back to top

金持ちのイケメンとの結婚より、わんことの生活を選んだ女性

「誰のためだとしても、犬と離れることは、ありえない」

カリシュマ:「結婚はやめる。だって、(犬のことが)後で問題になるに決まっているもの」

相手:「本当にそれでいいの?犬のことをそんな風に思うなんて、長い人生の中で一時的なことかもしれないよ。君の人生のことを話しているんだよ」

カリシュマ:「わかって言っているのよ。一時的なことなんかではないし、誰のためだとしても、犬と離れることは、ありえない」

相手:「申し訳ないけれど、それなら犬と結婚してもらうしかないよ」

カリシュマ:「うまくいかないからって、傲慢なことを言わないで」

相手:「犬が嫌いだと思ったことはないけれど、今は好きになれなくなっている」

相手:「失礼なことを言ってごめん。君の人生だから、もちろん好きにしていいんだよ。でも、君の人生の中で、犬が最も大事だということを、受け入れきれないんだ。ペットを飼うのはいいけれど、二人の間に入ってくるとしたら、それは良いとは思えないんだ。まあ、でも君がそう思うなら仕方がない。君の人生だし、願いだから。君には自分が思うように生きる権利があるよ」

広告

「彼は『キャリアじゃなくて、家族を優先すべきだ』みたいなことを言うの」とカリシュマ。「私の家族は今でも彼が結婚相手にふさわしいと思っているけれど、理由が分からない」

Karishma Walia

「もう1週間以上も彼と話をしているの。私は何度も彼に説明したけれど、彼は自分の決めたことを私に押しつけてきて、私を怒らせた」