Reporting To You X
{title}

kodomo

kodomo

ニコンのデジカメもカヤックも半額!?ちょっとこれは本気でチェック…!楽天のタイムセールが見逃せない…

新緑の季節がやってきます。元気いっぱいな姿のシャッターチャンスが増えそうですよね。楽天のタイムセールでは、普段手が出せないアイテムも半額になっています。ファミリー向け情報3つまとめました。ぜひチェックしてみてくださいね!

「マニキュアは女の子のものって先生に言われた」という息子。父がとった行動は…

マニキュアが大好きだという3歳の息子が、怒った様子で幼稚園から帰宅。父が理由を聞くと「先生から『マニキュアは女の子のもの』って言われた」と…。そこで父がとった行動に、称賛の声が送られています。

「このままじゃ息子が死んでしまう」1歳児が“クッキー”で窒息、母親はパニックに… もしものときの応急処置とは?

食べ物やおもちゃなどを誤嚥し、窒息してしまう死亡事故は、小さな子どもに多い。もしもの時、どのような対処をすれば良いのか。ある女性の体験談から、窒息のサイン、そして「背部叩打法」や「腹部突き上げ法」などの応急処置を紹介する。

「ついに大きな動き!」国会で拍手喝采… 自民党が児童手当の「所得制限は撤廃すべき」と訴え。野党は「子ども後回し」と防衛増税を批判、岸田首相は?

岸田政権が「異次元の少子化政策」を掲げるなか、児童手当をめぐる所得制限の撤廃や拡充策を求める声が高まっている。財源としての消費増税の可能性や防衛増税に関する論点も。

自民・甘利氏「消費増税に関する報道はミスリード」と公開のやりとり→存在せず。少子化対策めぐる発言で“根拠不明“の批判

問題となっているのは、甘利氏が出演したBSテレビ東京の「日経ニュースプラス9」における発言。岸田文雄首相が年頭に述べた「異次元の少子化対策」の財源論をめぐり、消費税の「引き上げ」に関する議論の必要性に言及した点だ。

保育事故でひとり息子を失った母親は、写真家になった。カメラに収めた「遺品」と過去とは

長年の不妊治療の結果、ようやく授かった最愛の息子の死。埼玉県・上尾市の保育事故で長男を失った榎本八千代さん。カメラと出会ってから、作品づくりや展覧会を開いてきた彼女が、今年新たに始めようとしていることとは。

子育て給付の所得制限は「罰ゲーム」小池知事の発言が「よく言ってくれた」と話題に。国会でも児童手当の“子育て罰“で議論が

18歳以下に毎月5000円を給付するという東京都独自の少子化対策。0歳児から毎月支給された場合、計108万円。2022年の出生数が80万人を切るという推計を受けたもので、所得制限は設けない。2023年度からの開始に向け検討する方針という。

4歳の息子を、保育園事故の熱中症で失った。「必死に生きてる」母親がいま、伝えようとしていること

長年の不妊治療の結果、ようやく授かった最愛の息子の死。埼玉県・上尾市の保育事故で長男を失った榎本八千代さん。カメラと出会ってから、作品づくりや展覧会を開いてきた彼女が、今年新たに始めようとしていることとは。

「世間の緩和と医療機関のギャップが大き過ぎる」 子供の命を守るために小児科医が求める「変化」とは?

コロナ感染後に死亡した20歳未満の調査を見て、「医療対応が適切にできていたら助かった命もあったのではないか」と指摘する小児感染症の専門家、森内浩幸さん。救える命を救えるようにするために、 医療も、社会も柔軟に変化する必要があると呼びかけます。

コロナ感染後の子どもの死、どうやったら防げるのか?

