ディズニー映画で、初めて「オナラ」したキャラは誰?

    あのキャラとあのキャラは、実は…

    1. 『ライオン・キング』のプンバァは、ディズニー映画で初めてオナラをしたキャラクター

    2. アメリカ版貞子と『リロ・アンド・スティッチ』のリロの声優は同じ人

    3. 『ベイブ』でベイブを演じた子豚は48頭

    4. 神よりもたくさん感謝されているスティーヴン・スピルバーグ

    5. ホラー映画『ハロウィン』、マイケル・マイヤーズのマスクは、『スター・トレック』のジェームズ・T・カークのマスクを白く塗っただけ

    6. シルヴェスター・スタローンは、かつて貧しさから愛犬のブッカスを40ドルで売ったことがある

    7. R2-D2、最初は普通に話す設定だった。

    8. 世界初の女性映画監督はアリス・ギイ=ブラシェ、初作品は1896年

    9. ショーン・コネリーは、ジェームズ・ボンド役のとき、かつらをかぶっていた

    10. ホラー映画を見ると痩せる?

    11. ハン・ソロ役は、ビル・マーレイだった可能性も。

    12. 1939年、ディズニー映画『白雪姫』がアカデミー名誉賞を受賞した時のオスカー像には、7人のオスカー小人がついてきた。

    13. アラジンのモデルは、トム・クルーズ。

    14. 『アメリカン・サイコ』のクリスチャン・ベイル演じるパトリックも、モデルはトム・クルーズ。

    15. 『バック・トゥ・ザ・フューチャー』は『スペースマン・フロム・プルート』というタイトルになるかもしれなかった。

    16. 中国では、タイムトラベル系映画は禁止。

    17. イギリスのホラー映画『ショーン・オブ・ザ・デッド』には、コールドプレイのクリス・マーティンがゾンビ役で出演している。

    18. 『パッション』でキリストを演じたジム・カヴィーゼルは、撮影中、雷にうたれた。

    19. 『ハリー・ポッター』シリーズで、ダニエル・ラドクリフのスタントを担当していた男性は、撮影中事故にあい、現在も麻痺が残っているため車椅子で生活している。

    20. 『トロン』は、コンピューターグラフィックを使った映像はズルだとして、アカデミー賞を失格になった。

    21. O・J・シンプソンは、ターミネーター役に名前があがっていた。

    22. ヨーダの足の指の数は永遠の謎。

    23. 『スタートレック ジェネレーションズ』は、公式サイトがあった初の映画。

    24. 『ターミナル』でトム・ハンクス演じたキャラクターのモデルとなった人物は、18年間実際に空港で暮らしていた。

    25. 『ワンダーウーマン』撮影中、 ガル・ガドットは妊娠していることを隠していた。

    26. 映画館に最初にドリンクホルダーが誕生したのは1981年

    27. 『ジュラシック・パーク』でのヴェロキラプトルの鳴き声には、亀の交尾の鳴き声が使われた。

    28. 『ブルース・ブラザース』には、コカイン購入予算があった。

    29. ヴォルデモート死亡時の年齢は71歳。

    30. 『パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち』は、2000年以降最もミスが多い映画。

    この記事は英語から翻訳されました。
    翻訳:soko / 編集:BuzzFeed Japan