M-1芸人、誹謗中傷に苦言「常人なら墓に飛び込みたくなる」「可能なら…」と注文

    お笑いコンビ・オズワルドの伊藤俊介が、Twitterを更新。『M-1グランプリ』決勝戦後のできごとを公開した。伊藤は、TwitterのDMで労ってくれたファンに対し「本当にありがとうございます!」と感謝の気持ちをつづった。同時に、誹謗中傷のDMが多く届いていることを明かしている。

    お笑いコンビ・オズワルドの伊藤俊介が、Twitterを更新。『M-1グランプリ』決勝戦後のできごとを公開した。

    伊藤は、TwitterのDMで労ってくれたファンに対し「本当にありがとうございます!」と感謝の気持ちをつづっている。

    M-1に関して多くの労いのDM送ってくださる方々、返せてこそいませんが本当にありがとうございます! そして常人なら墓に飛び込みたくなるような誹謗中傷を送ってくださる方々、どんな文言でも謹んでお受け致しますが、可能ならまずはお疲れ様でしたから入るのはどうでしょう?ごめんね無理言っちゃって

    Twitter: @ozwalditou

    同時に、

    「そして常人なら墓に飛び込みたくなるような誹謗中傷を送ってくださる方々」

    と続け、心ないDMが多く届いていることを明かした。

    しかし、中傷メッセージを送ってきた人物を厳しく批判することもなく、

    「どんな文言でも、つつしんでお受けいたしますが、可能ならまずは『お疲れさまでした』から入るのはどうでしょう?」

    「ごめんね無理言っちゃって」

    とつづった。

    ド正論すぎる……!!! 誹謗中傷、ダメ、絶対!

    伊藤のツイートを読んだファンの反応は?

    「何回でも挑戦する姿、本当にかっこいいです!」

    「わたしの中では、オズワルドがいつもNo.1の芸人さんです」

    「本当にお疲れさまでした!! 伊藤さんのワードセンスが最高に大好きです」

    など、肯定的な声が多く寄せられている。

    多くのファンたちが「お疲れさまでした」と伊藤を労っていて、めちゃくちゃ優しい世界……!

    オズワルドは、今までに4回『M-1』に出場。今回の大会では、準決勝戦で敗退していた。

    YouTubeでこの動画を見る

    M-1グランプリ / Via youtu.be

    しかし、敗者復活戦で見事勝利をおさめ、決勝戦へと進出。

    「明晰夢(めいせきむ)」を題材とした”しゃべくり漫才”を披露している。

    惜しくも最終決戦には届かなかったが、多くの観客を笑いの渦に巻き込んだ。

    12月21日には、2人がパーソナリティをつとめるラジオ番組『ほら!ここがオズワルドさんち!』(TBSラジオ)で生放送を配信。

    番組では、今回のM-1にまつわるエピソードが多く語られている。

    (相方の畠中悠から、誹謗中傷DMに物申した件について、伊藤がめちゃくちゃにいじられる場面も……!)

    ゆる〜い雰囲気で展開される放送は、インターネットラジオサービス『radiko』で1週間限定で公開中だ。

    YouTubeチャンネル「オズワルドのおずWORLD」の公式Twitterでは、最終決戦で披露する予定だったネタを公開。

    オズワルドが #M1グランプリ 2022最終決戦に残ったらやる予定だった漫才です! オズワルド漫才「しまもと」 https://t.co/lbpHpqbeXL

    Twitter: @ozw54321

    動画のタイトルは「オズワルド漫才『しまもと』【2022 M-1前ver.】」

    ネタは、畠中が「俺がとなりにいることを当たり前だと思ってない?」とキレるところから始まる……!

    『明晰夢』とは、ひと味ちがった“オズワルドの世界”を堪能できるネタになっているので、気になる方はぜひご覧いただきたい。