back to top

名勝負の動画でたどる、モハメド・アリの軌跡

蝶のように舞い、蜂のように刺す

モハメド・アリは12歳からボクシングを始めた。1964年、22歳でボクシング世界ヘビー級王者になった。

ヘビー級チャンピオンのタイトルを3度獲得したのは、アリだけだ(1964年に続き、1974年と1978年にも獲得している)。

アリの名勝負の動画を集めた。

カシアス・クレイ対ヘンリー・クーパー。1963年。

YouTubeでこの動画を見る

youtube.com

アリにとって、米国外でのプロとしての初めての試合。ヘンリー・クーパーは当時、英国と英連邦のヘビー級チャンピオンだった。

アリはこの試合に勝利しているが、クーパーはアリからダウンを奪っている。

広告

世界ヘビー級タイトルマッチ:アリ対ソニー・リストン。1964年。

YouTubeでこの動画を見る

youtube.com

リストンは、最初の2ラウンド以内にアリに勝てると考え、最小限のトレーニングしかしていなかったという。

7ラウンド開始のゴングが鳴った時、リストンが立ち上がれずに棄権。アリは世界ヘビー級の王座を獲得した。

再試合:アリ対ソニー・リストン。1965年。

YouTubeでこの動画を見る

youtube.com

1ラウンドでアリがダウンを奪い、ヘビー級王座のタイトルを防衛した。八百長疑惑もささやかれた試合。

「世紀の対決」:アリ対ジョー・フレージャー。1971年。

YouTubeでこの動画を見る

youtube.com

アリがプロのキャリアの中で、初めて負けた試合。ベトナム戦争への徴兵を拒否し、世界ヘビー級王座を剥奪され、ブランクを経て臨んでいた。フレージャーが15回判定勝ち。

「キンシャサの奇跡」:アリ対ジョージ・フォアマン。1974年。

YouTubeでこの動画を見る

youtube.com

ザイール(現コンゴ共和国)のキンシャサであった試合。下馬評を覆し、アリが勝利したことで「キンシャサの奇跡」と呼ばれた。

8ラウンド終了間際、消耗してきたフォアマンにアリはパンチを打ち込み、KO勝ちした。

「スリラー・イン・マニラ」:アリ対ジョー・フレイジャー。 1975年。

YouTubeでこの動画を見る

youtube.com

フィリピンで開催された、アリとジョー・フレージャーの第3戦。

壮絶な打ち合いの後、14回TKOでアリが勝利した。

3度目のヘビー級王座:アリ対レオン・スピンクス。1978年。

YouTubeでこの動画を見る

youtube.com

アリのボクサーとしてのキャリアの、最後のピークとも言える試合。36歳のアリは判定勝ちし、3度目の世界ヘビー級王座を奪回した。

Alicia Melville-Smith is a homepage editor and reporter for BuzzFeed News and is based in London.

Alicia Melville-Smithに連絡する メールアドレス:alicia.melville-smith@buzzfeed.com.

バズフィード・ジャパン グローバル・アダプテーション・エディター

Mamiko Nakanoに連絡する メールアドレス:Mamiko.Nakano@buzzfeed.com.

Got a confidential tip? Submit it here.

Sponsored