back to top

パッケージにオブジェに… 世界各地から発信されている禁煙メッセージたち

吸う人も吸わない人も。

世界のあちこちでは、さまざまな形で禁煙に対するメッセージが発信されている。

例えば、プレーンパッケージ。

2012年以降オーストラリアを皮切りに、たばこの包装をブランド名と商品名を決められた色とフォントだけで表示する「プレーンパッケージ化」が、世界各国で進んでいる。

「あなたの喫煙があなたの子どもたち、家族、そして友人を傷つけるのだ」

イギリス、フランスにおけるプレーンパッケージのイメージ写真。
AFP=時事

イギリス、フランスにおけるプレーンパッケージのイメージ写真。

「子どもたちを守ろう:彼らにたばこの煙を吸わせないで」

現在ベルギーで販売されている。
AFP=時事

現在ベルギーで販売されている。

「喫煙は致命的な肺がんを引き起こす」

たばこを吸う肺と吸わない肺。違いが明らかだ。たばこのパッケージでこれらの写真を載せるのは喫煙者減少への強い意志を感じる。
時事/欧州委員会提供

たばこを吸う肺と吸わない肺。違いが明らかだ。たばこのパッケージでこれらの写真を載せるのは喫煙者減少への強い意志を感じる。

世界各地に展示された作品も、禁煙に対する問題意識を問いかける。

インドのサンドアート。

2013年の世界禁煙デー、インドの砂浜に現れたサンドアート。
AFP=時事

2013年の世界禁煙デー、インドの砂浜に現れたサンドアート。

ハイヒールオブジェ。

15000本にもなるたばこで作られた、ハイヒールを模したオブジェ。世界禁煙デーを啓発するために、インドのショッピングモール内に設置された。
AFP=時事

15000本にもなるたばこで作られた、ハイヒールを模したオブジェ。世界禁煙デーを啓発するために、インドのショッピングモール内に設置された。

シドニーの車止めポール。

禁煙ゾーンとなったショッピング街に登場した車止めのポール。たばこの吸い殻が道に刺さっているデザイン。
AFP=時事

禁煙ゾーンとなったショッピング街に登場した車止めのポール。たばこの吸い殻が道に刺さっているデザイン。

たばこを吸う人と吸わない人、上手に共存できる社会にするためにはどうしたらいいのだろうか。

Ayame Suzukiに連絡する メールアドレス:ayame.suzuki@buzzfeed.com.

Got a confidential tip? Submit it here.