「映ってはいけない」ものが入ってしまった映画のワンシーン 17選

    何にでもミスはつきものだけど、気づかなかったのかな…。

    1. 『パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち』

    Disney

    ジャック・スパロウの後ろに、サングラスをかけた人物が…。

    2. 『ピーウィーの大冒険』

    Warner Bros.

    チェーンが下から出てるの、見えちゃってるよ〜。

    3. 『グラディエーター』

    Universal

    戦車が倒れるシーン。タンクとワイヤーが見えちゃってる。

    4. 『アベンジャーズ』

    Marvel

    ニューヨークでの戦闘シーン。目をこらすと、車を引っ張るロープが見える。

    5. 『ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ザ・ジャングル』

    Columbia Pictures

    木の陰に黒いTシャツを着たスタッフがいる…!

    6. 『タイタニック』

    Twentieth Century Fox

    ジャックとローズがキャルドンから逃げるシーン。カメラと照明が窓越しに映り込んでいる。

    7. 『マトリックス』

    Warner Bros.

    ドアノブにカメラが反射している。

    8. 『インディ・ジョーンズ/最後の聖戦』

    Paramount Pictures

    緑のシートの下からボートを操縦するスタッフの腕が見える。

    9. 『グーニーズ』

    Warner Bros.

    便座を押し上げるためのバーがはっきりと見える。

    10. 『ハリー・ポッターと賢者の石』

    Warner Bros.

    ホウキにサドルみたいなクッションが付いている。

    11. 『ロジャー・ラビット』

    Disney

    警官が転ぶシーンで、スタント用のマットがしっかりと映っている。

    12. 『メン・イン・ブラック3』

    Columbia Pictures

    カメラやワイヤーがドアに反射している。

    13. 『ブルース・オールマイティー』

    Spyglass Entertainment

    犬に指示を出す手が映り込んでしまっている。

    14. 『バットマン』

    Warner Bros.

    かっこよく降り立つシーンなのに、ワイヤーが…。

    15. 『007/カジノ・ロワイヤル』

    Columbia Pictures

    ジェームス・ボンドが男を追いかけるシーン。ドアを閉めるスタッフの手が見える。

    16. 『ナショナル・ランプーン/クリスマス・バケーション』

    Warner Bros.

    左端に注目。スタッフがうっかり映り込んでしまっている。

    17. 『グレムリン』

    Warner Bros.

    クリスマスツリーが倒れるシーン。メガネをかけた赤いシャツのスタッフがツリーを押しているのが見える。

    この記事は英語から翻訳・編集しました。 翻訳:髙橋李佳子