箸が止まらなくなる!いつもの料理を絶品にする“魔法の調味料“がスゴイ

    これが飯島奈美さんマジック?! 「ひたすだけ」でいつもの唐揚げが大変身。

    暑くなってきましたね。食欲が落ちて、さっぱりしたものが恋しくなってきます。

    いつもの料理をさっぱり絶品にしてくれる「魔法の調味料」があるんです。

    その調味料を使うと、いつもの唐揚げが...... 「うまっ!」

    「味はしっかりついてるのにしつこくなくて、梅の風味がふんわり」

    レモンを絞らなくても、いくつでも食べられそう。この唐揚げに使った調味料の正体は......

    「梅酢」。

    これは、フードスタイリストの飯島奈美さんがプロデュースする「紀州の、うめ酢」。

    映画「かもめ食堂」や「めがね」、ドラマ「カルテット」や「深夜食堂」などに出てくる、おいしそうな料理たち。その他、数多くのCMに登場する料理制作を手がけているのが、飯島奈美さんです。「フードスタイリスト」というお仕事なんです。

    インスタには続々と「つくれぽ」が。

    「無限唐揚げパーティー😎✨」

    「うめ酢きんぴら。さっぱりして美味しい(*^^*) 」

    もりもりのクレソンと合わせる人も。

    「紀州の、うめ酢」ができるまで。

    きっかけは、飯島さんが雑誌の取材で訪れた和歌山で、梅酢を使った鶏の唐揚げを食べたこと。「つん」としないほどよい酸味とやさしい塩味に驚いたそうです。

    「梅干しをつくるとき、自然に出てくる果汁に塩が溶け込んだものが梅酢。廃棄されてしまうのはもったいないと思いました」

    天保5年創業の老舗の梅農園「東農園」と共同で、梅と塩のみでつくった「紀州の、うめ酢」。塩分濃度は一般的なしょうゆとほぼ同じで、塩やしょうゆの代わりに料理に使うことができます。

    飯島さんの梅酢レシピを少しだけ紹介します。

    「あとひくうめ酢から揚げ」

    「ねぎとじゃこのたまご焼」

    「うめ酢スーラーうどん」

    「大人のポテトサラダ」

    最後に、飯島さんオススメの超・簡単レシピがこちら。

    「毎日食べたい、ささみのうめ酢焼き」

    「紀州の、うめ酢」は500mlの瓶入りで、864円。

    梅酢を使った料理と、かけだし、ドリンクなど計39品のレシピを掲載したブックレット「難のがれレシピ」とあわせてどうぞ。

    「紀州の、うめ酢」とブックレットは、「ほぼ日」のサイトから購入できますよ。