Reporting To You X

Utilizamos cookies, próprios e de terceiros, que o reconhecem e identificam como um usuário único, para garantir a melhor experiência de navegação, personalizar conteúdo e anúncios, e melhorar o desempenho do nosso site e serviços. Esses Cookies nos permitem coletar alguns dados pessoais sobre você, como sua ID exclusiva atribuída ao seu dispositivo, endereço de IP, tipo de dispositivo e navegador, conteúdos visualizados ou outras ações realizadas usando nossos serviços, país e idioma selecionados, entre outros. Para saber mais sobre nossa política de cookies, acesse link.

Caso não concorde com o uso cookies dessa forma, você deverá ajustar as configurações de seu navegador ou deixar de acessar o nosso site e serviços. Ao continuar com a navegação em nosso site, você aceita o uso de cookies.

hpvjp

hpvjp

HPVワクチン「積極的勧奨の再開を」「接種を逃した女子に再チャンスを」 要望を受けた厚労相「自分は十字架を背負っている」

医療者有志と女子大学生で活動する「HPVワクチン for me」と 自民党の「HPVワクチンの積極的勧奨再開を目指す議員連盟」は3月29日、田村憲久厚生労働相に積極的勧奨再開や接種を逃した女子に再チャンスを求める申し入れをしました。

HPVワクチン、世界の動きは? 日本はどうする?

CancerXのサミットで開いたHPVワクチンのセッション。日本産科婦人科学会で担当理事を務める宮城悦子さんは子宮頸がん撲滅へ進む世界の現状と、周回遅れの日本の状況を報告しました。

子宮頸がんになると人生やパートナーとの関係も変わる 再発治療をしている立場から伝えたいこと

キャンサーXというイベントで「HPVワクチン」をテーマにしたしたシンポジウムを企画しました。患者、産婦人科医、遺族、接種後の体調不良を診る医師とそれぞれの立場からの貴重な報告を詳報します。まずは、再発治療をしている患者の立場から。

乳がん治療、友人の子宮頸がん死の経験後に見つかった子宮頸部の異常 「経過観察も不安でいっぱいです」

子宮頸がんになるまでに、前がん病変である「異形成」という細胞の異常を経ることをご存じですか? 経過観察を続けるのも不安です。乳がんと友達の子宮頸がん死を経験した後に、異形成と向き合うことになった女性にお話を聞きました。

私は子宮頸がんになって子育て、性生活を諦めた 愛し合うことが傷つけ合うことにならないように知っておきたいこと

妊活中に子宮頸がんにかかり、子宮を摘出することになったYokoさん。再発したがんの治療をしている今、夫との性生活も断念しました。今、健康でいるあなたに、ライフプランを大きく変える性感染症を防ぐ術を伝えます。

「知ればきっとうちたくなるはず」 国際的なHPV啓発キャンペーンを日本で仕掛ける研究者の狙い

子宮頸がんなどを防ぐ効果が高いのに、日本ではほとんどうたれなくなったHPVワクチン。「国際HPV啓発デー」に日本でHPVワクチンを知ってもらうキャンペーンを仕掛ける研究者にその狙いを聞きました。

HPVワクチン、国や自治体はうたせたいの? 2人の娘の接種を決めた母親の疑問

HPVワクチンのお知らせが自治体から届き始め、接種を決めた人も増えてきています。しかし、娘二人に受けさせることを決めた母親は、手続きの過程で行政や医療機関の後ろ向きとも思える態度に戸惑っています。

「高校1年生を過ぎると公費で接種することができません」 厚労副大臣がHPVワクチン対象の女の子にSNSで呼びかけ

小学校6年生から高校1年の女子は無料でうてるHPVワクチン。なかなか知られていないことに問題を感じ、自身も子宮頸がんを経験した三原じゅん子副大臣が、対象者の女の子にSNSで接種を呼びかけることを始めました。

政府批判は仕方ない。でもワクチン不安は煽らないで。三原じゅん子副大臣がメディアの煽り報道に苦言

新型コロナウイルス対策で期待がかけられながらも、メディアによって不安を煽る報道が始まっているワクチン。かつて日本ではHPVワクチンで恐怖を煽り、接種率が激減する失敗を経験しています。私たちは今、このワクチンとどう向き合うべきなのでしょう。

副大臣、HPVワクチンはいつ積極的勧奨を再開するのですか?

