Reporting To You X

Utilizamos cookies, próprios e de terceiros, que o reconhecem e identificam como um usuário único, para garantir a melhor experiência de navegação, personalizar conteúdo e anúncios, e melhorar o desempenho do nosso site e serviços. Esses Cookies nos permitem coletar alguns dados pessoais sobre você, como sua ID exclusiva atribuída ao seu dispositivo, endereço de IP, tipo de dispositivo e navegador, conteúdos visualizados ou outras ações realizadas usando nossos serviços, país e idioma selecionados, entre outros. Para saber mais sobre nossa política de cookies, acesse link.

Caso não concorde com o uso cookies dessa forma, você deverá ajustar as configurações de seu navegador ou deixar de acessar o nosso site e serviços. Ao continuar com a navegação em nosso site, você aceita o uso de cookies.

covid19jp

covid19jp

東京五輪の数々の「落とし穴」、ワクチン不足 感染爆発を防ぐことはできるのか?

感染者が拡大する中、開幕した東京五輪。その感染対策に不安を抱くようなニュースも相次いで報じられています。問題はないのでしょうか? そして五輪開幕まで間に合わなかったワクチン接種にどう対処したらいいのでしょうか?

感染爆発か、乗り切るか 連休と東京五輪が重なる首都圏の勝負の時 「途中で中止も選択肢に」

東京五輪と連休を控え、首都圏では新規感染者の増加が著しくなっています。最後の切り札「緊急事態宣言」の効果はあるのか。沖縄、北海道などの観光地の行方は? 感染症のスペシャリストに再び聞きました。

Naoko Iwanaga 4時間前

ワクチン接種6割が前向き、4割にためらい 情報判断に自信のない人ほど接種に消極的に

新型コロナワクチンの接種についての調査で、6割は接種に前向きなものの、4割がためらいを抱いていることがわかりました。7割が副反応に不安を抱き、あふれる情報を正しく判断できる自信がない人ほどためらう傾向にあります。

Naoko Iwanaga 4時間前

同じ情報を6種類のシステムに入力、山積みのデータ…コロナ禍で忙殺される保健所。東大のチームが救世主に

感染者が増えると忙しくなる各地の保健所。その負担を増やしている一つに膨大な入力作業があります。東大のチームに応援を頼み、入力作業の効率化を図る足立保健所に取材しました。

“反コロナワクチン”記事が「note」で拡散? 誤情報や陰謀論で影響力、運営側も問題視か

記事はいずれも、誤ったり、根拠不明だったりしている情報や、因果関係の認められていない有害事象を強調してワクチンに対する不安を煽ったりしている。なかには医療者や公職者によるものもある。また、海外で拡散している根拠不明の情報を「翻訳」して転載しているコンテンツが多く見られるのも特徴だ。

“クラスター隠蔽”との批判も…それでも、専門家同士のバトルは「歓迎すべき」。受け止めるべき責任とは?

新型コロナワクチンの接種が進む中、沖縄県立中部病院では大規模なクラスターが発生した。医療従事者はワクチン接種を義務化すべきか?クラスター「隠蔽」との批判はどのように受け止めているのか?

公共の福祉のためでも、制限は最小限に 「居酒屋を特別に制限するなら、根拠を示せ」

4度目の緊急事態宣言が発出され、飲食店は再び酒を出すことを制限されます。しかし、そもそもこの要請に法的な根拠はあるのでしょうか? 憲法学者は「制限は必要最小限に」として、根拠の説明を求めます。

酒販店の取引停止、金融機関への働きかけ 「居酒屋いじめか?」と批判の多い酒提供停止の政策は法的根拠があるのか?

