back to top

どうせなら知らずに死にたかった 21の残酷な事実

こんなこと知りたくなかった。

広告

6. 体長約1センチの殺人クラゲがいる。

Adam Calaitzis / Getty Images

イルカンジクラゲと呼ばれており、成体でも体長1センチくらい。クラゲ分類学者のリサ・ガーシュインは、刺されたときの副作用を次のように述べている。背中をドリルで穴を開けられるような痛み、15分おきにシーツを絞らないといけないくらいの発汗、呼吸困難、最長で12時間続く絶え間ない吐き気と嘔吐、筋肉の痙攣などの症状がでるらしい。

広告
広告
広告
広告

この記事は英語から翻訳されました。翻訳:五十川勇気 / 編集:BuzzFeed Japan