厚労省が積極的勧奨を差し控えて7年7ヶ月となるHPVワクチン。昨年は9価ワクチンの承認、男性接種への拡大と色々ありましたが、接種率の回復はまだまだです。三原じゅん子副大臣にこのままでいいのか聞きました。

コロナワクチンめぐる「女子高生100人調査」に批判殺到。毎日新聞などが掲載→削除

批判を浴びたのはオリコンニュースの記事。女子高生100人に対し、「コロナウイルスのワクチンが日本で利用可能になった場合、早期に接種を受けたいですか?」とのアンケートを取ったもので、ワクチンの不安や副作用を煽るような内容であるとして批判を浴びていた。

HPVワクチン 男性接種を厚生労働相が承認

これまで女子のみの接種が承認されていたHPVワクチン。厚生労働相は12月25日、男性接種と肛門がんへの適応拡大を承認しました。これで男性も副反応があった場合に公的な補償を受けられるようになります。

HPVワクチンの二の舞にならないように  分科会 新型コロナワクチンでリスコミの仕組み提言

「新型コロナウイルス感染症対策分科会」が11日に開かれ、海外では接種も始まったワクチンについて、HPVワクチンのような問題が起きないようにリスクコミュニケーションの仕組みを作ることで合意しました。

HPVワクチン、日本でも男性、肛門がんにも適応拡大へ 厚労省の審議会が適応拡大を了承

これまで日本では女子にしか承認されていなかったHPVワクチンについて、厚労省の審議会は男性接種への拡大を了承しました。12月中にも厚生労働大臣の正式承認を受け、男子の任意接種が可能となります。

「もうちょっと生きたかった」「みんなのそばにいたかった」 二人の娘を遺して子宮頸がんで亡くなった妻の想い

日本では子宮頸がんで毎年3000人が亡くなるのに、その悲しみは表に出てきません。子宮頸がんで亡くなった妻はなぜ最後まで治療を諦めなかったのか。何を願っていたのか。遺された夫と6歳の双子の娘たちにお話を伺いました。

HPVワクチン接種者が増えて不足する事態に 自治体の個別通知が増えたのが後押しか?

HPVワクチンをうちたい人が増えていることで、不足する事態も出てきていることがわかりました。製薬会社は出荷量を増やしていますが、それでも追いつかず、厚労省は医療機関にうち方を調整するよう要請しています。

HPVワクチン個別通知スタート  国のねじれたメッセージがもたらす現場の混乱

HPVワクチンは、対象者に個別にお知らせを送る方針が決まりましたが、「積極的には勧めない」という国の方針は残されたまま。保健所が接種医療機関や対象者にわかりにくいお知らせを送り、現場に混乱を生んでいます。

「死と向かい合わせになってほしくない」。がんを経て娘にHPVワクチンを接種させた母が伝えたいこと。

「相手と相手の両親に対して後ろめたくもなる。手放しで喜んでもらえないことも出てくるんじゃないかな。がん友の1人がまさにそう考えて、パートナーと別れていた。そういう姿を見るとね、子どもの健康を願わないわけがないのよ」

17歳未満でのHPVワクチン接種で子宮頸がんを88%減少 がん予防効果を示した論文は世界初

スウェーデンの10〜30歳の女性176万人のHPVワクチン接種歴と子宮頸がん発症の有無を分析したところ、接種した女性では大幅にがんにかかるリスクが減っていることがわかりました。HPVワクチンががんを防ぐ効果を実証した世界初の論文です。

