オトナなら知ってて当然の雑学を集めてみた

    太陽と月が同じサイズに見えるのは超偶然

    1. ミシュランガイドはタイヤメーカーのミシュラン社がタイヤを売るために作ったもの。

    Stan Honda / AFP / Getty Images

    ミシュランガイドに掲載されているお店やホテルを巡るうちにタイヤを消耗するので、タイヤの買い替え需要を狙ったもの。

    2. イギリスでは、騎士道の影響で車は左側通行。その他の多くの国が右側通行なのはナポレオンの影響。

    Tomassereda / Getty Images

    人々が剣を下げていた時代、左側通行には大いに意味があることだった。なぜなら利き手で身を守りやすいから(人口の90%は右利き)。

    ナポレオン帝国は征服した多くの国で右側通行を推し進め、自動車の発明によって、この交通ルールが多くの国で固定化された。

    3. 指には筋肉がない。指の動きは前腕と手の平の筋肉によってコントロールされている。

    Normaals / Getty Images

    筋肉によって引っ張られる腱はあるが、指に筋肉はない。

    4. ステゴサウルスは草木よりも古い時代に生きていた。

    Syldavia / Getty Images

    ステゴサウルスが存在したのは約1億4000万年前。草木が誕生したのは約8000万年前

    ジュラシックパークのステゴサウルスたちは「この緑のやつ何?」と思ったはずだ。

    5. アポロ計画に参加した宇宙飛行士バズ・オルドリンの母親の旧姓はMoon(月)だった。

    Space Frontiers / Getty Images

    オルドリンはアポロ11号ミッションの宇宙飛行士チームの一員で、月面歩行を行なった最初の人類の一人。そのオルドリンの母親が結婚前はマリオン・ムーンという名前だった。

    6. 太陽と月は、地球から見ると同じサイズに見える。実はこれ、ありえないほどの偶然で成り立っている。

    Jon Olav Nesvold / AFP / Getty Images

    もし月が今より少し遠かったり小さかったりしたら、今のような完璧な日食はなかっただろう。

    7. J・K・シモンズは、1990年代からずっとM&MのCMの黄色いピーナッツのを担当している。

    Matt Winkelmeyer / Getty Images, Mars

    オスカー俳優であり、かつて「スパイダーマン」の新聞編集長J・ジョナ・ジェイムソン役をつとめた彼は、ずっとCMに出演している。

    8. 「容易な、楽々と」を意味するHands downという表現は、競馬に由来する。馬と騎手が他よりも大きくリードしている場合には、騎手は手を下げ、手綱を緩めることができたからだ。

    Marlenka / Getty Images

    9. イギリスのパブ等で見かける「Ye olde」という言葉。なんとなく古めかしいイメージがあるが、実はフェイクの古英語で、発音は「The old」と発音すべきものである。

    Carl Court / Getty Images

    古英語には、ソーンと呼ばれ、「TH」の音を表す「Þ」という文字があった。しかし、表記方法の変更と「Þ」がないことが多かった印刷機の登場によって、「Þ」の代わりに「Y」が使われるようになった。「olde」に関しては、このスペルは19世紀になるまで登場しない。古英語では「auld」や「awld」は使っていたが、「odle」はなかった。

    10. 違う血液型の輸血を受けた人は「破滅が差し迫った感覚」を訴えることが多い。

    Toeytoey2530 / Getty Images

    「破滅が差し迫った感覚(a sense of impending doom)」

    違う血液型の輸血を受けた場合、発熱、痛み、悪寒、輸血部位の焼けるような熱さがある。

    この記事は英語から翻訳・編集しました。翻訳:フェリックス清香 / 編集:BuzzFeed Japan