ウォーターサーバーなんて家にいらないでしょ…って思ってたのは間違いだった

    「この水おいしい」「ボトルの交換がめっちゃラク」「デザインがいい」

    ※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がBuzzFeedに還元されることがあります。

    オフィスに新しく導入したウォーターサーバーが絶賛されてます

    Asami Togi / BuzzFeed

    FRECIOUS Slat IoT」という商品なんですけど、非の打ちどころがないような優秀なウォーターサーバーでして。

    使った社員みんなが絶賛しているので、ちょいと紹介させてください。

    まずなにより、デザインがいい

    Amazon

    シンプルさを突きつめたような洗練されたデザイン。オフィスはもちろん、自宅に置いてもインテリアを邪魔しません。

    まず、水が口あたりまろやかでめっちゃおいしい

    Asami Togi / BuzzFeed

    富士の天然水が使われているんですが、「この水おいしい!」「口あたりがまろやか」と大好評。

    実際に自宅で使ってる人によれば、「この水でご飯を炊くのもおすすめ」とのこと。

    冷水、常温、熱湯が出せる

    Asami Togi / BuzzFeed

    常温が飲めるのってめずらしいですよね。

    再加熱すると、90度の熱々のお湯になる

    Asami Togi / BuzzFeed

    「再加熱」機能を使うと、約90度のあっつあつの熱湯に。カップラーメンやインスタントスープなどを作るのに最適です。

    エコモードにすると熱湯を75度でキープ

    Asami Togi / BuzzFeed

    エコモードは節電になるだけでなく、熱湯が赤ちゃんのミルク作りに最適な温度まで下がるんです。

    湯冷ましする必要がなくなるのでとっても便利です。

    注ぎ口の位置が高く、腰をかがめずに注げる

    Asami Togi / BuzzFeed

    水の注ぎ口が高い場所にあるのも、ちょっとした便利ポイント。

    注ぎボタンもウォーターサーバーの上部についていることもあり、背の高い同僚が「かがまずに注げる!」と喜んでました。

    水ボトルの交換がすっっっっっごくラク

    Asami Togi / BuzzFeed

    水ボトルはサーバーの一番下に格納されているので、重いボトルを持ち上げる必要がありません。女性の力でもストレスなく交換できました。

    水が少なくなると、自動で注文してくれる

    Amazon

    このウォーターサーバーのすごいところはIoTであること。水ボトルの残量を計測し、少なくなったら自動でAmazon経由で注文してくれます。

    買い忘れる心配も、買いすぎたボトルが家に溜まっていくという心配もありません。

    上司「このウォーターサーバー、かなりいいと思います」

    Asami Togi / BuzzFeed

    「とても美味しい水でした。

    あと交換がすごくラクでした。これまでのウォーターサーバーは交換の手順がいくつかあったけど、これはシールを剥がしてワンアクション。かなりのアドバンテージなのでは。

    ボトルを低いところにおくのもかなりポイントだと思います。重いボトルを上までヨイショとあげなくていいので」

    と上司も太鼓判を押してます。

    これ、オフィスに置くのもいいんですが、やっぱり自宅にほしい。これまでは家にウォーターサーバーなんて必要ないでしょって思ってたんですが、これなら置きたいです。まじでほしい。

    購入はAmazonでどうぞ。

    ※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がBuzzFeedに還元されることがあります。