国立感染症研究所がコロナにかかって死亡した20歳未満の62人を分析したデータを公表しました。このデータから何が言えるのか。子どもの死を防ぐために何ができるのか。小児感染症が専門の森内浩幸さんに聞きました。

ベランダの柵「15秒」で乗り越える2歳児も… 相次ぐ転落事故、衝撃の実験動画からわかるリアルな危険

相次ぐ子どもの転落事故。消費者庁は、子どもが窓やベランダから転落する危険性があるとして、6つのポイントに注意するよう呼びかけている。一方で「見守り」の限界を指摘する声もある。

赤ちゃんの首用浮き輪「親の愛情があれば事故は起こらない」は本当?

SNSで赤ちゃんの首につける浮き輪の危険性が話題になっています。 火をつけたのが、日本の販売会社「スイマーバジャパン」の安全性を強調する発信。 「親の愛情があれば事故は起こらない」というのは本当なのでしょうか?

「私のせいで我が子が障害を負ったかもしれない」そんな悔いを次世代の母親に味合わせないように 母子感染予防の「トーチの会」が10周年

妊娠中に病原体に感染することで、胎児にうつり、子どもに障害が残る母子感染症。我が子に障害をもたらした悔いから、同じ思いを後に続く母親に味合わせないようにと、啓発活動を続けている団体があります。この10年の歩みを聞きました。

「ぜんぜん休みなんかじゃない」「かけがえのない経験」男性育休、明かした思い

10月1日から「産後パパ育休」(男性版産休)が始まります。スポーツ選手や上場企業の社長、政治家や芸能人まで。実はあのパパもとっていた男性育休。あなたはどんな経験をしましたか…?父親の育休について、経験談をお寄せください。

子どもが車に閉じ込められたら…「命を救うため」のクラクション。イラストを描いた母親が、いま改めて伝えたいこと

「子どもが真夏の車に取り残されたらクラクションを鳴らすよう、子どもに伝えよう」。そんな注意喚起の声が広がり、イラストも話題を呼んでいます。実際に有効なのか、JAFの見解は…?

あなたも見たことがある…?ネットに広がる子育てデマや呪い。その危険性と「見分け方」を医師に聞いた

出産や育児をめぐる「誤情報」や「迷信」「神話」「うわさ」から「お母さん、お父さんたちを救いたい」と、自らもTwitterで情報発信に努めてきた新生児科医・小児科医の今西洋介さん。一冊の本をまとめあげた思いを聞いた。

待ちに待った「アイスリング」、つけてみたら気持ち良すぎて思わず歓喜の声あげた…!

「39℃のとろけそうな日!」なんて歌があったけれど(あ、年齢バレちゃう…)既に6月でとろけちゃった今年の夏。まだまだ続く猛暑を乗り切るために、人気の「アイスリング」使ってみたんだけど、本当に気持ちいい。28℃で自然凍結ってすごすぎるよ…

最大2万円分「マイナポイント」子どもはどうする…?親が注意すべきことは…?キャッシュレスに口座の名義、赤ちゃんや未成年の場合は…

家族がいる場合、それぞれのマイナンバーカードさえあれば、マイナポイントは赤ちゃんや子どもを含めた全員分を申し込むことができます。どのようなところに注意すれば良いのでしょうか?

一時帰国した日本で見るマスクを外さない子供たち そのコロナ対策、子供に悪影響を与えませんか?

夏になり、海外から日本に来る人が増えてきました。デンマークから一時帰国中のジャーナリスト、井上陽子さんは、多くの子供たちがマスクを着けている様子に違和感を覚えます。「コロナ感染のリスク」と「コロナ対策による悪影響」が逆転してませんか?

声なき「声」に耳を澄ます 脳死に近い状態の娘と14年間暮らしてきて知ったいのちの姿【2022年上半期回顧】

脳死に近い状態で14年間生きてきた西村帆花さん。両親や周りの人は帆花さんの発するかすかな「声」に耳を澄ませてきました。その暮らしを追ったドキュメンタリー映画『帆花』が公開されるのに合わせ、母親の理佐さんにお話を聞きました。

back to top