4度目の緊急事態宣言を出す前に、政府は飲食店の酒提供停止について様々な圧力を加える方針を打ち出しました。これには法的根拠があるのでしょうか? 憲法学の専門家に聞きました。

最後の切り札「緊急事態宣言」は効果を発揮するのか? 感染研センター長が恐れる東京五輪の影響と市民の心理

感染拡大が止まらない東京都では4度目の緊急事態宣言が発出されますが、本当に効果を発揮するのでしょうか? 宣言の効果が薄れる中、国立感染症研究所のセンター長が恐れる東京五輪の影響と市民の心理について聞きました。

酒を伴う会食は感染リスク5倍? 感染研疫学センター長「酒提供停止政策の根拠とするのは飛躍がある」

4度目となる緊急事態宣言で、飲食店における酒提供の停止が要請されます。感染研などの調査で、酒を伴う会食に複数回参加した人は感染リスクが高いことがわかりましたが、感染研の疫学センター長は、「政策の根拠とするのは飛躍がある」と注意を促します

高齢者の75%がワクチン接種済み。でも… 自治体が抱く今後への懸念。集団免疫獲得へ、取り組みスタート

東京都小金井市は漫画家・かわぐちかいじさんとコラボして製作したポスターや、「こびナビ」が作成したガイドブック等を活用し、より多くの人々に接種を後押しすることを目指す。

国際的なサッカー選手権で見えた答え合わせ 専門家が命を守るために提示する3つの選択肢

東京五輪を目前とした6月、国際的なサッカー選手権で大規模なクラスターが発生しました。このままいけば過去最大規模の感染爆発も考えられる中、新型コロナのデータ分析をしてきた西浦博さんは命を守るために3つの選択肢を提示します。

五輪開催で住まいを失った人々が、ホテルを追い出される? “路上生活者排除”も… 支援団体が危惧する「最悪の事態」

五輪開催の影響が生活困窮者支援の現場にも出ている。観客を入れて開催する場合の需要増加に備え、ビジネスホテルの部屋を確保することが困難になっていると支援団体は警鐘を鳴らす。

東京五輪直前に国内外で流行状況が悪化 最後の切り札「緊急事態宣言」の効果が持続しないかもと専門家が不安に思う理由

東京五輪開幕まで約2週間、東京で、世界中で、そしてワクチン接種の進む国でもデルタ株の勢いは止まりません。日本は本当に東京五輪を開けるのでしょうか。西浦博さんは「もう感染拡大が止められないシナリオさえ想定せねば」と最大級の危機感を訴えます。

重点措置の延長では後悔する  「これからの大波を乗り越えるために再び緊急事態宣言を」

東京五輪開催まで3週間を切る中、東京では再び感染者が増加しています。公衆衛生の専門家は、まん延防止等重点措置の延長では、東京も含めた関東で最大の流行を引き起こしかねないとして、再びの厳しい対応を訴えます。

「これは僕から皆さんへの挑戦状です」緊急事態宣言が出ないと夏の感染爆発は避けられない?専門家の願い

この夏のシナリオ分析した京都大学准教授の古瀬祐気さん。しかし、そこには緊急事態宣言を出さずに、感染拡大を防ぐシナリオは用意されていない。専門家が今回の分析に込めた願いとは。

五輪開催で感染爆発の可能性は?4度目の緊急事態宣言に効果はあるの?専門家の分析は…

変異ウイルスの影響が小さく、人の流れがこれ以上増加せず、五輪の影響がなかったとしても7月中に1日の新規感染者数は1000人を超えるーー。このような分析を発表した京都大学准教授の古瀬祐気さんに話を聞いた。

「おもてなしどころか、国際的に恥をかく事態も」 医療崩壊も想定される東京五輪で考えておくべきこと

開催に向かって突き進む東京五輪ですが、感染が拡大し、医療崩壊する可能性も想定されます。「その時は躊躇なく中止、中断を」という専門家の声を為政者はどう聞くのか。政府から独立した専門家組織のあるべき姿も語ります。

五輪開催中の東京で「命の選別」せざるを得ない事態も 西浦博さんが分析する医療崩壊のリスク

開催に向かって突き進む東京五輪。理論疫学者の西浦博さんは、変異ウイルスの分析や大流行を経験した大阪のデータから、東京も医療崩壊が起きる可能性を指摘します。私たちは「命の選別」をせざるを得なくなるのでしょうか?