命を守るHPVワクチンを知ってほしい 産婦人科医、小児科医、公衆衛生の専門家らがプロジェクト「みんパピ!」を始動

世界で日本でだけ接種率が1%未満と極端に低いHPVワクチン。最新の正確な情報を伝えて、命を守る手段を知ってもらおうと、産婦人科医や小児科医たちが啓発プロジェクト「みんパピ!」を立ち上げました。

9価のHPVワクチン、国内で初めて正式承認

加藤勝信厚生労働相はHPVワクチンの9価ワクチンを国内で初めて承認しました。公費で接種できる定期接種化するか、検討が始まります。

「あの騒動も、このワクチンの存在も忘れられている」 東京小児科医会、東京産婦人科医会がHPVワクチンリーフレット作成

HPVワクチンの対象者に個別にお知らせが届かなくなって7年。今ではこのワクチンがあることも忘れられている現状に危機感を抱いた東京小児科医会と東京産婦人科医会が合同で、「伝わる」リーフレットを作りました。

子宮頸がん一歩手前の病変を抱えた私が、子どもにHPVワクチンをうたせたい理由

子宮頸がんの原因となるウイルスへの感染を防ぐのに、接種率が1%未満に落ち込んでいるHPVワクチン。自身が子宮頸がん一歩手前になりながら、娘の接種を逃した母親が、うたせることに決めた理由を語ります。

「対象年齢を過ぎても、HPVワクチンを無料でうてるようにして」 医療関係者有志が署名活動をスタート

国が積極的に勧めるのを差し控えるようにして7年経ち、実質中止状態になっているHPVワクチン。医療関係者有志の会が、うち逃した女子に今からでも無料でうてるよう求める署名活動を始めました。

「私たちを見殺しにしないで」 HPVワクチンをうつチャンスを逃した大学生が訴える2つの困りごと

実質中止状態となっているHPVワクチン。医療者の有志が、うちやすくするための解決策を考える会「HPV Vaccine for Me」を立ち上げ、1回目の勉強会でワクチンを公費でうち逃した大学生が、公費の支援を訴えました。

厚労省、HPVワクチン対象者に個別の情報提供再開へ 「積極的勧奨ではない」の玉虫色判断とは?

厚労省の検討会が開かれ、現在、対象者に個別にお知らせを送ることを止めているHPVワクチンについて、個別に情報や接種方法を送る方針に転換することが示されました。一方で「積極的勧奨にならないように留意する」と注意書きが書かれていますが、その意味は?

今さら聞けない! 1からわかるHPVワクチン

ウイルス学・免疫学の専門家でアメリカ国立機関の研究者の医師が、HPVワクチンについて、最新情報に基づいてどこよりもわかりやすくお伝えします。

世界では男女ともうちたい人が増えて不足するHPVワクチン 子宮頸がん根絶が視野に入った国も

日本産科婦人科学会が今年6月、札幌市で開いたHPVワクチンの勉強会。がんの疫学を専門とする北海道大学の研究者、シャロン・ハンリーさんが海外のHPVワクチンの状況を報告しました。世界に取り残される日本の課題を考える2回連載の前編です。

HPVワクチン、自治体は国の勧告に従って積極的に勧奨してはいけない? 政府見解は...

HPVワクチンについて自治体が個別にお知らせする積極的勧奨を差し控えるように通知している厚労省。今、国の再開を待たずに個別に知らせる自治体が増えていますが、この国の勧告に法的拘束力はないのか問いただした衆議院議員に、政府が出した答弁の内容は?

