Reporting To You X

Utilizamos cookies, próprios e de terceiros, que o reconhecem e identificam como um usuário único, para garantir a melhor experiência de navegação, personalizar conteúdo e anúncios, e melhorar o desempenho do nosso site e serviços. Esses Cookies nos permitem coletar alguns dados pessoais sobre você, como sua ID exclusiva atribuída ao seu dispositivo, endereço de IP, tipo de dispositivo e navegador, conteúdos visualizados ou outras ações realizadas usando nossos serviços, país e idioma selecionados, entre outros. Para saber mais sobre nossa política de cookies, acesse link.

Caso não concorde com o uso cookies dessa forma, você deverá ajustar as configurações de seu navegador ou deixar de acessar o nosso site e serviços. Ao continuar com a navegação em nosso site, você aceita o uso de cookies.

hpvjp

hpvjp

17歳未満でのHPVワクチン接種で子宮頸がんを88%減少 がん予防効果を示した論文は世界初

スウェーデンの10〜30歳の女性176万人のHPVワクチン接種歴と子宮頸がん発症の有無を分析したところ、接種した女性では大幅にがんにかかるリスクが減っていることがわかりました。HPVワクチンががんを防ぐ効果を実証した世界初の論文です。

命を守るHPVワクチンを知ってほしい 産婦人科医、小児科医、公衆衛生の専門家らがプロジェクト「みんパピ!」を始動

世界で日本でだけ接種率が1%未満と極端に低いHPVワクチン。最新の正確な情報を伝えて、命を守る手段を知ってもらおうと、産婦人科医や小児科医たちが啓発プロジェクト「みんパピ!」を立ち上げました。

「あの騒動も、このワクチンの存在も忘れられている」 東京小児科医会、東京産婦人科医会がHPVワクチンリーフレット作成

HPVワクチンの対象者に個別にお知らせが届かなくなって7年。今ではこのワクチンがあることも忘れられている現状に危機感を抱いた東京小児科医会と東京産婦人科医会が合同で、「伝わる」リーフレットを作りました。

厚労省、HPVワクチン対象者に個別の情報提供再開へ 「積極的勧奨ではない」の玉虫色判断とは?

厚労省の検討会が開かれ、現在、対象者に個別にお知らせを送ることを止めているHPVワクチンについて、個別に情報や接種方法を送る方針に転換することが示されました。一方で「積極的勧奨にならないように留意する」と注意書きが書かれていますが、その意味は?

世界では男女ともうちたい人が増えて不足するHPVワクチン 子宮頸がん根絶が視野に入った国も

日本産科婦人科学会が今年6月、札幌市で開いたHPVワクチンの勉強会。がんの疫学を専門とする北海道大学の研究者、シャロン・ハンリーさんが海外のHPVワクチンの状況を報告しました。世界に取り残される日本の課題を考える2回連載の前編です。

HPVワクチン、自治体は国の勧告に従って積極的に勧奨してはいけない? 政府見解は...

HPVワクチンについて自治体が個別にお知らせする積極的勧奨を差し控えるように通知している厚労省。今、国の再開を待たずに個別に知らせる自治体が増えていますが、この国の勧告に法的拘束力はないのか問いただした衆議院議員に、政府が出した答弁の内容は?

HPVワクチン「積極的勧奨再開の議論を始めるべき時」 厚労省検討会で複数の委員から初の意見

予防接種に関する厚労省の検討会が開かれ、積極的勧奨が差し控えられて6年5ヶ月が経つHPVワクチンについて、複数の委員から初めて、「積極的勧奨の再開を議論すべき時」という意見が出されました。また、理解を進めるためのリーフレット改訂のため、参考人から意見が述べられました。

「覚悟を持って積極的勧奨再開を目指す」 自民党がHPVワクチンの議員連盟発足へ

子宮頸がんの原因となるウイルスへの感染を防ぐHPVワクチン。対象者に個別にお知らせを送る積極的勧奨が中止されて6年半が経ちますが、この再開を目指し、自民党が議員連盟を発足させます。呼びかけ人となった参議院議員、三原じゅん子氏にお話を聞きました。

子宮頸がん検診で異常が出たらどんな治療をするの? 予防に勝る治療なし

日本産科婦人科学会がHPVワクチンについて最新の情報を届けるために、保健従事者、マスコミ向けに全国各地で行なっている勉強会の詳報。子宮頸がんとHPVワクチンの基礎知識を話した産婦人科医、櫻木範明さんの講演後編は、子宮頸がんとなったらどんな治療をするかをお伝えします。

子宮頸がんってどういう病気? 若い世代で増え、男性も無関係ではありません

子宮頸がんやHPVワクチンの基礎知識を保健従事者やマスメディア向けに伝えた日本産科婦人科学会の勉強会。詳報をお伝えします。まずは、北海道大学産婦人科名誉教授で子宮頸がんの予防啓発をする市民団体代表の産婦人科医、櫻木範明さんの講演を送ります。前編です。

HPVワクチン 厚労省はいつ積極的勧奨を再開するのですか?

国が積極的勧奨をストップして6年が経ったHPVワクチン。世界中で当たり前のようにうたれながら、日本では1%未満の接種率に落ち込み、若い女性を子宮頸がんから守れないことが問題視されています。厚労省の担当官だった元健康課長になぜ厚労省は積極的勧奨を再開しないのか聞きました。

back to top