「歴史の審判に耐えられるようにすべきだ」五輪のリスク評価発表へ、専門家は模索を続けた… メンバーが明かす舞台裏。

なぜ、政府の新型コロナ分科会としてではなく有志での発表となったのか。提言発表に向けて、何が起きていたのか。有志の独自提言発表をサポートした東京大学医科学研究所教授の武藤香織さんに聞く。

「五輪は開催するけど、感染拡大防止のために我慢して」という「矛盾したメッセージ」 国民は協力できるか?

五輪開催の影響としてもう一つ危ぶまれているのは、国民の感染対策意識が緩んでしまうのではないかという問題です。「矛盾したメッセージ」を解消するには何が必要なのでしょうか?

「開催中も医療逼迫なら中止を」 東京五輪の感染対策をアドバイスしてきた専門家が譲れないこと

五輪開催に向けて、観客1万人、一時は場内での飲酒も可能とされるなど、次々と感染対策と逆行する方針が示されていく東京五輪。感染対策をアドバイスしてきた専門家がそれでも譲れないポイントを聞きました。

いま日本に入国するとどうなる? 水際対策最新ルポ 親子2人で11㎡シングルルーム、4日間の隔離生活

感染力が強い変異ウイルスのデルタ株の拡大が懸念されるなか、日本政府の水際対策にも注目が集まります。今月、デンマークから5歳の娘を連れて日本に帰国し、隔離ホテルでの滞在を経験した筆者が、「閉所恐怖症になりかけた」という水際対策の様子を伝えます。

日本でも始まる「ワクチンパスポート」の議論 出入国の手続きを簡略化、行動制限の解除や特典も

ワクチン接種が進む中、経団連と専門家は「ワクチンパスポート」についての提言をまとめました。接種証明を見せれば、出入国の手続きが簡便になり、様々な特典や行動制限の緩和が受けられます。提言作成に関わった公衆衛生の専門家にポイントを聞きました。

「五輪とは関係ないですね?」専門家が政府に念押し。イベントの観客上限めぐる議論、尾身会長が語ったこと

分科会の尾身茂会長は会見で、今回了承したイベント開催制限等のあり方は五輪とは関係のないものであることを強調する。「五輪の議論をしているわけではないですよ、としっかり申し上げた」と語る理由とは。

“今までと違うオリンピック”感染症専門医が警鐘 「変異ウイルスで必ずリスク高まる」

新型コロナ対策の最前線で戦い、最新情報のわかりやすい発信に努めてきた感染症専門医、忽那賢志さん。大阪大学教授に就任するタイミングで、新型コロナの現在、過去、未来を語り尽くしていただきます。

「ファイザー社、ワクチンが不妊を引き起こすと公式に認めた」は誤り。サイトの切り取りが拡散

新型コロナウイルスのワクチンが不妊や流産などに直接の影響がないということは、臨床試験や10万人を超える妊婦への接種後の追跡調査から明らかになっている。BuzzFeed Newsはファクトチェックを実施した。

「説明しない態度を許してきたのは国民」 感染症専門医が見た五輪で変わったこと、変わらないこと

強力にワクチン接種が進められるなど「五輪効果」がある一方、コロナ禍の今、なぜ開催するかという問いに明確な答えはありません。この状況をもたらしたのは誰か。岩田健太郎さんが斬りまくります。

8月初めに再び緊急事態宣言レベルの感染拡大 8割おじさんこと西浦博さんが最新のシミュレーションを公開

東京五輪開幕が7月23日に迫る中、理論疫学者の西浦博さんが最新のシミュレーションを公表しました。高齢者がワクチン接種を順調に終えても、8月初めに緊急事態宣言を出すレベルに感染拡大すると予測しています。

「世の中は狂ってる」ある看護師が“反ワクチン”の陰謀論に染まるまで

新型コロナワクチンを「大量破壊兵器」と否定したり、コロナそのものが「詐欺」であると訴えたりする「陰謀論」が世界中で問題視されるなか、東京・渋谷であるデモが開かれた。どのような人たちがどのような思いで参加していたのか。

