back to top

西日本で猛烈な雨。川の氾濫も。どのタイミングで避難すればいいの?

気象庁は、土砂災害や洪水に厳重な警戒を呼びかけています。

死者数が120人を超え、平成に入ってもっとも犠牲者の多い風水害となった「平成30年7月豪雨」。

時事通信

NHKによると7月10日、広島県府中町の榎川で、上流から流されてきた土砂や流木がせき止められ、川が氾濫。周辺地域の住民に避難指示が出ています。

広告

予防的避難

河川の氾濫や土砂崩れは一気に起こるため、避難勧告が出た時点では避難が間に合わないこともあります。

危険が差し迫る前に、自治体が指定する避難場所に住民の避難を促す「予防的避難」もあります。2012年7月の九州北部豪雨災害後、熊本県が取り入れました。

広告

必ずしも、この順番で発令されるとは限りません。

また、これらの情報が発令されていなくても、身の危険を感じる場合は避難を開始してください。

避難場所に移動するまでに危険があるかもしれません。

時事通信

自宅や学校・職場にどのような危険があるか、普段から確認しておくことが重要です。

自治体が作成しているハザードマップ(スマホのアプリもあります)を確認し、指定された避難場所までの経路や移動手段を計画しておきましょう。

状況に応じて緊急的な判断も必要です。

避難場所までの移動が危険と思われる場合は、近くのより安全な建物に移動しましょう。

(最上階が浸水しない、川沿いではない)

外出すら危険と思われる場合は、建物内のより安全と思われる部屋に移動しましょう。

(上層階の部屋、山からできるだけ離れた部屋)

Akiko Kobayashiに連絡する メールアドレス:akiko.kobayashi@buzzfeed.com.

Got a confidential tip? Submit it here.