアルの数々だ。

「ハリポタのタトゥーを除去したい」原作者のトランスジェンダー差別的な発言を受け、決意するトランスジェンダーたち

小説「ハリー・ポッター」の原作者である J・K・ローリング氏の、トランスジェンダー差別的発言を受け、タトゥーをカバーアップしたいと考えるトランスジェンダーが増えている。

「間違いなく人生が変わった」「人生で最高の1日」LGBTQを祝うプライドパレード、参加してみてどうだった?

LGBTQの歴史や文化を祝う、プライドパレード。今年は新型コロナウイルスの影響で、オンライン開催の場所もありましたね。BuzzFeed読者に、初めてプライドに参加した時の思い出を語ってもらいました🌈

back to top