• schooljp badge
  • buzzbybuzzfeed badge

下着を没収され...。学校での理不尽な指導の背景にある「学生らしさ」とは

「学生らしさ」のイメージは、生徒の健康を害してでも守るべきものでしょうか?

ほとんどの学校に、集団生活を送るうえでの何らかの校則やルールがあります。

BuzzFeed Japanが8月27-28日にインターネット上で実施したアンケートでは、3534件の回答のうち、過半数が現役の中学生・高校生でした。

回答者が通っている・通っていた学校には、ほとんどに校則があるということでした。校則について、92%が「守るべきルールもあれば、ないほうがよいルールもある」と答えました。

「守るべきルールもある」

BuzzFeed

しかし、ほとんどの学校に校則やルールがあるからこそ、「校則を守ることが当たり前で、理不尽なルールに対しても声をあげづらい状況があります」と、教育学者で名古屋大学准教授の内田良さんは話します。

アンケートで「先生の指導が理不尽だと感じたことがあるか」という質問もしたところ、9割が「感じたことがある」と答えました。校則問題に関心がある人のデータとはいえ、多くの人が理不尽な指導を受けた経験があることがわかります。

BuzzFeed Japanがいまを切り取るニュース番組「Buzz by BuzzFeed」が8月31日午後9時に生配信した回「#先生に届け ブラック校則は誰のため?」では、学校のルールの中でも、生徒の健康や人権を脅かす理不尽なルール「ブラック校則」について議論しました。

理不尽な指導を9割が経験

BuzzFeed

番組に出演した大学1年生の男性が通っていた公立中学校では、こんな指導があったといいます。

「挨拶活動というものがあり、挨拶をしないと先生から注意されました。その指導については理解できるのですが、真夏に炎天下のプールサイドで、水着姿のまま1時間半、叱られ続けたときには、さすがに生徒も保護者も怒っていました」

別の学校に通っていた大学1年生の女性は、パーマの矛盾を指摘します。

「ストレートパーマは許されるのに、カールさせるパーマは許されない。髪はストレートが良いという価値観を押し付けられている気がします。天然パーマの人に失礼では」

先生に眉を消された

また、司会のフリーアナウンサー、大島由香里さんが通っていた女子校では、登校時に服装やメイクがチェックされ、眉を描いていたら先生に指で消されていたそうです。

現役高校生で、はるかぜちゃん(@harukazechan)の愛称でSNSで発信する女優・声優の春名風花さん(17)は、このように問題提起します。

「高校生らしさや学生らしさというイメージが重視された指導なのだと思いますが、生徒の健康を害したりお金をかけさせたりしてまで守るべきイメージなのでしょうか。決められた『学生らしさ』を求められるのはすごく不快です」

BuzzFeed

春名風花さん

エスカレートする「ブラック校則」

こうした理不尽な指導は「昔のこと」ではなく、実は増えているようだといいます。「ブラック校則をなくそう!プロジェクト」が2018年2月に調査を実施した結果、おしゃれ禁止など「見た目」を重視した指導を経験した人は、若い世代ほど増えている、と分析しています。

内田さんは「いったんルールを決めると、どんどん厳しくするほうにエスカレートしていきます」と指摘します。

下着の色を白と決めると、「それは白ではなくてクリーム色では?」「ワンポイントがあるのはどうか?」と、次々と細かな指導をせざるをえなくなるということです。

「校則は、生徒を管理するのに便利な手段になっています。生徒一人ひとりと向き合って、どうしてこの髪の色にしてきたの? と話をする時間があれば良いが、先生が多忙すぎてコミュニケーションする時間がない。そこで校則が都合よく使われているように思います」(内田さん)

BuzzFeed

内田良さん

しかし、学生の感覚は逆です。

「縛られすぎるとストレスがたまります。人間関係が悪くなったりトラブルが増えたりすると、先生の仕事は逆に増えるのではないでしょうか。校則はイメージを守るためではなく、生徒の身体を守るためにあるべきだと思います」(春名さん)

春名さんは、一年に一度、生徒による校則の見直しを提案します。

BuzzFeed

「一年に一度、生徒による校則の見直しを」

その校則を見直すことによって、生徒にだけでなく、先生にもこんなメリットとデメリットがあるということまで企画書にまとめ、生徒会に提出します。生徒会で審査した後、先生に改善を訴えるという方法です。

ブラック校則や、校則の見直しについて、教師のほうはどう考えているのでしょうか。生徒と教師がどのようにコミュニケーションし、学校をどんな場所にしていけばよいのでしょうか。番組では、現役教師の意見もたくさん紹介しています。


「#先生に届け ブラック校則は誰のため?」

<出演者>
 内田良(名古屋大学大学院教育発達科学研究科・准教授)
 春名風花(女優・声優)
 大島由香里(フリーアナウンサー)
 瀬谷健介(BuzzFeed Japan 記者)

番組の感想や校則についてのご意見は、Twitterのハッシュタグ「#バズバズ」「#先生に届け」で引き続き募集しています。


あなたにとって、学校ってどんな場所ですか? BuzzFeed Japanは、学校や校則について考える記事を、こちらのページで配信しています。

Nozomi Shiya / BuzzFeed

Contact Akiko Kobayashi at akiko.kobayashi@buzzfeed.com.

Got a confidential tip? Submit it here