「五輪開催で死亡者増は許されない」 公衆衛生学者が今、どうしても伝えたい知事の責任

国民の反対をよそに開催に向けて動く東京五輪。「五輪開催によって市民の死亡者増加は許されない。言い訳はできない」。感染対策に関わってきた公衆衛生学者は、開催地の知事の責任を訴えます。

コロナ禍で五輪は本当に開催できるの? 専門家の指摘する「コントロールしにくいリスク」とは

感染対策を講じた上で大会を開催するということは現実的に可能なのか。「東京オリンピック・パラリンピック競技大会における新型コロナウイルス感染症対策調整会議」に感染症の専門家として参加する、齋藤智也さんに話を聞く。

「ワクチンは殺人兵器」「トランプ氏が世界を救う」母親を奪った陰謀論。息子の語った後悔とは

新型コロナウイルスやアメリカ大統領選、さらにはワクチンなどをめぐり世界中で問題視されている「陰謀論」。母親がのめり込んだ結果、絶縁状態になってしまったという男性の語る、壮絶な体験とは。

これはわかりやすい…!コロナワクチンの「疑問」をイラスト解説で。医師らが作成

新型コロナウイルスのワクチン、効果は?副反応は?疑問をイラストを交えてわかりやすく説明するフライヤーができました。長野県新型コロナウイルスワクチン接種アドバイザーチームの発行・監修です。

感染リスクの高い在宅の重度障害者やヘルパーにも優先接種を ALS患者に感染させた例も

在宅で暮らす重度障害者の医療的ケアを担うヘルパーが、ALSの患者と家族に感染させる問題が起きました。重度障害者の自立生活を支える5団体は、障害者やヘルパーに優先接種させるよう自民党の幹部に要望書を提出しました。

殺到する電話、ワクチン予約システムのパンクは「予想されていた混乱」 なぜ問題を繰り返す?「早い者勝ち」の仕組みに課題

新型コロナウイルス感染症のワクチン予約をめぐっては、電話予約にアクセスが集中するケースやウェブ予約の仕組みがパンクするといったケースも。専門家は「『早い者勝ち』の仕組みは良くない」と指摘する。

高齢者から小児科クリニックに怒りの電話 コロナワクチン予約、個別接種担う開業医も混乱

高齢者で新型コロナワクチンの接種が本格化し、大規模接種会場だけでなく、個別接種を行う医療機関でも予約で混乱が起きています。先週から高齢者の問い合わせが相次いでいる小児科開業医の森戸やすみさんに聞きました。

「専門家の乱」の真相は? 感染症のスペシャリストが緊急事態宣言を勧めざるを得ない理由

変異ウイルスが猛威を奮い、緊急事態宣言も延長になり、対象地域も拡大している日本。 長引く生活の制限にうんざりしている人も増えていますが、なぜ必要なのでしょうか?「専門家の乱」の真相は? 岡部先生に聞きました。

日本の感染状況「さざ波」「五輪中止とか笑笑」内閣参与の発言、任命した菅首相は「個人の主張」

ツイートが批判されているのは、嘉悦大の高橋洋一教授。東京五輪中止を求める声に呼応した発言とみられ、更迭を求める声もあがっている。発言は、官房長官会見や国会でも取り上げられた。

「正義の味方はどこへ行った?」 高齢者施設で新型コロナクラスター「悲惨な状況」「誰も助けに来ない」

新型コロナウイルス感染者の急増で余裕がなくなっている神戸市の医療体制。GWから本格的に診療に参入し始めた在宅緩和ケア医は、高齢者住宅のクラスター対策にも関わらざるを得ない状況になっています。現状を聞きました。

コロナワクチンが「不妊症」や「流産」の原因に? 誤情報が世界で拡散。“ファイザー元副社長”が発端に

コロナワクチンをめぐり、まったく根拠のない情報が世界中に広がっている。ファイザーの“元副社長”の「提言」が発端だが、不妊や流産などに直接の影響がないということは、臨床試験や10万人を超える妊婦への接種後の追跡調査から明らかになっている。

back to top