液体ミルク実際どう? 使った人に聞いてみた

    3月5日より発売開始したグリコの液体ミルク「アイクレオ」。実際に使用した4名に感想を聞きました。

    「水筒要らないだけでめっちゃ楽!!!!!準備も楽!!!!!!」

    水筒要らないだけでめっちゃ楽!!!!!準備も楽!!!!!!ポーチにすっぽり!!!!!#液体ミルク

    るおさん(@ruo04n_)は、液体ミルクのおかげでお出かけの準備と荷物がぐっと減ったと言います。

    実際に外出先で利用した際には、「アイクレオには移し替え専用のストローが付属してあるのですが、そのストローがとても瓶に移し替えやすく、液だれもしないので感動しました」

    とはいえ「本音を言えば、容器に移し替えることなく飲めるようになってくれたら1番なのですが…」と、るおさん。

    「それでも清潔不潔を不安に思いながら調乳しなくてもよいのは、ストレスも少なく私にとっては良いことづくめでした!」

    「調乳が一瞬で終わる。常温だと飲まず温める必要あり。防災用に備蓄するが、週一で慣れさせておく予定」

    提供画像

    アイクレオ液体ミルク到着。飲ませた。普通に飲んだ(普段すこやかM1)。6時間経過、特に体調排泄機嫌に変化なし。
    ◎調乳不要で簡単
    △常温okの商品だが👶が飲まないので温める必要あり、125mlなので過不足出る、ちょい高💰

    防災用としては○(吸い口付いてたらベター)

    そうコメントするのは0歳3ヵ月のお子さんをもつAさん。

    Aさんによれば、液体ミルクの良さはなにより「調乳が一瞬で終わる」こと。粉ミルクを1杯2杯と数えたり、お湯を沸かして溶かして冷まして……という手間が解消しました。

    ただお子さんが常温のままでは飲まず、温める手間かかるのがネック。ご家庭や普段のお出かけで利用するつもりはないそうです。

    「災害用備蓄を想定。週に1本をあげて普段から慣れされておく予定」。 災害時に使うことを考えると「使い捨ての二プルがついていれば、より良い」とも話します。

    「前もってアレルギー症状が出ないか試しておいた」

    今話題の液体ミルクを試してみた私なりの体験結果。 ○予定のない体調の良い日の午前中にあげた ○乳製品と大豆を与えて前もってアレルギー症状が出ないか試しておいた ○違うメーカーのミルクを与えていたが問題なく飲んだ ○冷暗所に置いていたため最初は飲まなかったが温めたら飲んだ #アイクレオ

    るるるさん(@i6foYmzfhOhURnb)には0歳7ヵ月のお子さんがいます。

    液体ミルクには乳製品や大豆などが含まれるため、事前にアレルギー症状が出ないかをチェックしておいたそうです。その上で「予定のない体調の良い日の午前中」に利用。

    使用した感想としては、「お湯が必要ないことが一番ラクです。また他人に預けるときも作り方を教えやすいと思います」とコメント。

    一方で、「コンビニなど気軽な場所で買えない、哺乳瓶が別途必要、ストローを触らないといけない、量が少ない」などの不便さも指摘します。

    また、るるるさんのお子さんはミルクを温めないと飲みません。「今回は家だったのでレンジでチンしましたが、真冬の避難所等だったら悩むところです」

    「初めて飲むからうぇーって顔してた。ミルクや母乳に比べたらペースは少し遅め」

    今日出かけた時に液体ミルク1個だけ買ってみて飲ませた💞 初めて飲むからうぇーって顔してたw 飲みなれてるミルクや母乳に比べたら1口飲んで休憩?繰り返して慣れたら普通にごくごく飲んだけどミルクや母乳に比べたら飲むペースは少し遅めでした🤣常温で飲まんからチョイ抵抗あったんかな?

    たくみん♡さん(@yuiiove1)は、液体ミルクを利用してみて「お湯を探したり、持っていかなくていい。子どもを待たせることなく飲ませてあげれる」という点を評価。

    ただし飲み慣れている粉ミルクや母乳に比べると、液体ミルクは飲むペースが遅かったそうです。

    今後は、ご家庭では母乳と粉ミルク、お出かけ時には液体ミルクと使い分ける予定。

    液体ミルクの改良点としては、容量と価格を挙げました。

    「量が少ない。もう少し多くするか、割り切れる量にしてほしい。捨てるのが勿体ない」「もう少し安くなってほしい」

    グリコ液体ミルク「アイクレオ」は12本入り2592円

    江崎グリコ株式会社プレスリリース画像

    アイクレオ 赤ちゃんミルクは1本125ml。常温保存が可能で、賞味期限は6ヵ月。0ヵ月から使用可能です。

    グリコの公式通販サイトでは12本入りが税込2592円(1本あたり216円)で販売されています。

    一部スーパーやベビー用品店などで取り扱いも始まっており、店舗によっては1本200円前後でバラ売りされていることもあります。

    3月下旬には液体ミルク「明治ほほえみ らくらくミルク」も販売へ

    株式会社明治プレスリリース画像

    明治からも液体ミルクが発売されます。こちらはスチール缶タイプ。

    1本240mlで、メーカー希望小売価格は税別215円。賞味期限は1年です。