Reporting To You X

covnavi

covnavi

ワクチンデマを大量拡散… 謎の女性インフルエンサーは実在しない「AIアイコン」だった。ツイートには多数の不自然な点も

新型コロナウイルスのワクチン接種に反対する立場から発信を続けているTwitterアカウント「南雲香織」。フェイクニュースや誤情報などの疑義言説を大量に発信しているアカウントの正体、そして目的とは。

コロナやワクチンめぐる「誤情報」河村たかし市長が発言を一部訂正「全くのデタラメ」とファクトチェック受けた弁明は…

「イベルメクチン」の効果や子どもへのワクチン接種などに関する河村市長の発言について、専門家はいずれも「明確な誤り」であると指摘している。BuzzFeed Newsのファクトチェックを受け、市長は一部発言を訂正した。

「ワクチンを打つと入院確率が3倍になるとWHOが認めた」鳩山元首相のツイートを専門家が否定。河野太郎氏は「ワクチンデマ」と批判

拡散しているのは鳩山由紀夫・元首相のツイート。しかしWHOはこうした発表を一切しておらず、イギリスからの報告などでは、むしろ、3回目接種においては「打った人のほうが打たない人よりも3倍以上入院する確率が『低い』」ことが明らかになっている。

「ワクチンによる死者は増えていない」専門家が根深い“誤情報”に断言、大規模データから見えたもの

根拠となるのは、アメリカとイギリスの「ワクチンを接種した人と接種していない人」について、コロナ以外の原因における死亡率を比較したデータ。ワクチンの副作用による死亡がもし多いのならば、この「コロナ以外の原因における死亡率」に反映されると考えられるが、実際はどうなっているのか。

ワクチンの中身は毒素? 接種済みの人が感染で重症化? Forbes記事に専門家から批判 訂正重なり「慎重さの欠如反省」

ある研究者が新型コロナワクチンを構成する物質が「毒素」であるなどと主張しつつ、自身が研究開発する「世界初」の感染予防・治療に効果を発揮する「革新的な抗体医薬」をアピールしている。しかし、専門家はこの研究者の主張には誤りが含まれていると指摘している。

新型コロナ「ワクチンが変異ウイルスを生み出した」は誤り。ノーベル賞科学者の発言が拡散

ネット上に広がっているのは、エイズを引き起こすことのあるヒト免疫不全ウイルス(HIV)を発見しノーベル生理学・医学賞を受賞したリュック・モンタニエ博士の「新しい変異株は、ワクチン接種の結果として生み出されたものだ」などとする発言だ。

「永久不妊の可能性」「接種者の息や汗から…」立憲の候補者がワクチンめぐる誤情報拡散→削除

「感染予防効果は見込めない」「接種者の息や汗からスパイクタンパク質が放出される」次期衆議院選への立候補を予定している立憲民主党の北條智彦氏が新型コロナワクチンをめぐる誤情報を拡散。その後、投稿を削除した。

「感染予防効果を期待できるものではない」泉大津市が接種券に誤情報を同封。市長は“マグネシウム鼻うがい”を推奨

大阪府泉大津市では「ワクチンは感染予防効果を期待できるものではありません」といったメッセージが接種券に同封されている。誤情報が含まれているため注意が必要だ。

高齢者の75%がワクチン接種済み。でも… 自治体が抱く今後への懸念。集団免疫獲得へ、取り組みスタート

東京都小金井市は漫画家・かわぐちかいじさんとコラボして製作したポスターや、「こびナビ」が作成したガイドブック等を活用し、より多くの人々に接種を後押しすることを目指す。

「ワクチンの中身はマイクロチップや劇薬」「接種で遺伝子組み換え」広がる誤情報を検証しました

新型コロナワクチンには「マイクロチップ」や「劇薬」が含まれている、接種をすると「遺伝子組み換え」…様々な誤情報が拡散されています。新型コロナウイルス感染症やワクチンに関して正確な情報を発信するためのプロジェクト「こびナビ」協力のもとファクトチェックしました。

「ワクチン接種者が周囲に病気を撒き散らす」「接種で麻痺が起きる」拡散する誤情報。専門家の見解は…

「ワクチン接種者が周囲に病気を撒き散らす」といった新型コロナワクチンに関する誤情報が拡散されている。日米の専門家などによって運営されている「こびナビ」協力のもとファクトチェックした。

「ファイザー社、ワクチンが不妊を引き起こすと公式に認めた」は誤り。サイトの切り取りが拡散

新型コロナウイルスのワクチンが不妊や流産などに直接の影響がないということは、臨床試験や10万人を超える妊婦への接種後の追跡調査から明らかになっている。BuzzFeed Newsはファクトチェックを実施した。

コロナワクチンが「不妊症」や「流産」の原因に? 誤情報が世界で拡散。“ファイザー元副社長”が発端に

コロナワクチンをめぐり、まったく根拠のない情報が世界中に広がっている。ファイザーの“元副社長”の「提言」が発端だが、不妊や流産などに直接の影響がないということは、臨床試験や10万人を超える妊婦への接種後の追跡調査から明らかになっている。

「菅首相がうったワクチンは偽物」「ワクチンの中身は水銀」「添加物で肝臓が空洞化」は本当なの?専門家の見解は…

ネット上に拡散した情報を日米の専門家などによって運営されている新型コロナウイルス感染症やワクチンに関して正確な情報を発信するためのプロジェクト「こびナビ」協力のもとファクトチェックした。

新型コロナのワクチン、妊婦はどうする? 妊娠中に接種したお医者さんはどうやって決めたのか?

日本でも接種が始まった新型コロナウイルスのワクチン。妊婦はどうするか迷っている人も多いのではないでしょうか。妊娠中に接種した米国在住の医師、内田舞さんは何をどのように検討して接種を決めたのかお話を聞きました。

back to top