• odekake badge

倉敷だけじゃもったいない。岡山を知り尽くす「大人の遠足」にようこそ

通だけが知る究極の"穴場"5選(ちょっぴり鉄道寄り)。旅から帰ったら、蘊蓄が語れるようになるかも!

全英女子オープンを制したプロゴルファー渋野日向子選手の出身地として話題の岡山県。

岡山には、まだまだ知られていない魅力がたくさんあります。

岡山の見どころって、倉敷だけじゃないんですよ。

BuzzFeed

まぁ、でもとりあえず倉敷は行っとこ!

BuzzFeed

白壁の町並みが美しい「倉敷美観地区」は、岡山観光の定番。

岡山駅から在来線で約10分と、アクセスも抜群です。

倉敷美観地区(倉敷市)

BuzzFeed

古民家をリノベしたカフェや、品質が高く評価されている「岡山デニム」の生地を使った小物など、新旧文化の融合が見られるのが、この町の魅力です。

さまざまな美術館や記念館があるので、裏通りも散策してみてください。

BuzzFeed

大原美術館には、世界の巨匠の作品が。

BuzzFeed

ギリシャ神殿のようなたたずまいの本館には、世界の巨匠の作品が展示されています。まさかこんなところで、モネの「睡蓮」と出合えるなんて......!

白壁の美観地区において、ひときわ目立つ赤煉瓦の建物。

Yahoo! トラベル

赤い煉瓦に絡まった蔦が、歴史を感じさせる倉敷アイビースクエアは、明治時代の紡績工場をリニューアルした複合施設。陶芸を体験できる教室、お土産ショップ、ホテルもあるので、ここに宿泊することができます。

建物の中もレトロ。

Yahoo! トラベル

2019年2月に一部客室と大浴場をリニューアルしたそうです。

さて、ここからは"穴場"の紹介です。

すべてコンプリートするには岡山は広すぎるかも......なので、気になるところをチェックしてみてください。

【穴場1】国宝 旧閑谷学校 講堂(備前市)

BuzzFeed

江戸時代の寛文10(1670)年、岡山藩主池田光政によって建てられた、現存する世界最古の庶民のための公立学校である閑谷(しずたに)学校。

BuzzFeed

講堂の床に正座をして論語を唱えるのが、旧閑谷学校の伝統。この「講堂学習」には5名から参加することができます。セミの声、ひんやりした床のかたさを感じながら、日常とは異なる時間が流れるはず。

Yahoo! トラベル / Via travel.yahoo.co.jp

閑谷学校を訪れるなら、車で約40分の里山にこんな隠れ宿が。昭和初期に建てられた古民家をリノベした一軒家を、なんとまるごと貸してくれる「IGOKOCHI」。都会の喧騒から離れ、家族や友人との時間を満喫できます。

【穴場2】津山まなびの鉄道館(津山市)

BuzzFeed

1936年に津山駅に造られた旧津山扇形機関車庫をリニューアルして、2016年4月にオープン。

国内に現存する扇形機関車庫では2番目の規模といい、D51形蒸気機関車(通称デゴイチ)や国鉄キハ58形など、懐かしの車両が展示されています。鉄道好きさんにはたまりませんね......!

Akiko Kobayashi / BuzzFeed

転車台にのせた車両を回転させる実演イベントも(気温上昇のため8月は中止)。入館料は一般300円です。

Yahoo! トラベル / Via travel.yahoo.co.jp

「津山まなびの鉄道館」を訪れるなら、宿泊は近くの「ザ・シロヤマテラス津山別邸」がおすすめ。

2019年2月に開業したばかり。温泉や朝食ビュッフェを堪能できる、アクセス抜群のお宿です。

【穴場3】美作滝尾駅(津山市)

BuzzFeed

JR因美線の無人駅「美作滝尾駅」。戦前に建てられた木造の駅舎がそのまま田んぼの中に残り、昭和にタイムスリップしたかのような錯覚に陥ります。

ここは、映画「男がつらいよ」の撮影地。多くの寅さんファンが訪れ、故・渥美清さんをしのんでいます。

BuzzFeed

山田洋次監督がこの木造駅舎を気に入り、1995年10月20日、シリーズ最終作「寅次郎紅の花」の冒頭シーンが急きょ撮影されることになったそうです。この映画が、渥美さんの遺作となってしまいました。

津山周辺の観光をもっと楽しみたいときは、こちらの記事も参考にしてください。

【穴場4】のれんの町 勝山(真庭市)

BuzzFeed

勝山町並み保存地区は、酒蔵、古道具店などが昔ながらのたたずまいのまま、令和の日常と溶け込んでいます。

BuzzFeed
BuzzFeed

軒先には色とりどりに染められたのれんがかかっており、「のれんの町」としても知られています。

BuzzFeed

3月には「おひな祭り」が開かれ、古い家や店の軒先に雛人形が飾られ、華やかな雰囲気になります。江戸時代から受け継がれている雛人形や、手作り雛まで、ちょっとお邪魔する感覚で見せてもらえます。

BuzzFeed

勝山を訪れるなら、美作三湯のひとつである湯原温泉へぜひ。「八景」は、名物の卵かけご飯がおかわりできる朝食付きのプランがおすすめ。子連れにもやさしい宿です。

【穴場5】てつどう模型館&レトロおもちゃ館(美作市)

BuzzFeed

まるでおもちゃの街に迷い込んだような巨大なジオラマが館内に広がる「てつどう模型館&レトロおもちゃ館」。

この巨大なプラレールを運転士の気分で走らせることができるので、子どもにはたまりません。いやもちろん大人にも。

BuzzFeed

寄贈されたミニチュアおもちゃもたくさん並んでおり、まるっと昭和。「あー、昔これで遊んでた!」というおもちゃに出合えて、タイムスリップした感覚になります。入館料は一般400円です。

Yahoo! トラベル

鉄道模型館&レトロおもちゃ館は湯郷温泉街の中にあるので、そのままお湯に浸かっていきましょう。

竹林に囲まれた露天風呂の風情があふれるのは「湯郷温泉 やさしさの宿 竹亭」。

岡山和牛も味わえるこちらの肉づくし宿泊プランは大人気で年内は残りわずかなので、予約は早い者勝ちです。

まだまだある岡山の魅力、訪れたらぜひ掘り起こしてみてください。

宿の情報&予約はこちらから👉

倉敷アイビースクエア

IGOKOCHI

ザ・シロヤマテラス津山別邸

八景

湯郷温泉 やさしさの宿 竹亭

この記事で紹介しているサービスは、BuzzFeed Japanに49%出資するヤフー株式会社が運営するサービス上に掲載されています。