• lgbtjapan badge

LGBTのアーティストこんなにいるの!?50曲のプレイリストを作ったよ!

魂を込めてリサーチしてLGBTアーティストのみで50曲集めたから聴いてほしい!

Ami Ide / Buzzfeed; Getty Images

Hayley Kiyoko - Girls Like Girls

YouTubeでこの動画を見る

youtube.com

レズビアン・ジーザスと呼ばれるHayley Kiyokoの代表作。

"Girls like girls like boys do, nothing new"

(女の子だって女の子を好きになる、男の子と同じように。別に普通でしょ)

Years & Years - If You're Over Me

YouTubeでこの動画を見る

youtube.com

Years & YearsのボーカルであるOlly Alexanderはゲイを公表している。

バンドが売れるためにセクシュアリティを隠せとアドバイスされたこともあると言うが、そのアドバイスを無視し、色んなインタビューで自身のセクシュアリティをオープンに語り続けている。

Fortunes. - Daddies

YouTubeでこの動画を見る

youtube.com

Fortunes.はニュージーランド出身で、メルボルンをベースに活躍するR&Bデュオ。

"Let's get married, we can be daddies"

(結婚しよう。二人でパパになろうよ。)

ニュージーランドでは2013年、オーストラリアでは2017年に同性婚ができるようになっている。

Lauv & Troye Sivan - i'm so tired...

YouTubeでこの動画を見る

youtube.com

南アフリカ生まれ、オーストラリア育ちのTroye SivanはYouTuberとして一躍人気に。

自身のYouTubeでゲイをカミングアウトしている。

Ariana Grande and Victoria Monét - MONOPOLY

YouTubeでこの動画を見る

youtube.com

2018年にバイセクシュアルであることをカミングアウトしたVictoria MonétとAriana Grandeのコラボ作。

"I like women and men"

(女の子も男の子も両方好き)

MRSHLL - POSE

YouTubeでこの動画を見る

youtube.com

韓国で初めてオープンにゲイだということを公表したK-POPシンガーMRSHLL。

LGBTQコミュニティのために書いたという「POSE」では、自分らしくあることの喜びが歌われている。

Dem Beats (feat. RuPaul) - Todrick Hall

YouTubeでこの動画を見る

youtube.com

アメリカン・アイドルで脚光を浴び、YouTubeでも大人気のTodrick Hallと、ドラァグ界のレジェンドであり「ル・ポールのドラァグ・レース」で有名なRuPaulのコラボ作品。

Kehlani - Nights Like This

YouTubeでこの動画を見る

youtube.com

セクシュアリティをクィアだと公言しているKehlaniの新曲。

"Thought you was mine, but you decided to be with him though"

(あなたは私のものだと思っていたのに、あの男といることを選んだなんて)

"You gon' get my hopes high, girl"

(私に期待だけさせて)

FANTASY (feat. Amber Liu) - Superfruit

YouTubeでこの動画を見る

youtube.com

アカペラグループPentatonixのMitch GrassiとScott Hoyingのデュオ・プロジェクトSuperfruitとK-POPシンガーAmber Liuのコラボ曲。

MitchとScottは共にゲイであることを公表している。

SOMETHING ABOUT HIM - BROCKHAMPTON

YouTubeでこの動画を見る

youtube.com

新時代のHipHopボーイズグループBROCKHAMPTON。

メンバーのKevin Abstractは、ゲイを公表するラッパーだ。

この曲はボーイフレンドについて歌った曲だとツイートしている。

"There's something about him

His kind eyes are flashing"

(彼には何か特別なものを感じるんだ

彼のキラキラする優しい目に)

Panic! At The Disco - Girls/Girls/Boys

YouTubeでこの動画を見る

youtube.com

メインボーカルのBrendon Urieは、2018年に自身がパンセクシュアルであるということをインタビューで語っている。

"Girls love girls and boys

And never did I think that I

Would be caught in the way you got me"

(女の子は女の子も男の子も好きになる

まさか僕も同じような気持ちになるなんて)

Frank Ocean - Solo

YouTubeでこの動画を見る

youtube.com

2012年に「僕の初恋は男の人だった」とカミングアウトしたFrank Ocean。

同性愛への嫌悪が顕著だったHipHop界では革命的な瞬間であった。

Kim Petras - I Don't Want It At All

YouTubeでこの動画を見る

youtube.com

ドイツ出身のシンガーKim Petrasは、トランスジェンダーだ。

夢はトランスジェンダーが「トランスジェンダーである」ということ以外で、有名になれるか証明したいと語っている。

alextbh - still mine

YouTubeでこの動画を見る

youtube.com

同性愛であるというだけで処罰されるマレーシアで、ゲイであることをオープンにしているシンガーソングライター。

「僕がオープンでいることが、政府に反抗する唯一の武器だ」と語っている。

本当に応援したい。だから、聴いてほしい。

Siya - Real MVP

YouTubeでこの動画を見る

youtube.com

カリフォルニア出身、ブルックリンで活躍するレズビアンラッパー。

リアリティ番組「Sisterhood of HipHop」に出演し、有名に。

男性優位なラップ界で、マイノリティである彼女が歌うラブソングは、ただのラブソング以上の意味が込められている気がする。

The Veronicas - On Your Side

YouTubeでこの動画を見る

youtube.com

オーストラリア出身の双子デュオ。

オレンジ・イズ・ニュー・ブラックにも出演していたRuby RoseがMVの主演監督を務めている。

全曲のプレイリストはSpotifyでチェックしてみて!

embed.spotify.com

BuzzFeed Japanの公式Spotifyアカウントをフォローするのもお忘れなく!