HPVワクチンの積極的勧奨再開を目指す議員連盟が発足 「政治が動かさなければ子どもたちの命や子宮が守れない」

自民党がHPVワクチンの積極的勧奨再開を目指す議員連盟を発足させ、積極的勧奨の再開のほか、9価ワクチンの承認、接種後に体調不良を起こした人の治療や補償体制の充実を目標として掲げました。

HPVワクチン「積極的勧奨再開の議論を始めるべき時」 厚労省検討会で複数の委員から初の意見

予防接種に関する厚労省の検討会が開かれ、積極的勧奨が差し控えられて6年5ヶ月が経つHPVワクチンについて、複数の委員から初めて、「積極的勧奨の再開を議論すべき時」という意見が出されました。また、理解を進めるためのリーフレット改訂のため、参考人から意見が述べられました。

「覚悟を持って積極的勧奨再開を目指す」 自民党がHPVワクチンの議員連盟発足へ

子宮頸がんの原因となるウイルスへの感染を防ぐHPVワクチン。対象者に個別にお知らせを送る積極的勧奨が中止されて6年半が経ちますが、この再開を目指し、自民党が議員連盟を発足させます。呼びかけ人となった参議院議員、三原じゅん子氏にお話を聞きました。

今年度がラストチャンスの高校1年生の女子 HPVワクチンまだ3回公費で受けられます!

小学校6年生〜高校1年生の女子が公費で受けられる定期接種となっているHPVワクチン。合計3回うつのですが、通常1回目と3回目の間は6ヶ月開けなければいけないのを、それより短い期間でうちおえてもいいのです。

「国の動きを待っていられない」 HPVワクチンの情報を自治体が独自に周知 日本産科婦人科学会が支持する声明

国がHPVワクチンの積極的勧奨を中止して6年5カ月が経ち、地方自治体の中には独自に住民に周知する動きが広がっています。日本産科婦人科学会はこの動きを支持する声明を発表しました。

HPVワクチン、7割が「何のために打つのかわからない」 意識調査でわかったこと

ワクチンのしくみや副反応があることは知っていて、風疹ワクチンへの理解も進んでいる。けれど、HPVワクチンは何のためにうつのかもわからないーー。そんな国民の意識が日本医療政策機構の調査でわかりました。

患者を悪化させる治療者にならないために 患者さんの訴えと治る力を信じること

HPVワクチン接種後の体調不良を診てきた慢性疼痛の専門家、三木健司さんは、治療者が患者を悪化させることもあると注意します。患者を信じて、患者が自ら治す力を発揮するためにどんな治療が必要なのでしょうか?

「HPVワクチンのせい」として深刻な問題を見逃す恐れも 原因究明だけにこだわるのは危険

北海道大学で「HPVワクチンの副反応」を訴える患者を診てきた児童精神科医の柳生一自さん。講演詳報第2弾では、症状を長引かせる要因や、「HPVワクチンのせい」だとして他の原因を見逃す恐れについて語ります。

子宮頸がん検診で異常が出たらどんな治療をするの? 予防に勝る治療なし

日本産科婦人科学会がHPVワクチンについて最新の情報を届けるために、保健従事者、マスコミ向けに全国各地で行なっている勉強会の詳報。子宮頸がんとHPVワクチンの基礎知識を話した産婦人科医、櫻木範明さんの講演後編は、子宮頸がんとなったらどんな治療をするかをお伝えします。

子宮頸がんってどういう病気? 若い世代で増え、男性も無関係ではありません

子宮頸がんやHPVワクチンの基礎知識を保健従事者やマスメディア向けに伝えた日本産科婦人科学会の勉強会。詳報をお伝えします。まずは、北海道大学産婦人科名誉教授で子宮頸がんの予防啓発をする市民団体代表の産婦人科医、櫻木範明さんの講演を送ります。前編です。

HPVワクチン 厚労省はいつ積極的勧奨を再開するのですか?

国が積極的勧奨をストップして6年が経ったHPVワクチン。世界中で当たり前のようにうたれながら、日本では1%未満の接種率に落ち込み、若い女性を子宮頸がんから守れないことが問題視されています。厚労省の担当官だった元健康課長になぜ厚労省は積極的勧奨を再開しないのか聞きました。

子宮頸がんで子宮を全摘した理系女子が伝えたいこと

「子供が欲しい」と妊活を始めたばかりの頃に子宮頸がんの診断をされた30代前半のひとみさん(仮名)。子宮頸がんになるとはどういうことなのか。検査、手術、その後の生活についてじっくりお話を伺いました。

back to top