• kodomo badge
  • animaljp badge

「愛おしいという感情で死にました」猫の優しさに「尊いをありがとう」と大声で言いたい

朝起きたら赤ちゃんの足元にこんなものが。新しい家族を迎え入れ、受け入れて、そして優しく愛する猫の行動に、やられたわ…。

「『愛おしい…』という感情で死にました」

愛猫の優しさが話題です。

お母さんの垂れ目さん(@tare_tare_me)が、Twitterに愛猫が大切なおもちゃを赤ちゃんに貸していたお話を投稿したところ、4千回以上リツートされ、2万4千以上の「いいね」が集まりました。

「尊いをありがとう」「私も巻き込み死しました…😍」と大きな反響が寄せられています。

「朝起きて隣見たら猫ちゃんの大好き大切おもちゃが赤ちゃんの足元に置かれており『愛おしい…』という感情で死にました」

垂れ目さんTwitterより / Via Twitter: @tare_tare_me

尊い…尊すぎるじゃないか…。

こんな光景が朝一で見れるなんて幸せすぎるって…😭❤️

BuzzFeedは垂れ目さんにお話を聞きました。

現在生後8カ月の赤ちゃんと、今年で3歳になったという猫のムーちゃん。

「猫が一番気に入っているおもちゃを赤ちゃんの足元に置いている様子に驚いて、思わず写真を撮りました」

大切なおもちゃを貸してあげる、なんて優しい猫さんなの〜。

ーーねぇねぇ、垂れ目さん。ムーちゃんとお子さんは普段から仲がいいんですか?

「赤ちゃんと猫はお互いに近すぎず、遠すぎず、適度な距離を保ちながら生活してます」

垂れ目さんTwitterより / Via Twitter: @tare_tare_me

「以前、赤ちゃんが猫のしっぽを強く握ってしまい、猫がびっくりして赤ちゃんにガブッと噛み付いてしまったことがありました。噛まれた赤ちゃんは驚いて大泣きしてしまい、それから猫に触るときはそーっと慎重に手を伸ばすように。それ以降は猫も『赤ちゃんは嫌なことをしない』と学んだのか、噛み付くことは一切なくなり、ちょっと離れた場所で一緒に昼寝することも増えました』

「最近では、赤ちゃんが猫じゃらしを持って猫の関心を引こうとする場面も(大人が使っているのを見て覚えたのかな…)」

「赤ちゃんの猫じゃらしに多少じゃれるものの、うまく扱えないのですぐどこかに行ってしまうことが多いです。また、赤ちゃんがハイハイするようになってから、猫の目の前まで移動して大きな声をあげることがあります。猫は少しびっくりした様子でしばらく赤ちゃんを見つめながら、何事もなく赤ちゃんの横をすーっと横切っていきます」

「赤ちゃんは猫のことが大好きで興味津々ですが、猫は赤ちゃんとの生活にだいぶ慣れてきたのもあり、関心は薄いようです」

お互いに成長しているのが伺えますね😊

ーー他にも「愛おしい…」と感じたエピソードってありますか?

「たまに猫から赤ちゃんの側に猫じゃらしをポンッと置いて、『遊んで』とアピールすることがあります」

垂れ目さんTwitterより / Via Twitter: @tare_tare_me

「普段から遊んでほしいときに猫じゃらしを持ってくる習慣があるので、それを赤ちゃんにも行っているのをみて愛おしく感じました。また、猫が甘えてすり寄ってくるとき、赤ちゃんにも同じように頭突しながらスリスリしていて愛おしさの嵐でした。少しずつ彼らの距離は縮まっているのかもしれません」

反響を受けて

ーー多くの「尊い」というコメントが見受けられましたが、反響をどう受け止めていますか?

「ここまで多くの方々に反響があるって正直驚いています」

「自分の宝物である飼い猫と赤ちゃんのいち場面をいろんな方に『尊い』『かわいい』と言っていただき、とても嬉しい気持ちでいっぱいです」

今後のムーちゃんとお子さんの成長と、さらなる「愛おしい」の瞬間が楽しみですね!✨